ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

11月23日

2006.11.23 17:03|日常のこと
ここんとこずーーっと天気が悪い。
曇ったり雨が降ったり。
お日様が射したのってかなり前ちゃう? と思ったりするけれど、よく考えたら最近は夜中じゅう起きて朝の9時から昼まで寝ていることが多いので、晴れてることを知らないだけかも・・とほほ。

先日CDショップに行ったのに、クロマニヨンズのアルバムを買うのを忘れていた。
こんなグズグズした天気ばかり続くならもっと早く買っておくんだったよ。
ほのかにブルーハーツに戻ったような感じと聞いているので、楽しみ。

今日は寄ったお店でバーゲンをやっていて、思わずキャメル色のダッフルコートを買ってしまった。
なにしろ歳が歳なのでちょっと可愛らしすぎて如何なものかとは思うけど、「ヒョウ柄の大阪のオバチャン」になるよりはまだマシか。

****
以前書いた「本当の自分はどこにいる」をもう一度読み直して、やはりなかなか厳しい本だなあと改めて思った。
癒し癒しと分かりやすい言葉が流行る時代にあって、これはちょっとウケないだろうなと思う。
ただ、今の仕事を始めてたくさんの人とメールのやり取りをしていて、私が感じ取ったことはやっぱりこの本に書かれていることと同じなのだった。

おそらくHPやブログなんかでは書けないような、だからこそ見ず知らずの私に向かって打ち明けられる言葉に時々私はまいってしまい、メゲて、返信をどう書けばいいのか悩み、時には「私は物を売る人間であって人生相談でお金もらってるわけじゃないのですが・・」と困惑し、何度も頭を抱えた。
ひとつひとつの内容を具体的に書くことはもちろん守秘義務があるので出来ないけれど・・。

しかしそれらの人の中にはたまに、
「不運なことが続くのは、本当の自分で生きていないから。」
「ありのままの自分になれば毎日ワクワクして、努力しないでもツキと幸運がやってくる。」
「つまらない生活をしている今の私は本当の私じゃない。本当の私はもっと素敵なはず。」
といった「本当の私はもっと素晴らしいんだ」ということがすでに前提になっているというか(私自身もどう説明していいのか分からない)、ツキとか開運とかなりたい自分とかがゴッチャになっているというか、何かをどこかで誤解してよけいに混乱にしてしまっているのではないかしらん、と感じさせるものが見え隠れしていることもあり、いつも私の頭に浮かぶのは「それは自分探しではなくて「青い鳥探し」なのではないでしょうか」ということだった。

・・こう書くと私の言い過ぎになるだろうか。

11月21日

2006.11.21 17:23|日常のこと
昨日は業者向けのバーゲンに行って来た。
地下鉄の一日フリーチケットを買っていたので、意地汚くビーズパーツ屋、ヨドバシカメラ、ジュンク堂、タワーレコード、と地下鉄を乗り継いであちこちと巡っていたらすっかり夕方に。

仕入れに行くといろんな石を一度に触るせいか、たまに感覚がおかしくなる。
うまく表現できないけど、体が2倍くらいに大きく膨らんだ感じ。
昨日はそうなってしまったのでグラウンディングのためたくさん歩いた。

いつものことながら、家にいてひいてしまったダルい風邪は、外に出るとあっさり治るという不思議。

11月19日

2006.11.19 17:24|日常のこと
家にこもってカメラをいじったりパソコン触ったりのオタク生活をしていたら(いや、仕事なんですけど)、わけもなく風邪をひいてしまった。。
おとなしく家にいるのに風邪をひくって・・なんか損だ。 むむむー。
軽い風邪だけど、寝ても寝てもアホみたいに眠いので昨日今日と何もせずにひたすら寝ていた。
業者向けのバーゲンが先週末から始まっているというのに・・明日は行けるかなあ。

11月16日

2006.11.16 17:26|日常のこと
苦戦していた商品、やっとページアップできた…。疲。

11月14日

2006.11.14 17:27|日常のこと
もう何日も意地になって写真を撮りまくっている。
無制限なこだわり方をしてしまうと、仕事というより趣味になってしまうので、こういうのはあまり良いことじゃないなあと我ながら思う。
・・思うだけだけど。

ええい、今日中にはなんとかするのだっ!と、今夜は晩御飯をお総菜で済ませ、後片づけもしないでずっと仕事してたらすでに朝の5時になってしまった。
背中の筋肉は張ってるし、腰は痛いし、頭はガンガンするし、右肩がこってしまって腕があがらない。とほほ。
でも「ナンボ頑張ってもあたしにゃこれが限界」と思うところまで撮れて気がすんだので、やっとカメラを片付けた。
これからちょっと寝よ。

☆☆☆

イジメを苦にした子どもの自殺が相次いでいてなんだかすごい騒ぎになっているみたいだけど、テレビをあまり見ていないしこのところ新聞もちゃんと読んでいないのでよく分からない。
明日は新聞くらい読もう・・。

私は子どもの頃にイジメられた経験がない。そして大人になった今は子ナシなので学校というものにすでに縁がなく、テレビでいろんなことを見聞きするたびにいちいち驚いてしまう。
今や探偵業の依頼は、トップが浮気調査で、その次の次くらいに、我が子がイジメられていないかどうかの調査なのだとネットのニュースで読んだ。
ランドセルに小型カメラをこっそり着けて、イジメの証拠を親が集めたりするのだという。
それほどにイジメが多いのだろうか。私には分からない。
少なくとも子どものいる友達からイジメの話を聞いたことがない。
児童間の金銭トラブル・・などと聞くと、えええ? と思ってしまう。
だいたい今時の子どもの一ヶ月のお小遣いの額すら知らないので、数万円もカツアゲされたとか聞くと、頭の中が混乱してしまう。そんな大金、子どもが何に使うのかとのんきにも思ってしまう。
さらには校長先生まで自殺してしまうし、いったいどうなってんだ、何が起こってるんだ、と思う。
小学生や中学生が絶望して死ぬということはどういうことなのか、自分なりに感じようとしてみても(もちろんどう感じてもそれは想像でしかないしイミテーションの感触なのだけど)さっぱりつかめない。
大人になる過程の子どもが早くも生きることに疲れたり、将来を悲観したり絶望したりするというのは、あんまりだと思う。