ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

今年もありがとうございました

2009.12.30 00:23|日常のこと
あっという間に明日は大晦日ですね。
今年もいろいろとありがとうございました。
1258537759.gif

年明けからケガをしたり階段から落ちたり、花粉症デビューや乳腺腫瘤でひっかかって検査になったり子宮ガンになったりで、今年はとにかく病院に行ってばかりの一年でした。
来年は無事に過ごしたいなー。

さっき、過去記事を探したら、「2009年はこれまでの10年を掘り下げる一年にしたい・占星術とユングに力を入れたい」などと今年の初めに書いていました。
占星術はこれといった本なども読まなかったのでどうかと思いますが、たしかにこの10年の自分の気づかなかった落ち度や、精神的なことに加えて生活面などで後回しにしていたことがいくつか顔を出してくれました(TT)
これまでは仕事を軸に生きてきたけれど、心のどこかで「こんな生活をいつまでも続けるわけにはいかないな」と思ってたんですよね・・でもなんとなくそれを考えるのを避けて後回しにしてきました。

来年は、今の自分が出来ることを地味に開拓していこうと思います。この10年で消耗してしまって自分には何も残ってない気もしますが、探せば何か使えそうなものがあるかも知れません・・。
派手なことは出来そうにないですが、体をキチンと使っていこうと思います。

来年の漢字一文字を「活」にしようかなと考えつつも、いきなり「この自分の経験を活かすんだ!やってやる!」などと思うと息切れしそうな気がして(気合いの入った言葉を言うのはカッコいいんですが)、段階を踏むためにもやはり「開」にしました。

1258537772.gif

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

1230361125.gif

12月24日

2009.12.24 00:33|日常のこと
気がつけば、今年もあと一週間なんですね。

この数ヶ月で体験したことをまとめて文字にしたいなと思いつつも、私にとってはあまりに激しい体験だったので、まだうまく文字に出来そうにありません・・。

そんなことを考えつつも12月13日は永ちゃんのライブに行き、姉の誕生日プレゼントを選んだり、年賀状を書いたり、ユングの赤の書の予約を入れたり、クリスマスケーキを受け取りに行ったり、平穏を取り戻しつつあります。
それでもどこか妙にボンヤリと地に足のつかない感覚だったのですが、先日、riccaさんから美しいお花をもらいまして、お花を触っていたら「日常が戻ってきた」という実感がしました。

日常は戻ってきましたが以前の自分が何を考えて生きていたかちょっと思い出せない感じです。

友人のセッションで受け取ったものや、未知の分野の世界のことや、「死」に対しての生々しさ、病気に関してみんなからもらった言葉に勇気づけられ感動したこと、お客さんから頂いた思わぬ感謝の言葉の数々など・・・とても3ヶ月という短い期間で起きたこととは自分でも思えず、何をどう誰に感謝し、これから自分の生活の何を変えていけば良いのか、この経験をどう活かせばいいのか、まだまだ目標が定まりません。


以前入っていたメーリングリストで、毎年年末になると来年の漢字一文字を決めるという恒例行事があったのですが、私は今年たしか「要」という文字を決めたような気がします。
毎年不思議なことにそれにまつわる出来事が良くも悪くも起きるのでビビってしまって、もういっそ決めないでおこうと思ったりするのですが、今年は私にとって後から振り返った時に重要な一年になったのかも知れません。
決めたくないけど、来年は「開」にします(笑
出し惜しみなんて贅沢なことに無縁で生きてきた気がするので、もうこれ以上は空っぽで鼻血も出ないし、新しく開くものもない気がしますが、まだ何か使えていない力が自分にはあるのではないかとそんな期待を来年に持ち越したいと思います。

頂いたお花の写真を。
相変わらず花の写真がヘタですけど・・。

1261654257.jpeg

12月17日

2009.12.17 00:44|日常のこと
今日、姉が退院しました。
麻酔か何かで末梢神経がやられたらしく「左下肢不全麻痺」だったか?そんな名前のお土産付きの退院なので完全とは言えませんけど、まあ、とりあえず・・。
麻痺といっても軽い痺れ程度なので、半年ぐらい経てば治るようです。

明日は私にとって最後の商品発送の日でもあり、これを過ぎればちょっとは落ち着くかなと。。

今朝病院に行く前に、看護師さん達に渡すお菓子を買いにデパートに寄ったのですが、無性にあんこの入った和菓子が食べたくなって鶴屋八幡などを物色しておりました。
私は普段甘いものをわざわざ買ってまで食べないので、たいてい友人へのお土産か、ケーキ好きのダンナに買って帰るだけなのですが、自分の食べる分を物色している自分にふと気づいて、相当疲れてるなこりゃ・・と可笑しくなりました。
結局和菓子は買わずに大納言小豆を買い、自分で煮ることに。
有名ブランド菓子よりも自分で煮た豆(よくシワシワにしてしまうけど)が一番ウマイ気がする貧乏人の私です(笑

