ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

2月28日

2006.02.28 00:44|日常のこと
先日、レンズに特殊効果フィルターをつけて撮った電飾の写真。

昔、ハードコンタクトレンズをしていて目の表面にキズが入り、とても痛い思いをしたことがある。
その夜、目を無理矢理開いてベランダから外を見たら、世の中の何もかもがこんなふうに輝いて見えたのだった。
視力が悪いのとキズのおかげでものが二重三重になり、すべての光が滲んで、 たくさんの尾を引いていた。

このようにクロスした光を作るのに「バリクロス」というフィルターを使っているのだけど、これを使うたびにあの激痛(傷が出来るとマジ痛いんです)を思い出してしまう。なんとも痛いフィルターなのだ(笑
今年のクリスマスシーズンには使ってみたいなあ。

今月も終わる。 来月も楽しい月になりますように。

0228.jpg


ああそうだ。カメラネタをひとつ。
デジカメってマクロ撮影の性能が良いらしいのだけど、さらにマクロな写真を撮ろうと思ったら、虫メガネをレンズにあてて使うとびっくりするくらい寄った写真が撮れますよ。100円ショップの虫メガネでヨシ。花とか小物を撮るときに重宝します。
ただ、しっかり固定しないとブレたり、なにしろ虫メガネなので周囲が少し歪んで写ります。

開店当初から商品写真を撮る時にこのワザを活用したんだけど、ある日とても小さな商品がバッチリと綺麗に撮れ、その一枚をアップしたところ、問い合わせと称したメールが届いた。
「写真に感動してお店のファンになりました。私も趣味で写真撮ってます。あんな写真はどうやって撮るのですか教えてください♪」という内容だったけれど同業他社からの探りだったことが後に判明した。アホなのでホイホイ教えてしまった…。
商売人って抜け目ないな、とイヤになった瞬間だ。
でも今はデジカメ雑誌なんかにも載っているワザなので、100円で出来るし、面白いのでぜひ。

2月27日

2006.02.27 00:48|日常のこと
昨日、昼間にたっぷり寝たせいで夜眠れなかった。今日も主人を送り出した後で昼まで寝た。
起きてから慌てて梱包をして出荷。
その後で自治会の会長さんから電話がかかってきて、「来月の総会の資料出来た?」だって。

・・・あ。
パソコンで資料作成するって忘れてた。へなへなへな・・。

それからウダウダと作業して、家事をして、晩ご飯を食べて・・で、出来上がったのは明け方だ。

もう2月も終わるんだなあ。
私は冬の切なさが好きな暗い人間なので、春の開放的なポカポカ陽気に馴染めないんだけど今年は早く春になって欲しいってちょっと思ってる。
ついでに言うと、早く春になって夏が足早に終わって、秋にならないかなーとか思ってる(笑

大阪城で梅が咲き始めているらしいので写真を撮りに行きたいなあ。
私の家から大阪城までは地下鉄一本で20分くらい。よく考えると近い。なのにめったに行かない。
桜の時期はとんでもない人混みになるのでまして行かない。
私の先祖は広島城に仕えていた武士のナントカさんなのだそうなのだけど、私はお城とか和風なものにあまり興味がないらしい。
大阪城はお堀も大きくて美しいお城だけど、万博公園にある岡本太郎の「太陽の塔」のほうが好きだ。
この2つを比べることにちょっと疑問はある。

梅は早咲きの品種でもまだ5分咲で、普通の梅はまだ1〜2分らしい。
うーん、来週の後半くらいがいいのかも。。

2月26日

2006.02.26 00:53|日常のこと
今日は昼までぐーぐー寝て夕方からほんのちょっと商品のアップをし、テレビを見てお風呂で本を読んで・・と、脳内CPU稼働率ゼロみたいな日だった。・・と言っても普段もただバタバタしているだけで、たいしたことをしてないのだったっけ。

