FC2ブログ

パステル・ジョナサン

0

1月22日

カメラの試し撮りのため、港に行った。
強風がバンバン吹いていて寒い…。
そしてカメラが重い…。
昨日も思ったけどカメラってこんなに重かったっけ…?
望遠レンズ着けたら重くて上手く構えられない。

寒さのために早々に引き上げた。
この季節は野良猫もいないしなー。

やっぱり真冬の空が一番美しいと思う。

0122.jpg

一昨日の夜と昨夜、珍しい夢を続けて見た。
昨夜見たのはこの18年間たったの一度も見なかった夢だ。思い出すことすらなかった。
何で今頃?と目が覚めて唖然とした。キツネにつままれたみたいだ。
オーラソーマのボトルを使い始めたことと関係あるのだろうけれど、意味がさっぱりわからん。

ボトルにはハーブや石のエナジーが転写されて入っているのだけど、液体ゆえの不安定さに問題はあるものの石そのものを使うよりはっきりと作用するような気がする。浸透しやすいというか。。(よくわからないけど)

怒りや悲しみは綺麗ごとで隠すのではなくて、どんどん吐き出して、その名前を、その居場所を認めてやることだと思う。
怒りを恐れると、人はかえって静かに攻撃性を増すように思えて仕方がない。
それまで吐き出せなかった怒りを夢の中でブチまけるのは案外気持ちいい。

今夜はどうなるんだろう、もう知らん、ということで… ヤケクソで寝る。

0

1月20日

私もオーラソーマのボトル44番(ガーディアンエンジェル)を買った。
(注文したらあっという間に届いてびっくりした)

信じる信じないに関係なくこのイクイリブリアムを使っている期間は、誰にとっても貴重な経験になるのだと思う。敏感な人なんかは特に。
ひとつひとつは些細だけど、不思議なこと(感覚)が起きやすい。何もなかったと思っても後から考えると「ああそうだったのか」と気づいたり。
以前使ったボトルは浄化作用がきつくて、先生から「これはキツイよ〜」と脅かされたのだが案の定つらくて途中で投げてしまった。
今回は・・・楽しみだなー。

一緒に撮ったのは私が最近愛用しているアクアマリンとラベンダーアメシストのブレス。

0120.jpg

0

1月18日

「なぜホームレスは圧倒的に男が多くて、女性が少ないか?」と聞かれたことがある。
わからない。答えられなかった。
「男は過去の栄光で生きていけるけど、女は「今」が幸せじゃないと生きていけない動物だから」なのだそうだ。

「男脳女脳診断」が面白かった(いえ、女じゃなくて悔しかった・笑)ので、なんとなく思い出したことをまたまた書いてみる。

ある飲み会で「男はなぜ過去に付き合った女の話をよくするのか」という話題になった。
逆に言えば「女はなぜ過去の人のことをあまり話さないか」だ。
なるほどそういう傾向ってあるかも知れない・・。
私は若い頃、仕事帰りにホステスの如くスナックに入り浸っていた時期があって、そこでいろんな人を見て、話した。
思い出すと確かに、そうだ。

男は交際相手を「ひとつひとつのフォルダに名前をつけて保存」、女は「ひとつのフォルダにどんどん上書きして保存」なのだそうだ。
上書きするので女は忘れてしまう。
もちろん完全に記憶から消えるわけではないけれど、「初恋」をいつまでもひきずっていない。
お酒の席で「初恋」を語る男をたくさん見たが、女が語るのは常に「今の恋」もしくは「これからするはずの恋」の話だ。
女は過去に付き合った人のことをいちいち思い出すことが少ない。
あるとしたら、さだまさしの歌にあるように「女は自分が不幸だと思ったときに別れた人を思い出す」程度だと思う。
ある女の子など「別れた後で彼氏を思い出すと、なんであんな人好きだったんだろうっていつも思う」とまで言い出す始末(笑)
そう言えば竹内まりやの歌にも「(別れた彼を)愛していたのかも思い出せないわ(ウロ覚え)」のような歌詞があるではないか。
一般的に女はそういうものなのだろう。
過去がいくら幸せであったとしても女にとってそれはあまり意味がない。大事なのはこれからだから。

