ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

7月28日

2009.07.28 21:14|日常のこと
riccaさんが紹介していたこちらの記事を読んで、そうだーーーと唸りました(笑

私はとりあえず気持ちは共感から入るタイプのようなので(口を開くと屁理屈言うが)、友人の愚痴を聞きながら「そりゃ大変だね」とか「そりゃ怒って当たり前だわ」とか感じたことを口にするんだけど、たいてい相手の話がずるずると長いので「結局この子は何が言いたいんだろう?」と途中で疑問に思うことが多かったのですが、ひょっとしたら友達は愚痴そのものを誰かに伝えたいのではなく、こんなに大変なのに頑張ってる私を褒めて!元気が出るような褒め言葉を言って!ってことだったのかなあと今更ながら思いました。

何か面白い作品を見たとか、相手のことを「わあ、すごい!」と感じたときは自然に褒め言葉になるけど、あらたまって褒めるってちょっと難しい。
しかもコメントにあるように「具体的にねっとり褒める」はさらに難しい・・。
でもたぶん女子の場合、この「具体的に」ってのが重要なのかも。
私などは「頑張ってるんだね」「大変だねー」みたいな大雑把なことしか言わないから、相手はさらに愚痴をかぶせて来るのかもな。
それでグズグズと電話が長引いてるのかも知れない、という可能性に気づきました。

具体的に伝えると相手は満足して案外アッサリ電話を切るのかも知れません。

って、なんでそこまでせにゃならんのだ!という気もしますが(笑

7月24日

2009.07.24 21:34|日常のこと
ところで、先日会った友人にとんでもなく痛いところを何点か突かれましてね、細かいことを書くとキリがないのですが、人から指摘されることの偉大さみたいなものをあらためて感じています。

1258537772.gif

自分ではまったく気がついてなかったのですが、彼女との最初のほうの会話で、
「ユカリちゃん幸せそうやん、良かったやん」みたいなことに対して私が、
「そうやねん〜申し訳ないんだけど幸せで・・」と言ったらしく、この言葉をあとのセッションの際にかなり突っ込まれました。

第二チャクラあたりに『先端が内側に向いた尖った串にダンゴ状のものが2つついている』ような形のものがあったのだそうですけれど、それを見て彼女が「ユカリちゃんて、ずっと自分を追い立てるように、ストイックに生きてきた?」と聞くのです。
それはあながち外れていないので「そうだ」と答えると、さらに「それはなんで?」と聞いてきます。
なんでかと理由を聞かれてもそういうのは性格じゃないんだろうかと思うのですが、仰向けになったままで「うーん、なんでだろう、なんでだろう」と唸りつつ、「・・忙しいのが好きだからかな?後悔したくないから?いや、なんていうのかな、心のどこかに苦労しているほうが良いとか偉いとか、もしかしたらそう思っているのかも」などと苦し紛れに並べたところ、
「さっき、自分が幸せなのを『申し訳ないくらい』って言ったよね?誰に申し訳ないん?何が申し訳ないん?苦労しているほうが偉いとか思ってるからじゃないの?」とさらに厳しく追及してくるわけです。
さすがにしどろもどろになったんですが(笑)、でもこれには「ああそうかも知れない」と内心思ったわけです。

友達に会えば子どものことや旦那さんのとのこと、ママ友とのお付き合いのことやお金のことや姑のことなんかで、もういくらでも言いたいことがあると言わんばかりのマシンガントークをたくさん聞くわけです。
私はそれをただ聞いているだけで、自分は特に取り立てて(今のところは)悩みがなく、なんか申し訳ないなあといった気持ちによくなります。
心のどこかで「子を持っていない主婦は(しょせんラクしてるでしょという理由から)何を言ってもまともに取り合ってもらえない」というひがみや妄想もあるかも知れません。
そのことは薄々ながら自覚があったので、確かに「苦労していない自分は申し訳ない」というのに後ろめたさがあるわけです。
(子ども時代のことはすでに過去ですから、今やっぱりのほほんとしているのは後ろめたいのです)

