ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

2月28日

2010.02.28 15:05|日常のこと
光線治療器が来ました!hakusyu.gif

それからokimuffさん、昨年オススメしてくださってありがとうございました。
予備知識がなかったらきっと「???」だったと思うので・・。

面白そうというのは不謹慎かも知れませんが、okimuffさんから最初に教えてもらった時、面白そう!! 使ってみたいーー!! と思ったんですよね。

で、ちょっと困ったのが使う場所。
届いてから気がついたのですけど、うちには猫が5匹いて、私が座ったり横になろうものなら必ず膝や背中に乗ってくるんですよね。。
彼らは人間には感じられないような光や熱に対しても敏感なので、治療器にもきっと集まってくるに違いない。それはマズイ…。
なので、今片付け最中の2階の仕事部屋で使うことにしました。

6年半お店をやっていたので2階は仕事道具がびっしりたまっていて、先週から少しずつ片付けているんですがだいたいのところは終了しています(今は床が見えてるし・笑)、早めに片付けておいて良かったです。

さっそくカーボンをセットして5分ほど足にあててみました。(3001ー4008)
(あてながら説明書を読んでいるという・・・)
なんか、当てる場所を間違えてる気もしましたが(- -;)、今日は使い方の練習というか、まあお試しということで。
火花が飛んだりして最初はちょっと恐かったです。

このあと、自分にあった照射部位や時間などちゃんと調よう。

明日からじっくり使わせてもらいます

2月26日

2010.02.26 15:12|日常のこと
今日はヒーラーの友人宅へ行っていました。ガッツリ施術!というより、午後1時から7時までほとんど2人で喋りまくっていたという感じですが(^^;)

去年の3月、階段から落ちた拍子に尾てい骨を強打して2ヶ月くらい痛みが続いたことがありましたが、生理不順はその前年の9月頃からあったものの、思えば尾てい骨を打ったその頃から下腹部にミョ〜な違和感が起きたのを思い出して話してみたところ、尾てい骨というのは非常に大事なところなのだそうで、その時のショックが残っているのかも知れないからと、今日の施術でしっかり抜いてもらいました。
あの時はただお尻が痛かっただけでなく、尾てい骨から脳天まで一直線に雷が走ったような衝撃でしたから、けっこうひどく打ってしまったのかも。。
お尻をかばって歩くので不自然な姿勢となり、日頃より動かなくなったことでなんだか太った気もしたし、ブログには書いてないかも知れませんが、6月あたりからは自転車を漕ぐだけでぐったりと疲れてしまうようになり、ダンナに「なんかおかしい。どこか悪いのかも…」とよく漏らしていたんですよね。
遠くの図書館まで行ったり、重いレンズを持って写真を撮りに行ったり、日常のフットワークが軽いのだけが取り柄なので、「ちょっと歩くだけでしんどい…」とか「自転車に乗るのもダルい…」とか、自分には有り得ないなあ、どこか悪いんじゃないだろうか、と。
太ったせいでジーンズが苦しいのかも知れないとワンサイズ大きいのに買い替えたりもしましたが効果ありませんでした。

事故に合った時は一瞬強く呼吸を止めてしまうことなどから、その衝撃やショックがトラウマとして心身に知らずに残っているという話はよく聞くので(事故だけでなく虐待を受けた子どもなどの場合、親からの攻撃時に息をつめてしまうことが習慣となり、エネルギーセンターの流れがブロックされたまま成長しやすいのだとか)、尾てい骨を打ったことを思い出してなにげに友人に話してみたところ、「それ、めっちゃ大事なことやん!」と(笑)

