ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

10月29日

2009.10.29 04:10|日常のこと
昨日の日記を書いた時にはのんきに考えていたのですが、姉の件をネットで調べてみたら、尿管の腫瘍というのは「ほとんどガン」「だいたいがガン」という記述しか見当たらず、良性ってのがひとつも見当たりませんでした。
姉妹揃って同時期にガンが見つかるなんて、どんなタイミング?

私のほうはひょっとしたらなんとかなりそうだし、手術や術後に関してもだいたいのことは分かっているのでいいんだけど、膀胱を切るとなったらどうなるんだろう、術後の生活は?現段階で転移のほうは?・・想像すると血の気が引きます。
姉も家に帰ってからネットで調べた様子で、夜には「どんどん落ち込んでいくわ…」と言った携帯メールが何通も届いて、私も返す言葉が見つかりません。
姉は軽い抗うつ剤を飲んでいるし、ショック状態もあるだろうから、こういう緊急時はバッチフラワーレメディの「レスキュー」があったら役に立つんだけどな・・とふと思い出したのですが、あいにく今はレスキューを持っていないので、さっそく今日買いに行ってきました。

ネット通販では時間がかかってしまうから店舗で直接買いたいと思ったのですが、昔私が買っていたお店は閉店してしまったので、取扱店を探すのにちょっと手間とってしまいました。
アロマのお店はたくさんあっても、バッチを扱ってる店舗って大阪は少ないんですよね。。
で、個人ショップを見つけて訪ねてみたら、これがなんとも良い感じのお店でした。
もともとアロマが好きなので、こういうお店に入るとなんとも言えない幸せな気持ちになります。。
せっかくなので私用にもレスキュー1本購入。
私のように気忙しくあれこれ考えすぎる神経質な人間は、緊急時でなくても常に気が張っていたりするので、このレスキューを定番で飲むといいと聞いたことがあるのですが。

そのあと姉用に買ったのを届けに実家へ。
母が私の顔を見るなり、「アンタらのおかげで気がおかしくなりそうやわ!」と猛攻撃です・・やれやれ。
「あっちもこっちも入院なんて、忙しくて私のほうがおかしくなりそう!」を何度も繰り返すので、「私に言ってもいいけどお姉ちゃんは落ち込んでるんだからそんなことを面と向かって言うな」と言ったのですが、きっともう昨夜からまくし立ててるんだろうな・・。

こういうのは日常のシーンなので良いのですが、母の口から出たこの言葉に衝撃を受けました。
「あ、そうそう。知り合いの大工さんに今日たまたま会ったから、アンタの家の外壁、頼んでおいたで。来週くるって。」

ええええーーー??

震災後に補修はしましたが、経年劣化で外壁が傷んでいる我が家。
そのうち頼もうと思ってましたが、なぜ今??

来週は2日にMRI検査、4日に診察日、5日は姉の検査に付き添おうかなと思ってるし、私の再々検査も一日入院みたいなので予定が全然立てられないわけですよ。
小さな家だから外壁をちょっと修理して塗り直すなんてことは半日程度で済む話しですが、なんでこんな時に・・。

家に帰ってさっそく「レスキュー」飲みました(笑

オマケ:先週撮った夕焼け。コンパクトデジカメで撮影。

1256811363.jpeg

10月28日

2009.10.28 04:16|日常のこと
昼頃、姉より電話がありました。

姉はいまも定期的に婦人科に通っているので、私も今回姉と同じ先生に担当をお願いしたのです。
で、今日、姉が病院に行った際にその先生から私の検査結果をちょっと聞いたそうです。
(本人より先に誰かに話していいのか?って気もするけど)

それが。
「お腹を切るほどの結果じゃないんだけど・・」とのこと。
4日の診察日に詳しく教えてもらえると思いますが、1a期だったガンが今回の結果では出なかったのか、何がどうなってるのか分からないけど、正直驚きました。。

とにかくヒーラーの友人に連絡。

おそらくは「日帰り手術で内膜を掻爬(そうは)して組織ごと全てゴッソリ検査にかける」という方法をとることになるだろうと思います。
子宮体ガンって正しくは子宮内膜ガンと言うのだそうで、内膜に出来ることがほとんどなのだそうです(子宮そのものに出来るのは全体の5%でごく稀らしい)。
私も例に漏れず内膜からガンが見つかったので内膜すべてゴッソリ検査ということになるんだろうと思います。