ところが彼女は、その串についている2つの団子は「もしかしたらお母さんとお姉さんかも知れない」と言うのです。あくまで「かもしれない」ってことだけど。
もちろん私のこれまでの家族関係の話など彼女に一度もしたことはありません。
うーん、でもさすがに突いてきましたね(笑)驚きでした。
「おかしいなあ。2人は身内なんだからユカリちゃんが苦労したり不幸になったりして欲しくないと思うはずだけど、なんかこの2人に対して苦労していなきゃいけないってユカリちゃんが思ってる感じがする」
「・・・・。」

「自分が支配したいがために子が不幸になることを願ったり、オマエなんかが幸せになれるわけがないって呪いの言葉を平気で吐く母親もいるんだよ」とはその時言えなかったので適当に濁したのですが、私の「申し訳なさ」というのは結婚後の友人関係の中で起きてきたことではなく、もっと根深いところにあったのだなあとしみじみ思います。

7月22日

2009.07.22 21:43|日常のこと
ヒーラー同級生Jちゃんと会って、終電ギリギリまで酒盛りしてきました。笑

ヒーリングのほうは雑談しながらだったのでたっぷり3時間かかってしまいました。
もっとグログロなものが出るかと期待していたのですが、思ってたより詰まりがなくて残念。

しかし本当に不思議でした・・。
第一チャクラには彼女曰く「仕切りのたくさんついた箱のようなものがある。理路整然としたようなもの。これ、要らないと思うから抜いとく?」とか
「串のようなものに柔らかいお団子状のものが2つついてるけど、これ抜くね。」と言われたのは第二チャクラ。
本人にもそれが何か分からないようなので絵で描きながら説明されました。
人によっては茶色いイモ虫のような気味の悪いものがズルッと出てくるのだと言います。

この団子状のものを抜くときに、彼女が唐突に「お母さんとお姉さんは好き?」と聞きました。
他には髪の毛のようなものが絡まった茶色いヒモだとか、薄ピンク色のヒモだとかが何本か出てきたのですが(笑)、そのたびに私自身が抱えている問題点をズバズバ切り込んでくる彼女・・。
「ただ言い当てる」だけの人なら大勢見てきたのですが、それがどういう状態でエネルギーセンターに取り憑き、その人の詰まりとなっているかをこんなに明確に話して抜き取ってくれたヒーラーさんというのは私は知りません。
驚きの連続でした。

喉のチャクラはほとんどの人が詰まって問題を抱えているポイントだと思うのでスファ、これを石でやろうとすると(たとえばルース状のターコイズと小さいレーザー水晶とかをレイアウトする)時間もかかるうえに、感情的な処理までその後に響くことがあります。
クリスタルヒーリングというのはパワフルだけどやっぱり相手は石なので、欧米人なら知りませんが、日本人にはあまり向かないのでは?とひそかに思ったりしています。
レイキのほうがうんと穏やかで、日本人に合う気がします。
私自身もやはり喉には岩のような塊がいくつかあったので抜いてもらったのですが(病的なほどここが詰まっている人がいるのだそうで、それはなんだか日本人らしいなあと思いました)あっという間の短時間の出来事でした。
あとからそれにまつわる感情が浮いてきてしばらく落ち込む、といったようなこともありません。
(詰まりがひどい人は、セッション中からその後数日の間いろいろと大変なこともあるらしい)
何かがモゾモゾと抜けていくのはわかります。それは身体の中で大きな虫が動くようなちょっと気持ち悪い感覚で、途中でムセそうになりました。。
で、そういうのが消えたあとで「わー自分ってこんなに詰まってたんだ」というのが初めてわかるといった具合です。
呼吸をすると、スムーズで大きな流れがストンと下まで落ちるのがとてもよくわかります。

あとは、彼女自身や他のお客さんが子宮筋腫を小さくした、あるいはなくなったという例があると聞いたので、そのやり方を教えてもらって帰ってきました。

いや〜なんか不思議すぎて、うまく文章に出来ません、支離滅裂ですんません。
友人が言うには「ネガティブなものというのは、本人が許可しないと出てこない」のだそうで、他人が無断で勝手に引っぱり出すわけにはいかないらしく、私がいろいろと話している最中に「あ、腰のほうからヒモ出てきた。切っておくね」などという展開になることが多かったです。
黙って座っていれば終わり、というヒーリングではありませんでした。質問されるされる・・(笑
自分のどこを生きづらいと感じているか事前にまとめておくと良いかも。

