ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

2月13日

2009.02.13 02:22|日常のこと
雨が好きなのですが、雨の日にお香を焚くのってさらに好きです。

今日とある樹脂のお香を焚いてみたら、これがフルーティな香りの中にバニラの甘さがたっぷり含まれていて、非常に驚きました。
だからといって洋菓子みたいな匂いでもないのですが。。

甘さのある匂いはさほど好みでないので、フレグランスでも男性用が好きだったりするんですが、私はこれはあまり頻繁に使わないかも知れないなという感じです。
甘さのある匂いは幸福感に繋がるらしいので、気持ちがすさんだり痛む時には良いかもしれません。

1278267313.gif

どうして自分が煙が好きなのかよくわからないのですが、大好きな童話作家の安房直子さんの作品の中に「熊の火」というのがあり、煙のことを思う時必ずこの作品が浮かびます。
そう言えば安房さんの本はすでにそのほとんどが絶版になったことを最近知りました。
私は安房さんの綴る柔らかで切なくて美しい言葉の作品達に憧れて心底浸りきっていたのでそのことを非常に悲しく思うと同時に、そういう世の中になってしまったのだなあとひとり勝手に絶望したりしました。
まだ揃っていない本があるので、なくならないうちに古本サイトを巡ってみようかと思います。
なんか私が好きな物はどんどん絶版になっていく気がする・・(-_-;) 何事も少数派なんですかね…。
そういえば今読んでるユングの「アイオーン」は、去年探していたとき古書で6万円だったのに最近見たら2万円で売られていました・・古本の価格ってどうなってんだろ。まさにイリュージョン。

1278267313.gif

深夜になってから発送分の商品を作り、家計簿と日記をつけ、そのあとで「ああそうだ、私が持ってる安房さんの在庫を調べて、今どんな状況なのかネットで調べておこう」と思い立って本棚をゴソゴソとやっておりました。

私が持っている中で一番好きな「鶴の家」という文庫本は昭和59年の第一刷分。19歳の時に買ったものです。
なのですでに赤茶けてヨレヨレなのですが、まあこれは安房さんの中でも有名な本だしまだあるよな…などと思ってアマゾンで検索したら時すでに遅く在庫はなく、他の作品で新品の在庫があったとしても残りあと1冊とか3冊というひどい状況でした。
童話やファンタジーというジャンルは確かにマイナーなものですが、講談社などが文庫を出し、どこの書店でも普通に並んでいた作家さんだったので、ユングが大昔に書いた分厚い論文が絶版になっているのは仕方ないかなと諦めもつきますが、いったいいつの間にこんなことになったのかと非常に混乱しました。

安房さん自身は15年ほど前に亡くなられているのですが、公式サイトや勝手応援サイトなどが存続されていないものかと探してみたら、有志の方で作っているHPがあり、そちらでもすでに「安房さんの本を2冊持っている方は1冊譲ってください、コピーでも構いません」という状況で、復刊ドットコムを調べてみたらかなりの数のリクスエストもあがっていました。

私は20代を安房さんとばななさんを繰り返し読みながら過ごしていて、それは悲しい日でも嬉しい日でも必ずそうであったのでちょっと自分でも情けないほど凹んでしまい、「熊の火」やら「雪窓」やら「ゆきひらの話」なんかをずいぶん久しぶりにパラパラとめくって涙目になっておりました。

とにかく・・そんなことになっているなんて想像もしてなかった自分というのが悔しく、ジュンク堂などの大型書店に行けばいつでも並んでいると思い込んでた自分をひどく恥ずかしく思います。
亡くなられのだから新作はもう出ないだろうと思い、意識して書店で探すこともありませんでした。

・・・うーん。

2月12日

2009.02.12 02:32|日常のこと
最近、タイミング良くいくつかのお香を手に入れることが出来ました。

前に見かけた時からずっと品切れだったので予約しておいたのですが、琥珀とエチオピア産のフランキンセンス、それから安息香です。
私が使っているフランキンセンスはインド産のものなので、どれくらい違うのかなと思うのですが…まだ焚いてないのでわかりません。

琥珀は研磨する前のナチュラルなものを砕いたものでした。
琥珀のお香はやはり高価なのでごく少量を注文したのですが、これだったら業者先で手に入るもので良かったのかも知れません・・うかつでした。
安く手に入ったとしても琥珀を焚くのってやはりもったいない気がするんですけどね・・。
まあ、一度は焚いてみたかった憧れの香りなので。

