ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

10月28日

2007.10.28 18:36|日常のこと
睡眠不足と疲労物質が満タンになった体で神戸の街を一日ウロウロしたら、ほんとうに倒れるかと思った…。
今日はダンナが休みなのを良いことに、昼まで一度も目が覚めないまま爆睡。
寝るだけで簡単に回復してくれるこの単純な体に、私はいままで何度助けてもらっただろう。感謝。

しかしさすがに歳を感じる今日この頃だ。
インカ・マヤ・アステカ展のようなちょっとマニアなものは、一人で行くほうが良いのだと痛感した…。
生け贄の儀式時に使われたナイフとか、脳外科手術の跡のある頭蓋骨だとか、おどろおどろしいドクロのついた土器やら、異様な印象の人形やマスク、それから何よりも人間の本物のミイラ! そういうのは人によっては気味が悪いと感じるのだと、今更ながら当たり前のことにハッとする。

NHKスペシャルで放送された時の音楽が印象的だったので、館内で売っていたサントラを思わず買ってしまった。
ケーナに憧れて、昔、アンデス音楽のサークルを訪ねたことがある。
良い人達の集まりで、ケーナは難しいけれどサンポーニャなら大丈夫ですよと勧めてくれたけど、その時は土日関係なく働いていて時間が合いそうになくて、また来ますと言ってそれっきりになっている。
あの人達まだやっているかな、と思う。
そんなだから中南米音楽のCDはたくさん集めてしまっていて、でもやっぱりいつも聞くのはケーナの名手と言われたアントニオ・パントーハのCDだ。
どこまでも素朴で、何も過剰なものがなく、切ないのに明るい。
NHKスペシャルのサントラを聞いたら久々にそっち系のCDに手を出して、またドミノ倒しのように次々聞いてしまった。
こういう雪崩的な性格だから、いろんなことが散らかっていつも時間がないんだろう。
スマートにソツなく集中して、ムダのない人生を送りたいものです(口パク)

そうそう、インカ・マヤ・アステカ展を見終えてインド料理のお店でランチをして、以前よく行っていた異人館街近くのパーツ屋さんを訪ねてみた。ダメ元の軽い気持ちで寄ったのにずっと探していたパーツを見つけることが出来て大収穫だ!
卸値で手に入れることをもう諦めかけていたので、その種類の豊富さと安さに涙がにじんだ。

10月23日

2007.10.23 18:38|日常のこと
片づけがさっきやっと終わった・・_| ̄|○

何故こんなに片付けたくなったのか分からないけれど、ドミノ倒しのように次々と手をつけてしまい、押入の中やロッカーや本棚の整理、ついでに衣替え等々やっていたらついにフラフラに。ヘビーだった。体が重い。
しかし明日は神戸の「インカ・マヤ・アステカ展」に行く。
今日の午後疲れてうたた寝をしたら、ものの20分くらいだったのに自分が死ぬ夢を見た。
すでに先に死んだ人達が男女合わせて6人くらいいて(初めて見る顔だ)、ほらほらあなた死んだんだよ、やっと死んだねーわーきゃーとか妙に歓迎してくれた(笑)不思議な夢だった。

日常自分が使っている場所の古いものを片付けたり捨てたり、新しい状態のように整えたりするって、ある意味で「良い死」だよなあと目が覚めてからぼんやり思ったのでした。
ああ、くたくた。

10月21日

2007.10.21 18:40|日常のこと
雨の降っていた金曜日の午後、ふと気が向いたので仕事部屋の片付けを始めた。
その時は丸一日くらいで終わるかなと思っていたのに、すでに日曜の朝になろうとしている今、まだ半分も終わってない…およよ。

4時間くらいの睡眠で、家事も放棄してレトルトのカレーとかで済ませてるのに、いったいこの物の多さはなんなんだー。
引き出し41段分(!)に入っている物を全部床にぶちまけ、おびただしい数の小さなパーツやビーズなんかをラベル作って仕分けしたり、これ値段いくらだったっけなどと調べたり、入れ物が足りなくなって百円ショップに買いに出たりしていたら、いよいよ目眩がしてきた。
いつかもっときちんと整理したいと思っていたので、いいんだけど。
「気が向いたから今だ!」と思った時に始めてしまう性格なので、夜中に突如トイレの壁のペンキを塗り替えたり、朝起きたら猛烈に模様替えしたくなったりと、時々まったく予定外のことが起きてしまうのが困ったところ。それでよく寝不足でフラフラになってしまう。後で倒れてもいいから今やりたいことがやりたい。
無茶をしたり我慢出来ないってことは、たぶん幼稚なことなんだろうなあ。
もっとスマートにソツなく生きてみたいもんです(ああ棒読み)
なので足の踏み場を探して2日間もガニ股歩きで過ごしている。 かなり板に付いてきた。

