ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

12月31日

2006.12.31 00:12|日常のこと
思えば今年もお見苦しい日記を連発して…すみません。とほほ。

日々の貴重なお時間の中、こんなHPに訪れてくださった皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

また実家全焼の際、お見舞いのメールをくださったみなさんありがとうございました。
すごくすごく嬉しかったです。

来年も健康で実り多い一年となりますように。

2007年もよろしくお願いいたします。

12月28日

2006.12.28 00:14|日常のこと
今日の出荷分をもって仕事納め。
いつものように梱包をしてヤマトに出荷、そのあとでお客さんに発送完了のメールを打ち、クレジット会社に出荷報告をして、年末年始の営業のお知らせをサイトにアップして、終了。
あああ〜今年も無事終わった〜。

嬉しいので、ちょっと小躍りしてみる。

夜は姉のおごりで、葉加瀬太郎さんのライブへ。
名前はもちろん知っているけれど、詳しくは知らないので「楽しめるかな〜どうなんだろう?」と思っていたけれど、いやいやいや、すっごく楽しいライブだった。
途中でアイリッシュフィドルのゲストの人が参加した。一曲だけだったけど。
私はアイルランド音楽が好きなのでそこから俄然気合いが入ってしまった。
葉加瀬太郎をちっとも知らない私でも、あれよあれよとその世界に引きこまれてこんなに楽しめてしまうのだから、やっぱり凄い人なんだなあ。
行って良かった!

12月26日

2006.12.26 00:17|日常のこと
クリスマスまではめちゃくちゃ忙しかった・・・倒れるんちゃうかと思たよ・・。
今日、今年最後の商品を出し終えたら、解放されてホッとしたような、泣きたいような気持ちになった。

一人きりでやってる仕事だからいつも緊張してるし心細いし、この仕事のことで相談できる相手はいないし、今月はちゃんと売り上げが出るのだろうかとかクレームはつかないだろうかとかそんなチマチマしたことばかり毎日考えてる。
それに加えて今年は姉の体調不良や実家の火事や、人からの相談事やその他いろいろがいつにも増して多い年で、自分のことに構う余裕のないバタバタしてばかりの年だった。ヒステリーになりそうだった。いや実際なってたかも。
でもすごいすごい。今年もなんとかなってしまった! ざまあみろ2006年。

今日、仕事が一段落して大好きな石に頬ずりしながら床に寝転がってしばらく雨の音を聞いていたら、しみじみと自分がすごい人間のような気がしてきて、そんな自分にヘラヘラ笑えた。
何よりこれはお客さんのおかげ…とか、支えてくれた友人のおかげ…とか、そんなことは分かっているのだけど、今日くらい「私ってばスゴイやん」を連発してもバチあたらんだろう。
すごく気分の良い日だった(笑) 石もほんのり笑ったような気がする。
そうだ、キミはものを言わないけれどじっと居て黙って見ててくれたのだっけ。
動物とか石ころとか樹木とか、言葉を持たないものが私は好きだ。
彼らは誤差なく私を刻んでくれるので、私はお化粧なしでいつでもすぐに帰っていける。

連続で書いていた日記がとぎれてしまって残念。
年を越してしまうけれど、またしつこく書きます・・。

2月にスティービーワンダーが来日すると知って、先日慌てて日程を確認した。
3年前に初めて彼のライブに行って心底感動したので、また次の機会も・・と思っていたのだけど、何しろチケットが高いので困るのだ。
それでも大阪公演の場所を見てみたら、なんとウチから歩いて10分の「気持ち的には家の真ん前!」の体育館でやるというので、思い切って買ってしまった。。(住んでる場所がバレバレですが)
なんでこんなヘンピなところに来るんだろう??
スティービーワンダーが我が家の目の前まで来てるのに見に行かなかったら一生後悔するよね、などと自分に言い訳しつつネットで先行予約を入れ、抽選にめでたく当たった。