悪霊を追い払う儀式でよく使われたという安息香(ベンゾイン)は、今回はバニリン(バニラの香り)の含有量が高いベンゾイン・シャムを頼んでみました。

どれも樹脂なので、火をつけた炭のうえで焚くわけですが、毎度の如く煙ボーボーになるんだろうな。
我が家は火災報知器をまだつけていないのですが、こういう煙にも反応するんでしょうか。

1234037410.gif

こういった薫香とかハーブ、アロマってやっぱり楽しいなと思います。
それなりにお金がかかってしまうので、なにかと厳しい財政事情の中ではなかなか豪快にイッキに揃えることは出来ませんが。
合成香料がたっぷり入ったようなお線香タイプやコーン型のお香でも、あれはあれでまた別の楽しみ方もあり「桃の香り」とか「春の香り」とか「熱帯ジャングルの香り」とか思わず笑ってしまいますが、火をつければなんとなくそれなりの感じがするのも不思議なものです。
しかし直接身体に効くというのか、散らばった気を整えたり本来あるべき場所へと納めたりするのは(早い話が浄化ってやつなのかな)アロマオイルでもお香でもやはりピュアなものに限るなという感じです。

2月12日

2009.02.12 02:29|日常のこと
今年もウメボン(梅の盆栽)が咲きました。嬉しいな。
でも剪定が悪いせいか蕾が25個しかついてません。

梅だけでなく小さな桜とかカエデとか、野草と苔を合わせたものとか、そういうのも季節ごとに楽しめたらいいなと思います。
小さいものの世話をするのがあまり苦にならないほうなので、今年は苔をやってみようかしらん。
我が家は湿気が多いだろうし(笑)

2月8日

2009.02.08 05:45|日常のこと
夕食後に飲んだ抗アレルギー剤がやたらと効きすぎて、金曜の夜たっぷり寝て目覚めたのは土曜日の昼過ぎでした…あうあう。
こういう系統の薬がとても効いてしまいます。
抗ヒスタミン剤などを飲むと爆睡してしまうので、強めの風邪薬とか飲めません。
昔、プレコールを飲んだら20時間くらい寝てしまったことがあります。

「わー、すごいことになってますねー」と医者に言われたニホンザル顔は、ステロイド軟膏のおかげで腫れも赤みも痒みも消えて、こちらも効きすぎて怖いくらいです。
こんなに効いて大丈夫?と思ってしまうほどです。

・・・ま、効かなきゃ効かないで文句言うんだけどね 

2月6日

2009.02.06 02:41|日常のこと
元々ひどい乾燥肌なのですが、この一週間ほど前から全身が乾燥してピリピリと痒く、そうこうしているうちに目の周りの痒みが激しくなってボロボロになり、あれれれ・・と思っているうちに今日はいよいよ真っ赤に腫れ上がってしまいました。
寝起きに鏡見て「なんじゃこりゃー」と叫びました。
こ、これはニホンザル・・・ 

20代にアトピーのようなしつこい炎症で皮膚科に5年通っていたこともあり、特に目の周りは放っておくとロクなことにならないのを経験済みなので、さっそく皮膚科に行ってきました。

目の周りの皮膚って薄くて乾燥しやすく、ちょっとした刺激で簡単にかぶれたり荒れたりするんですよね、しかも一度やっかいな状態になると治るのがすごく遅い。。むぅ。
処方された2種類の軟膏のうち、ひとつは強力タイプのステロイドで(最初に数回強めのステロイドを使って炎症をとにかく抑えるんだそうです)これを顔に塗ると日光に当たることはあまりよろしくないそうなので、その期間は外出を控えようと思います。
いや、この顔ではそもそも出掛けられないかな。。

医者が言うには、私と同じような「特にコレといった原因もなく、この数日で突然目の周りが痒くなり赤くなった」って症状の人が今日は3人もいたらしくて、ひょっとして花粉症じゃないですかね?などと言われました。
私はホコリをたくさん吸い込むと必ず全身が痒くなるんですが、花粉もホコリみたいなもの?
大掃除なんかをする時は必ずマスクをします。

花粉症ってなったことないんですが、そう言えばここ最近は瞼などの皮膚以外に純粋に眼が痒かったことも多く「今年はいよいよ花粉症の仲間入りか!」と腹を括っています(-_-;)