ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

今年もありがとうございました

2008.12.29 03:27|日常のこと
今年も早かったな〜。特に夏以降はすごく早かった気がする。
健康上の不安を残しつつも今年もなんとか無事に終えることが出来ました。

1278267313.gif

世間には「殻を破る」とか「ひと皮むける」とかいう言葉があって、それを劇的という良い意味で私もつい使いたくなる時がありますが、ほんとうのところ人生は卵の殻を割ったりバナナの皮をむくようにいきなり突然簡単に良い方向へ変化するものではなくて、というか自分で「変化した」と思えるうちはそれは単に目先や環境が変わっただけで、自身の本当の変化というのはその目的を忘れたようなずっと後で、自分の肌に馴染んだ頃に実感として掴めるようになるのだなと最近思うことがあります。
良いことは大きな船と一緒で、舵をきっても思った方向に進路が定まるまで時間がかかってしまい、反対に悪いことは小さな船と同じで簡単に舵がきれてしまいます。

でも、良く変化したからといってもそのステージではさらに新たな悩みや厄介事が待ち受けているわけで、そこでまた同じようにイジケたりくすぶったり新たな夢や目標を拾ったりして、結局のところ人は誰も「どこかに達する。満足のいく自分になる。」ということのない長い階段を上り続ける生き物なんだなあと、そんなことを思ったりしています。

09年もこの階段からうっかり足を滑らせないよう立ち止まらないよう、足元に気を付けて暮らしたいと思います。

1278267313.gif

今年もお付き合いありがとうございました。
場所を変えたりしていろいろ落ち着かなくてすみません。
来年も相変わらずの長文駄文だと思いますが・・どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!

1230361125.gif

12月27日

2008.12.27 03:32|日常のこと
毎年お正月に大イベントもないけど、今年はいっそうやることがない・・
いいような悪いような複雑な気持ちです(笑

大掃除といっても慌てるほどのこともなく、お客さんが来る予定もないので、ほとんど日常と変わりがありません。
図書館に本を返しに行って代わりにお正月に読む本をどっさり借りてきました。
この休みには撮りためたヒーローズのシーズン2を見て、riccaさんから頂いたエスカフローネも見る予定。
(マクロスFの続きは最終回までしっかり見たよ〜)
地味ーな正月になる予感。
1234037410.gif

明日、今年最終の更新をしたらとりあえず08年の仕事も終わりです。
商品の入荷が遅れたせいでギリギリになってしまいました。

しかし今年後半はほとんど仕事しなかった気がする・・。

12月26日

2008.12.26 03:37|日常のこと
エキサイトブログのテキストをコピペで保存しました・・


27日の21時23分は山羊座6度で新月。
これが示すサビアンを調べるついでに、先日の鑑定でちょっと気にかかることがあったのであらためて自分の土星のサビアンも調べてみました。

土星が巡ってきたりハードな角度を作るとつい「嫌やな…」と思ってしまうし、実際厳しいことが起きるのでラッキーな星とは言い難いけれど、個人個人が一生を通して向き合わないといけないものってやっぱりあるのでしょう。
占い師さんに、実家が全焼してそれまでの価値観が一気に崩壊したという話をしたら

『「中年の危機」に、そんな分かりやすすぎることが〜!』

とかなりウケたのだけど、その06年7月に私の出生図にあるTスクエアに対し、空で進行している天体が角度をつくり、きっかりグランドクロスが組まれていたのだそうだ。そしてそれを形成したのは土星でした。