たまにこういうところに来てまで、自分がいかにスピリチュアルな人間かということをヒーラーさんに向かって説明したり、いやなことは指摘されたくない!と、かたくなになる人がいますが(レイキ交流会などでたまに見かけた)、せっかく大切なお金を使うのだから、ダメ出しされまくったほうが絶対お得だと思います。
自分のことは自分でわからないのです。誰かの力を借りたほうが近道になることはたくさんあるなあと今回も実感しました。

思いがけない大きな心境の変化というのも感じているのですが、それが結果に繋がるかどうかは今後の自分次第なので、長い話になるのだと思います。
いずれにしても「一瞬で人生が変わる」なんつーことはないようです(笑

7月18日

2009.07.18 22:02|日常のこと
毎回同じ事書くのが恥ずかしい気がしますが・・バタバタです。
みんな時間のやりくりってどうしてるんだろう?とふと思う。

今週、平日はオフラインで仕事をやっていたので、今日の午前中にトイレやら台所の掃除をし、ついでだからと金魚の水槽を掃除し冷蔵庫を拭いたりゴミ箱を洗ったり床を磨いたりして、気がつけば午後3時・・クタクタです。
「ついでだから今やっておこう」というのが、たぶんいけないのだろう。
今日でなくても良いことは後回しにしよう。
家にいると雑用は山のようにあります。
ガスレンジなんて10日も経てば油まみれになってしまうし、金魚の水槽だって2週間もフィルター交換しないでいると水が濁ってしまう。
それで自分が年中掃除しているような錯覚に陥るのだけど、子どもがいてフルタイムで週5日働いているお母さんだっているわけだし(世の旦那さんは家事などしないだろうし)、その人達の家がゴミ屋敷になるわけでもなく清潔が保たれているのはいったいどういう魔法??
というか私の効率が極端に悪いのかもな・・。

ところで先日5年ぶりに美容院へ行きました(恥
前回が平成16年の9月だったので美容師さんに笑われた。。
いまだに映画館はためらってしまうけど、美容院に行けるようになっただけマシちゃう?と自分で思います。
数年前までは首にタオルやケープを何重にも巻き付けられたまま2時間近くもじっとしていなければならない、と思うだけでどうにかなりそうだったのです。

7月10日

2009.07.10 02:49|日常のこと
昨日は夜になるまで夢の感触に付きまとわれて、まるで自分が透明人間になったような、この世に存在しているのか、他人からちゃんと姿が見えているのかと(笑)気になってしまうような妙な感覚だったので、本屋だの銀行だの百円ショップだのを無駄に歩き回って、友達に電話したり(留守だった)、港近くの気に入っている喫茶店のカウンターに座ってマスターと軽い世間話などをしたり、夜は珍しく民放番組などを観つつ(ケンミンショーというのを初めて観たのだけど、出汁巻き定食って関西にしかないって知って驚いた)、いつものように夕食の後片づけをし、アゲハの幼虫の世話をしていたら、自然にこちら側に帰ってこられた・・という感じでした。
  フフフ・・ 1234295143_20140321160119cf8.gif

などと余裕をかましていたら、夜はしっかりまた妙な夢を見ましたが。

引っ越ししてきたばかりのような正方形のガランとした何もない部屋(窓無し、床はフローリング)の中央に、これまた真四角のシンプルなローテーブルがひとつ置いてあります。
その上に、お弁当箱のような四角く青い入れ物がのっています。
ダンナなのか誰かわかりませんが、隣の誰か男性が「この容器はナントカとナントカ(ともに企業名のような感じ)が共同で開発した新素材の製品なんだ」と言います。
手に取ると、ラピスのような青い石を薄くスライスして作られたような感じがします。
かといって石そのものでもなさそうだしプラスチックのような感触もせず、たしかに新しい素材といった印象です。丈夫そうだしお弁当箱に良さそうだな・・とか思ってる夢。ここで終わり。

円や球体などが出てくる夢というのはかなり珍しいと思いますが、三角形や四角、螺旋などが印象に残る夢もあまり見ない気がするので、ああまた変わった夢を見たなと思いましたが、昨日のショックが強烈だったので、なんかもうどうでもいい気がしてきました(笑
部屋、四角形というところに、自分が内的バランスをとろうとしていることが表れている夢かも知れません。

夢の続きメモとして。