・・・また頑張って働くのです。

12月16日

2006.12.16 00:20|日常のこと
うわー、もう一週間経ってしまった。。
プリンタを買いに行ったり、永ちゃんのライブに行ったり、姉の新しいパソコンの設置をしたり、京都に仕入れに行ったりとバタバタだ。

京都に行った日は天気が良かったのでカメラを持って出かけた。
仕入先から八坂神社に向かって歩いて知恩院まで足を伸ばしてみた。
紅葉は終わっただろうなと思っていたら、まだ青いままの木もたくさんあって驚き。
赤くなっているのも、くすんだような冴えない侘びしい色だった。
う〜ん、今年のシーズン中の嵐山とかどうだったんだろう・・綺麗だったんだろうか。

今日こそネットに入るぞと思いながらすでに朝の4時。がっくし。 も、寝る・・・

12月8日

2006.12.08 00:46|日常のこと
いかにも12月、って感じの忙しさだ。
普段とはちょっと違う注文が入ったり、あれこれとメールをもらったり。

昨夜、眠いのを我慢してセカセカと仕事をしていたらプリンターが壊れてしまった。
私の使っているもの、やたらと壊れすぎ!
注文票や納品書を出したりするからプリンターは日常の必需品だ。明日買いに行かねば仕事にならん。

この忙しい時にあああもう〜あさっては永ちゃんのライブだってのに。

年末に近くなるほど混雑するので、今日は店舗用品専門のお店にあれこれ買い出しに行ってきた。
去年の年末は面倒なメールが届いて憤慨し散々な目に遭ったので、今年は用事は早めに片付けてゆっくりするんだ!
と、心に決めている・・・。

**********

話はかなりズレるけど・・私がブログをやっていた時に知り合った人がいる。

大阪に家族を残して東京に単身赴任中のお父さんで、「大阪に帰ってきた時は一杯やりましょね!」とか言っていたのだけど、ある日突然記事が更新されなくなってしまった。
実はそれより前に、私はその人のひとつの記事を見ていた。
きっと慣れない東京での仕事でいろいろあったのだと思う。
深夜更新されていたそれは、今の仕事への失望や関係者と思われる人への怒りに満ちていた。
私は(自分がそうだから)人がぐろぐろの愚痴を書いていても平気なので「お〜やっとる、やっとる!」と思い、後でコメントしようとその時いったんネットを出てしまった。
2〜3時間して再度ブログを訪れた時には、すでにその記事は削除されてあった。
それ以降、何度か記事の更新はあったけれど、体調不良を感じさせる、どこかよそよそしく当たり障りのない記事で、とうとうある日更新が止まってしまった。
それから一年半経つ。
果たしてお元気なのだろうかと思い、嫌な予感をうち消しつつ、いまもまだ訪問させてもらっている。
私があの時すぐにコメントしたら、ほんの少しでも何か違っていただろうか。
苦しい胸の内をネットに吐き出し、その後で、「誰かの気分を悪くさせるようなものは書いてはいけない」とか「こういうことを書くべき場ではない」とか、その人がどういう思いで記事を削除したかは本当のところは私にはわからないけれど(もしかしてその2〜3時間の間に非難のコメントがあったのかも知れないけれど)私は、せめて匿名の世界なのだから人は本心を吐き出していいじゃん、と思ってしまう。
当たり障りのない記事が更新されるたび、私は何か押し戻されるように苦しくて、ちょっと泣けた。
なんだかとても遠い気がした。
記者じゃないんだから「記事」を書く必要なんてないのに・・なんで、なんで?
そう思っているうちに私はいっきにブログに息苦しさを覚え、写真なんかで誤魔化してみたけれど、結局ブログをやめてしまった。
それで、HPと掲示板という元のやり方に戻った。

水に溺れている人を見て「その溺れ方が気に入らないから助けない」という世の中でもしあるなら、人は本心を打ち明ける時でさえ誰かに気に入られるように、理解を得られるように、言葉を選ばなければならないのだろうか。

助けを求める時でさえ、その叫び声は「表現」でなければならないのだろうか・・。