今回、姉の担当をしてくれた看護師さんは25歳の若者男子で、看護師というよりも美容師といった感じのイケメン君で面白い子でした。
性格の明るい看護師さんだと入院生活もちょっと明るくなりますね。。

一泊1万3千円の部屋に入ったこともあり(計17日)、今日姉が窓口で支払ったのは56万円ほどでした。お金の話もなんですが、メモまで。

気がつけば今年もあとちょっと。
姉もまだヨチヨチとしか歩けませんし、母も風邪をひいたりしているので、今年は恒例の大掃除なども全てバッサリ取りやめて少しはのんびりしようと思います。
とは言ってもお店を閉店したので、クレジット決済の契約解除とか業者さんに挨拶に行くとか、けっこう用事もありそうですが。。。
何より、梱包資材や資料満載になっている仕事部屋を何とかせねば・・。
小さなパーツまで片付けるのはたっぷり1ヶ月くらいかかりそうなので、これはまた来年。
年明け早々から仕事部屋の模様替えになりそうです。

とりあえず、この数日はゆっくりするぞ・・

12月14日

2009.12.14 00:47|日常のこと
また一週間経ってしまいました。早い・・。

おかげさまで姉は順調に回復していますが、麻酔の影響なのか左足の痺れがとれないでいます。
麻酔、怖いな・・。
歩けないほどではありませんが、数週間とかで治るものでもなさそうです。

先日は整形外科にかかってレントゲンとMRIを撮りました。。
結果が出るのは木曜の診察日で、そのあと退院します。

ガンのほうは浸潤増殖もなく転移もなし、進行度もさほどではありませんでしたが、G3>G2ということで、ガンそのもののグレードはあまり良いとは言えませんでした。
放射線や抗ガン剤は今回は一切ありません。
子宮ガンの時よりはそれだけマシだったということで、良かったです。。
浸潤ガンだった場合は予後も悪く、ネットでは5年生存率10%~30%とか書かれていたので、ほんとに心配してました・・。

ただ医者が言うには、膀胱への転移は30%の確率で起きるということで、これは油断できません。
最初の1~2年が勝負なのだそうです。
そのため3ヵ月に一度は膀胱鏡の検査だそうです。


自分のことも含めて赤裸々に書いているせいで、ここを読んでくださっている方には何かとご心配をおかけいたしましたが、とりあえずはなんとか一段落つきそうです。
ほんとうにありがとうございました!

バタッバタしているのできちんと更新できませんが、また。。

12月8日

2009.12.08 00:50|日常のこと
わー! 1週間も経ってしまいました。
お陰様で姉は順調に回復しています。

血液などが体内に溜まらないよう排出するためのチューブが腹部から2本、痛み止めの薬を入れるためのチューブが背中に1本、縫った膀胱が裂けないようにするため導尿のチューブが1本と、計4本の管が入ってましたが、明日には全部抜けそうです。

手術は心配していた大出血もありませんでした。
取り出した腎臓と切り開いた尿管を見せてもらいましたが、5センチと聞いていた腫瘍も実質は2センチくらいと小さく(細い管の中なので押しつぶされて5センチくらいに見えるのかな?)、もしガンであってもタチの悪いものではなさそうです。
担当医の話では、これなら良性という結果が出るかも知れないとのことでした。
(ほぼ間違いなくガンですと言い切ったのはあなたじゃないですか・・)

タチの悪いガンであったなら「余命何年…」という可能性もある状態だったので、ここはひとまずホッとしました。。
とは言っても、確定結果は明日くらいに聞かせてもらう予定です。

1234037410.gif

私のほうはお店を閉店したこともあって、発送とメール書きに追われつつ、その間は日曜を除く毎日病院に行っていたのでちょっとヘトヘトでした。

今日は年に一度の健康検診の日でした。
なんだか病院ばかり行ってる気がします(- -;)
バリウム後の下剤が効いてピーヒャララなので、今日はひさしぶりに午後から家にいました。

先週4日(金)の婦人科の診察で、また一週間分の黄体ホルモン剤をもらい、今飲んでいます。
医者は相変わらず「切れ切れ」と言っていますが、ガンだったら切りますから・・と、とりあえずお茶を濁してきました。
ガンでなくてもこの病院は「筋腫は即手術」という方針のようで、2〜3センチでも手術を強くすすめるようです。。

1234037410.gif

閉店したことでこれまでのお客さんからメールをたくさんもらいましたが、驚いたことに直接のお手紙やハガキまで頂きました。
どれもすごく有り難く、感激しました。

仕事をやめたらカウンセリングのようなことからキッパリ足を洗おうと思っていましたが、ボランティアでもなんでも、小さなことでもいいから、やっぱり何か他者に直接働きかけることをしていきたいなあと、今は思います。