夜、NHKでやっていた永ちゃんの番組を見た。
つくづく昨年末のライブに行けなかったことが悔やまれる…。
私はこの歳になるまで人並みに本を読んできたけど、永ちゃんの「成り上がり」ほど張り倒された本はない。
世の中には良い本がたくさんあって、私にも好きな作家さんや影響を大きく受けてずっと大切にしている本もたくさんあるけれど、「成り上がり」というあの本は感動とか感激とかそういうものでなくて、なんだろう、読むことで張り倒されたというか、とにかく痛い一撃を受けたとしか言いようがない。
もちろん、読んで「フーン」で終わる人もいるだろうけど。

永ちゃんは「せめて、やってみろ」と言った。

人生は永遠に終わらない頭痛みたいなもんだと私は思う。
「私は今のままの自分で、そのままの自分で素晴らしい♪ 」
その考え方はたしかに救いであり癒しであり、真実であるけれど、時に大切な成長を遅らせる。(と思う)
10代や20代で鎮痛剤を常用するのはもったいなさすぎる。(と思う)
ちょっと傷ついたから、ちょっと痛むからって、その意義を見いだせないまますぐに癒しだヒーリングだ占いだと騒ぐのはよくない。(と思う)
自分にノーを言えるうちはどんどん言っておいた方がいい。
今の自分じゃダメだ。
もしそう感じるなら、どんどん感じたほうがいい。傷ついたほうがいい。自分の本心から逃げちゃダメだ。
・・・なんてひそかに思っている。

こんなだから、癒しと少し関連のある仕事をしている私は困っているわけなのだなあ (笑

2月25日

2006.02.25 01:27|日常のこと
お客さんから商品のリクエストがあったので仕入れに行って来た。
どれも一点一点すべて違う商品なのに「Yさんの目で良いと思ったものを選んで送って欲しい」と言われて緊張する。
2万円を超える商品を「お任せ」してもらえるのは有り難いけど、ちょっぴり勇気がいる。
・・でも気に入らなかったら返品してもらえばいいわけだし。
ところが思わず絶賛するような超オススメの良いものが見つかって、気に入ってもらえるかしらん、と今からドキドキだ。
見る人によって好みの違いがハッキリ出る私の商材。
疲れることが多いけど、楽しいことも多い。 差し引きゼロやけどね(笑

仕入れが終わって、そこから駅2つ分離れた公園に寄った。
以前行った時に写真を撮った野良猫たちが気になっているのだ。
飼い主のホームレスのおじさん2人がいたので聞いてみると、どうやらみんな元気だそうだ。良かった。
わざわざ3匹を抱っこして連れてきてくれた。ウチの猫達よりふっくらしてるし毛艶もいい(笑)
「小鉄」も元気そうだ。
「メスやけど「小鉄」、こっちはオスやけど「ハナ」言うねん」・・っておじさん、それ前にも聞きましたよ。

ホームレスの人達と話していて気が楽だなあと毎回思うのは、「私が誰か」を問われないことだ。
名前とか、どこに住んでるかとか、仕事は何かとか、子どもは何人いるかとか、普通の人なら初対面でまず質問するであろうそういう事をまったく聞かれないので、私は居心地悪い標本箱にピンで刺されたり、先回りの暗算をする必要がない。
ぶらっと寄ってなんとなく声をかけて猫を撫でまわして帰る、それだけなのになんだか楽しい。不思議だ。

2月23日

2006.02.23 01:31|日常のこと
眠い、もう夜中の2時半だ。
これからやるフィギュアの中継を見たいけどもう寝る・・。

今日、ネット友達のPさんから嬉しいメールが来た。しみじみ〜。
こんなアホみたいな日記でも面白いと言ってくれる人がいるのだなあ。有り難いっす。
Pさん、私は、毎日何かが腑に落ちなくて、地団駄をこっそり踏んだり、ひそかに歯ぎしりしながらみっともなく生活してます。
毎日次から次へと疑問はわいてくるし、日々は問題だらけだし、スッキリ爽快な日がほとんどないくらい(笑
砂浜で落としたコンタクトレンズを探しているような、面倒くさい人生です。
それでも、時々、その砂の中に良いものが見つかる時もあるよ。
探し物とギャンブルは真剣にやった方がお得なのだ。
そういうわけでお互い頑張りましょう! 気が向いたらブログかBBSに遊びに来ておくれ。
(と、ほとんど私信でした)