それはさておき。

姉が今日病院に行ったのは、会社から受けた人間ドックでひっかかったから。
先日から「膀胱炎でさ…」とは聞いていたのですが、たまたま5年ぶりに受けた人間ドックで尿管に腫瘍が出来ていることが見つかりました。
もう、病気ネタばっかりですみません(笑
そのせいで尿が出にくくなっているうえに逆流し、左腎臓がかなり腫れているとのこと。
尿管の腫瘍が良性か悪性かは後日の検査でしかわからないので、本人、かなり落ち込んでます。当たり前だけど。

それでまたヒーラーの友人にお願いしたり、落ち込みが激しいので遠隔レイキしたり、ちょっとドタバタしています。
私自身のほうも自分の検査結果に驚いているので気持ち的にさらに落ち着かず・・。

もともと私は良くも悪くも展開の早い人生なのですが、なんか、今回はものすごく早い気がするんですけど・・。

以前、ネット友から「ネコさん(私)の日記は人生突撃レポートみたいだ」と言われたことがありますが、相も変わらずこんな展開なんですね。。

10月26日

2009.10.26 04:21|日常のこと
昨日はダンナと一緒にヒーラーの友人宅へ。
彼女のHPに使う写真の撮影会に参加しました。
ちゃんとカメラマンを雇っての撮影会。ドキドキ。
息子さんやそのほかにもモデル役の人達が来ていて賑やかでした。
写真は後日HPにアップされる予定です。ダンナ初公開。。

その後ダンナの肩こりの施術をしてもらったのですが、これが驚きの即効性。
いつも張りがあり、もりあがったような背中だったのに、終わってみればストンと素直な背中になっていました。
エネルギー調整法なので、直接体をボキボキとかやってないのに。。
過去にやった大きな事故のショックや、仕事に対する強いプレッシャーも抜いてもらいました。
ダンナもビックリ。

ビックリしたと言えば、撮影会の途中で差し入れを買いに出た時のこと。
彼女のブログにたまに登場する明石焼き屋さんをちらっとのぞいたら、そこの大将が昔ダンナが世話になった人だったという驚きの出会いが(笑
もう30年も前の話なのに、大将やおかみさん息子さんと話が盛り上がってしまい、明石焼きまで「お金いらんから持って帰り〜」ということに。。

もうほんと、偶然すぎます。。

10月25日

2009.10.25 04:32|日常のこと
このところ週に一度は病院に行っていたけど、とりあえず今週は病院なし。
今のところの手術予定日12月15日というも、ガンの進行具合や検査結果によっては早まる可能性もあるだろうから、オンラインショップのほうは早々に閉店告知を出すことに決めました。
年をまたいでバタバタするのもイヤだしな。。
思えば当時やっていた仕事が煮詰まったのと借金を抱えていたせいとパニック障害がきっかけで始めたこの仕事。
借金完済、実家の全焼などを経て、自分のガンをきっかけに閉店というのも波瀾万丈というか、私の人生らしいなあと思います。なんでこう次々とイベントがあるのかわからないけど、激しい人生じゃなくてまったりと穏やかな人生を送りたいです。とほほほー。
今週は時間があるのでショップに告知を入れよう。

そうそう、母の反応は予想通りというかお約束というか、あいかわらずでした。
手術が12月15日になりそうだと聞いてブーブー言っています(-_-;)
「気が重いわ…」と言われた時は一瞬「ちょっとは私のことを気遣ってるのか?」と思ったのですが、「せっかくのお正月なのにアンタが年末に退院したら私はそっちの用事もせなあかんやん。お正月が台無しや!」と言ってます。。やれやれ。
ウチにはちゃんとダンナもいるし、なにも小さい子どもがいて面倒を見てもらわなきゃいけない状況でもないのに、我が家の掃除から洗濯から食事の支度、なぜか5匹の猫のことまで自分が世話をしなくちゃいけないような口調で、自分がいかに大変かを言うわけです
この人はいつもそう。いつも、どんな時も自分が一番の被害者なのです。