10月18日

2007.10.18 18:42|日常のこと
毎度のアゲハネタ。
今日、また一頭が羽化した。嬉。

昨日、ホームセンターで水槽を買って金魚を引っ越しさせた。
熱帯魚専門店に行けばいろいろなタイプの水槽があったと思うけど、魔が差して余計なものまで手を出すと困るのでここは手堅くホームセンターへ直行。
手軽な濾過装置と固定式ヒーター、照明、数回分のカルキ抜きやエサまでついて五千円!という12リットル水槽を買った。
さすがにちょっとオモチャっぽいけれど、「これがあれば今すぐに熱帯魚が飼える」という感じ、気軽でいいなと思う。
エアーポンプは付属されていなかったので別に購入。
ついでに底砂と流木も購入した。
砂はニゴリが取れるまで何度も洗って、流木は4時間くらい鍋で煮てアクを抜いて入れた。
ここまでやるとせめてグッピーでも飼いたくなるけれど、我慢我慢。
グッピーはいろんなカラーがあって、ひらひらして、泳ぐ宝石みたいで好きだ。見ていてうっとりする。
でもどんどん子どもが生まれて増えてしまうので困ったのだけど…いつかまた飼ってみたいなあ。
もしも何かの拍子で大金持ちになったら、180センチくらいの水槽にたくさんの水草や流木をレイアウトして、底には芝生のようなモス(コケ)を一面に敷き、深い深い森のようなアクアリウムを作りたい。
水草は難しいので、ここはひとつ財力で職人さんを雇うという方向でやってみたい(笑)

ところで今日のアゲハは、午後の6時に羽化してしまった。
普通は早朝から遅くても昼頃に羽化するのだけど、人間の手で飼っているとこういうことがあるのだと思う。
他にも2頭くらいが同じように夕方に羽化した。
夏だとこの時間はまだ明るいし気温も高いので、日が暮れないうちに外へ放すことが出来たけれど、今の時期には出来なくてとりあえず朝を待っている。
こうしてポチポチと日記書いてる横でアゲハが飛んでいるという深夜だ。
どうしたものかな。
眠いのだけど。
深夜、部屋に蝶々がいるのはちょっと不思議な景色だ。
部屋に放置したまま寝るかな・・でもやっぱり気になるし。
と、眠気覚ましにウダウダ書いている。
せっかくなのでエサを作って飲ませようとしたけれど、なぜか私の作るエサ(カルピスを薄めて脱脂綿に含ませたもの)は不評なようだ。

10月16日

2007.10.16 18:46|日常のこと
アゲハ一頭が先週羽化した。
羽化直前になるとサナギがだんだんと透明になってきて、中の体が透けて見えるのだけど、それが美しくて毎回「おおお!」と思う。
残っているのはサナギ状態でいるものが2頭と、モリモリ葉っぱを食べている終齢幼虫が一頭。
越冬条件を調べてみたら、『昼の長さが13時間半以内、気温18度以下で越冬蛹になる』とあった。
うーん、きわどい。日中はまだ20〜24度くらいある。
最後の一頭が蛹になったら冷蔵庫保管するかどうか迷っている。

そんなわけで現在我が家には猫とアゲハ蝶と金魚が同居している。金魚はひらひらした高級なのじゃなくて、金魚すくいの赤いやつ。
ご近所さんからもらったメダカと一緒に入れて玄関に置いているのだけど、玄関先にガラス製品を置いていると地震の時に割れて危険なので、用心のためにアクリルの小さな丸い金魚鉢を使っている。
ところが金魚がいよいよ大きくなってしまったのか(フナらしくなった)今朝、鉢から飛び出して外に落ちているのを発見。
何か赤い物が落ちてるなあと近づいて見てみたら金魚だったので驚いた。私はかなりの近視だ。
慌てて拾い上げたらすでにぐったり、尾ヒレをかすかに動かすだけで、こりゃダメだーと思いつつ金魚鉢に戻したら、思ったとおりお腹を横にしてぷかーんと浮いてしまった。
それでもエラが時折動くのでそのままにしておいたら、なんと昼過ぎにはエサをつつけるまで回復したじゃないですか。ビックリだ。
うーん、やっぱり金魚は強いな。熱帯魚だったら外に出て温度が下がっただけで死んでいるところだ。

以前、夫婦ともに熱帯魚というか南米のナマズにハマった時期があって、ナマズを中心に何種か飼ったのだけど、魚をきちんと飼うというのは本当に難しいことなのだとよく思ったもんだった。
世話はダンナがしていたけれど管理が大変そうだった。
同時に、熱帯魚や海水魚を飼うことが、現地の自然破壊に繋がっていることを知ってそれきり熱帯魚を卒業した。(そのナマズは人工繁殖出来なかったため現地仕入れだった。)
ところで今朝、なぜかダンナの目覚まし時計が一時間以上も早く鳴った。
いまだにアラーム時刻を針で合わせる古いものを使っているが、時間のセットを間違えるのは珍しいことだ。
私はそのおかげで目が覚めてしまい、くーっ!と思いつつ仕方なく2階にあがろうとしたところで、金魚が落ちているのを見つけたのだった。
いつもの時間どおりに起きていたら死んでたかも知れない。
私のまわりにはなぜか『強運の持ち主』というのが多い気がしていたけれど、金魚、おまえもそうだったのね。笑。
でも、ウロコが落ちたり粘膜も傷ついているだろうから、しばらくは様子を見ないといけない。
水槽を置くのは懲りたのであまり気が乗らないけれど、もう跳ねても大丈夫なようちょっと大きめの水槽を買ってやろうと思う。
昔と違って、今はオシャレでインテリア性の高い水槽が安く売られているはずだ。
玄関には置けないから置き場所を考えねば。うーん。