その時、動物生理学的(?)に男女の違いを説明してくれた人がいた。
それは生涯に持てる子どもの数の差なのだと言う。(ウソか本当かわからないのだけど私はなんとなく納得できたので…)
女が一生で産める子どもの数はとても少ないが、男は千人だって自分の子どもを持つことが出来る。
50代になってからでも子どもが出来るが女はそうはいかない。
生涯のうちで子どもが産める少しの期間に「決めてしまわなければならい」という本能を女は持っている。
だから過去の人を思い出して「あの人のほうが良かったわ」などと躊躇したり、過去の恋の余韻に浸ったり、時間のムダをしないようになっているらしい。
(ある程度年齢がいって、落ち着いてからアルバムを懐かしくめくることはあるかも知れない)
たいていの女の子は失恋から立ち直るのが早い。
というか新しい恋人が出来たとたん、落ち込みからいっきに回復する。
そして前の彼氏にフラれたのは「この人に出会うためだったんだ」とかなり前向きに思ったりするわけだ(笑)
これからやってくる未来は素晴らしいのだ。
そう思える未来志向の幸せな脳を与えられている。

今が幸せでないと生きていけない。だから女でホームレスをしている人は少ないと言うのだ。
女は何が何でも不幸から脱出しようとする。
男のように過去の栄光を糧として今の自分をごまかすことは出来ない。
(私は猫を飼っているホームレスのおじさん達とよく話すので感じるが、昔社長をしていたとか、土地をたくさん持っていたとか、こう見えても○○大学を出たとか過去の話がやたらと多いのである。。おじさん、いいんだよ過去は。といつも少し悲しくなってしまう。)

これはどちらが優れているとか言う話ではないっす。
眠い。まだ書きたいけど途中で終わる。 も、寝る…。

0

1月17日

仕事に左右されない生活がしたいと腹の底から思う今日この頃。
寝てない。眠い。

清水の舞台からバンジージャンプして、デジタル一眼の*istDSを注文した。
それほど高くないものだけど私なんかには贅沢品。

頑張って働くです。

0117.jpg

0

1月15日

いよいよ一眼デジカメを買おうかと思っている。

というかコンパクトデジカメで写真サイト(と言えるほど大したものではないけど)をやっていたり、何よりも「写真が命」のネット通販をやっているのも今や時代遅れになりつつあると思う。…たぶんだけど。
実は競合店を見ていると、商品写真がどんどんきれいになっていくのでちょっとアセっている。
今使っているオリンパスのデジカメはよく働いてくれる頼もしいコなので、新たにカメラを買うのは気が引けてしまうけど、フィルム時代に買ったペンタックスのレンズ達があるから一眼デジカメもやはりペンタックスで探している。

買い物好きな主人は「買おう買おう」と乗り気だけど、実は私、かなりの貧乏性なのか、持っているものが壊れないと買えない性分。
フライパンひとつもなかなか買い換えられないでいる。
壊れて寿命をまっとうして「これで使い切った」と思えないと新しいものに手が出ないタチのようなのだ。
ゲームソフト一本買ってもエンディングを見るまでやらないと気がすまない。途中で投げ出して新しいのを買うとバチが当たりそうに思えて、次のが買えない。
服や下着も破れるまで使ってからでないと買わないので、私がしているブラなんてかなりヨレヨレだ(笑)
ヨレヨレでもちゃんと着けられるもん。
これはひとえに「元をとった」かどうかの感覚で、途中で捨ててしまうと損をした感じがするのだ。せこい。
今時の新しいお鍋とか欲しいんだけど、結婚の時に買ったお鍋が壊れないので(お鍋って壊れるのかな)ずっと使い続けている。
ある上についつい買ってしまう小物って口紅くらい?
あ、あとは財布だ。財布は使っていると湿った感じ(?)になって、あれがどうも嫌いなので3年に一回くらい買い換える。
毎日使うものだからくたびれるんだろうか。だからいつも財布はそっと使っている。

そんな性格上、一眼レフデジカメも躊躇し続けて来たんだけど、まあ買ってもいいのかな。。
などと日記になどに書いてまだ「お許し」を得ようとしているセコイ私(笑)
誰に許しを得ようとしているのかわからないけど。

該当の記事は見つかりませんでした。