せっかくなので土星のサビアンをコピペ。
****
魚座7度『岩の上に横たわっている十字架』
自分が奉仕する信念に命を賭けることで、日常意識を突破した超絶的な体験をする可能性を秘めています。
しかし、ともすると自己保存欲を捨ててしまうので、誤った方向に走ると危険な人物にもなりやすい人です。
(孤独の中で天啓を得ることを意味しています。大切に守ってきた均衡が崩れ、まったく別次元が開かれます。中心軸まで崩れる体験をします。)
限界を突破しようという意思が強く働きます。
仕事に集中したり、奉仕的活動をしたりしているうちに、望んでいた限界突破は唐突に訪れ、新しい天啓を得るでしょう。
しかしそのことで、これまで自分を支えていた土台が崩れてしまう可能性も高くなりますが、今までの立場を犠牲にしても新しい体験を追い求めてゆくかもしれません。
☆立場を犠牲にしたとしても、限界突破を求めていくという度数です。

12月21日

2008.12.21 14:22|日常のこと
今年の冬至は明日22日じゃなくて今日だったんですね。

奇しくも冬至の日に占星術の個人セッションを受けるのも暗示的でなかなか面白いかな…と思います。
本日、自分の出生図について本格的なレクチャーを受けることが出来ました!

用意されている鑑定メニューはいろいろあり、「出生図と2009年度の天体進行図を照らし合わせて運勢を細かく占う」というのもいかにも占いらしくて楽しそうだったのだけど、自分の出生図を掘り下げるのが希望なので、運勢などを抜きにしてその方向でみっちりみてもらいました。

ジャンルは何であっても「個人セッション」というものに参加したあとに感じる、上手く言えないけど独特の脱力感みたいなものを久しぶりに味わった気がします(笑

1234037393.gif

内容はいろいろあったんですが、印象的だったことをひとつだけ。

長年の疑問のひとつを占い師さんにぶつけてみました。
火を持たない私は、それを補うことを意識したほうがいいのか、それとも他の3つで何とかしようとしたほうがいいのか?
そしたらものすごくキッパリと「あ、補うのは無理です」と言い切られました(笑
「Yさん(私)のような場合は火が足りないんじゃなくて、火の「受け皿」が最初からないと考えた方がいい。椅子という考え方でもいいです。火が座る椅子がもともとないんです。たとえ火がやってきてもYさんはイスを用意できないです、他が使ってますから」と。
受け皿がない、椅子がない、という考え方に唸りました。
足りないから補おう、補えばなんとかなるという問題じゃなかったのね。。

さらに続けて「火がないとなったらじゃあどうするかと言えば、他のもので火をおこすしかない。火はないけど電子レンジで間に合わせようみたいな。風が強い生まれなのだから風力発電という考え方も出来る」と占い師さんが言いました。
おおおおーなるほど。
その方法なら火っぽいものが生まれそうだ。
私は風ならではのフットワークが良いほうなので、あれこれ動いたり考えたり忙しい時にはそう言えば火のような熱が出ている気がする。。

あ、そうだ。
私の出生図では金星が「一番使える」と聞かされて驚いたのですが(MC金星合なのです)、この先は金星にも意識を向けるようにしてみたいなあ・・(ほとんど無視というか、金星って意識できなかったのです)
金星というのは美とか愛とか財の星だから、自分のイメージとぜんぜんマッチしない。
「私パサパサ女なんで、金星と縁がないと思ってました」と言ったら、「いずれは金星が管轄する分野について学ばなくちゃいけない事態が起こると思いますよ」と言われました。

1234037393.gif

自分の欠点や死角になっているものや影の部分について他人から指摘されるというのは痛いことだけど、やっぱりいいもんだなとあらためて思います。
もちろん悪いことだけじゃなく良いこともあって、「タナボタ的幸運には縁がなく厳しい人生だけど、自分自身にギャップがなく、感性や好奇心を満たしていて自分の人生をいつも楽しめる生まれ」なのだそう。

これがせめてもの救い、星からの恵みだと思って大事に使います 1230361030.gif

12月20日

2008.12.20 14:45|日常のこと
医学書院というサイトに精神科医の名越さんが書かれている連載に感動しました。
メモとしてアドレスを貼付け1230361030.gif

「第4回 スピリチュアル・ブーム(1)」

「第5回 スピリチュアル・ブーム(2)」