病気の時は少なからず家族に迷惑をかけてしまうわけです、誰でも。
でもそんなことは当事者の耳に入らない場所でいくらでも愚痴ればいいと思うのですが、面と向かって「気が重い」だの「正直困るわ」だの恩着せがましい言葉連発です。
あげくの果てには「あんたに退院されたら私が面倒だから先生に頼んで正月中は入院させてもらっとき!」だって。
いや、負け惜しみで言うんじゃなくて、これほどわかりやすいキャラであったことをしみじみ実感して逆に爆笑しました。ネタに事欠かないというか。

しかし、親に恵まれなかった分、周囲の友人やその時々で助けくてる人には恵まれているなあと今回もあらためて感じます。(たくさん出会いが多いぶん、中には面倒な人達とも出会うわけですが)
フリーでDTPの仕事を始めた時も今のお店を始めた時も、不思議とお客さんに恵まれ、タイミングに恵まれ、周囲の人に助けられた気がします。

先週の木曜日も、静岡に住む友人から携帯に変わったメールがありました。
その友人は男なので、連絡を取り合うといっても具体的な用事がある時とか誕生日などのイベントの時ぐらいなのですが、先月何を思ったかナルト47巻を読破したといって唐突にメールがあり、先週は「ペットボトルのお茶の蓋が<木の葉マーク>に見えるオレって重症?」と写真入りのメールを送ってきました。木の葉というのはナルトの中に出てくるんですが。
彼が写メール送ってくるなんて初めてだし、女子のような雑談メールを送ってくることもこれまでなかったので、霊感持ちの彼のこと、きっと何か感じ取ってくれたのだろうと病気のことを打ち明けてみました。
実は最近よくネコさん(私)の夢見るんでヘンだなと思ってた、とのこと。
これをダンナに話したら「オマエの周りには不思議な人間が多すぎる・・」と言っていましたが、私はそうやって今までもたくさんの人の見えない力に助けられて来たのだろうなあと今感じたりしています。
大きな病気になるということは、ある種の決算期であるような気もします。
自分が今まで何をやってきてどういう生活をし、今どんな人が周囲にいて、損益がいくらあり、次期に繰り越せるものは何なのか、そういうことを考えるチャンスなのかなとちょっと思います。

10月23日

2009.10.23 04:47|日常のこと
新しい病院に予約を無理矢理こぎつけて、本日いざ受診。

とりあえずは組織検査。
すでに紹介状に体ガンと記されているためか、なんかめっちゃ念入りです。痛かった・・。
普通の体ガン検査ならけっこう楽勝だと思いますが。
あとは採血。腫瘍マーカーとかしてくれるのかしらん。
で、11月2日にMRIをして、4日にそれらすべての結果を見て相談しましょうということに。

先に一応手術の予約を入れてくださったんですが、それがなななんと12月15日でした!!

あれ?11月と聞き間違えたかな?と思って聞き直したところ「12月で…」だって。
手術がいっぱい入ってるんだなあ。。
13日は永ちゃんのライブなので、予定通りならなんとか行けそう。

診察を終えたあと、婦人科の看護師主任さんが「頑張りましょうね!」と力強く声をかけてくださったんですが、これが「頑張ってね!」みたいな他人事風味でなかったのにちょっと感動しました。

ところで今回初めてMRIを受けるのですが、閉所恐怖症なのでイヤダー。
というより機械壊れたりしないだろうな。。

今日はそのあと梅田に出て紀伊国屋書店に行き、来年のカレンダー類を買い込み、お腹が空いていたのでお昼をきっちり食べ、阪急百貨店でコーヒー豆と「五感」のロールケーキを買ってかえりました。
ヘンですが、だんだん自分がガン患者って気持ちがしなくなってます・・。

すでに「ほぼ日」から素敵な手帳が届いたのですが、つい魔が差して目に留まった鏡リュウジさんのホロスコープダイアリーを買ってしまいました。
こういう星占い系の手帳が近年よく出ていることは知っていたのですがはじめて買ったー。
内容充実している分かりやすいしけっこう良いです。