手術は一応決まったのですが、彼女は「それまで出来るだけのことをやろうよ。一週間に一度でも毎日でも来て! 料金も相談に乗るから!」みたいなことを言ってくれるわけです。(いやいやいや、プロに施術してもらうんだからちゃんとお金払いますけど)
私自身は前回のセッション(ヒプノなど)を受けた後で、新たに珍しい筋腫のことを告げられてまた振り出しに戻ったような気分になり、病気に対する不安のことや食事療法にイッパイイッパイで、正直なところインナーチャイルドやその時浮いてきた自分の課題などどこか遠くに飛んでしまっていたのですけど、友人はその後もずっと私の課題について考え続けていてくれたそうです。
彼女のブログに書かれていましたが、自分自身も知り合いのヒーラーさんにセッションを受けるなどしていたところ、「ユカリちゃんの課題だと思っていたことがそっくりそのまま自分の課題だとして言われた」という不思議な体験もあったようです。

「もしかしたらユカリちゃんの参考になるかも知れない」と、今日はたくさんの本を用意してくれていました。
「これ良い本だよ」って単に本を渡すというわけじゃなく、本の中のどこに何が書いてあるかとか、この部分が良かったよとか、あれこれ本を広げつつ説明してくれるのを見ていると、彼女が私の体(あるいは課題)について考えながら探りながら本を読んでくれたことがわかって、ちょっと泣けました。。
感謝しつつも、書いてあることにちょびっと反論してしまった自分もいるのですが(- -;)

で、驚いたのは「ユカリちゃんに使おうと思って衝動買いしてん!」と指差す方を見てみたら・・
なんとそこにはカーボン光線がっ!

okimuffさんに以前教えてもらって興味が湧き、中古品を探していたのですが、ジュース作りと食事療法で手一杯になってしまいそれきりになっていた光線治療器・・。
それが目の前にーーー!

1267127490.jpeg


「お客さんに貸し出したり出来るから買っても損はない」と彼女は言いますけど、10万円を超えるブツですよ・・。
通風と子宮筋腫には特によく効くと整体の師匠から教えて貰ったそうなのですが。
私に使えるようカーボン3種類まで揃えてくれていました。

光線治療器は明日送ってもらうことにして(手で持って帰るには重すぎますねコレ。でも彼女は今日家まで一緒に持っていく!と言ってくれました)なんだかもうこの際この流れに乗ってしまえーということで、先日彼女がセッションを受けたというヒーラーさんのところにもその場で予約を入れました。
彼女に同伴をお願いしたらオッケーということなので、楽しみです。
HPを一度ちらっと見ただけで、どんな人だか何をする人だか全然知らないんですが。爆
ただ、使っているカードがトートタロットであるというところに、去年自分で引いたトートタロットの縁を感じたりしています。
トート大好きだしカードセッションで何か得られるものがあればなあと。

2月24日

2010.02.24 15:23|日常のこと
頂いたお花を玄関に飾っています。
訪ねてきた人やちらっと見た近所の人からとても好評だったのでお花の写真を再アップ。

お花をくださった本人に送ったモノです。
コデマリがいい雰囲気。
淡い色なので暗めの場所に置くと絵画っぽくて良い感じです。
私もこんな花束を組んでみたいなあ。

1267008424.jpeg

2月23日

2010.02.23 15:25|日常のこと
20日の誕生日を挟んだ数日間、猛然と部屋の片づけをしておりました。疲。

お店をやめたのに仕事部屋がそのまんまになっていて、書類やら伝票、梱包資材、アクセサリーパーツなどなどがまだたくさん残っています。
開腹手術をしたらしばらくは重いモノを持ったり出来ないらしく、それなら今のうちに・・と手を着けたところ、仕事部屋だけでなく台所まで片付けることに。
毎週送られてくる無農薬野菜とジュース用の人参5キロやリンゴなど、いよいよ置き場所がなくて困って、こちらも今のうちに場所の確保をしておこうと。

そうそう、先日ダンナがいつもの病院で血液検査をしたのですが、血圧、コレステロールなど高かった数値がすべて標準値ギリギリのラインまで下がっていました。
今回悪ければ薬を出そうと思っていたらしく、医者がかえって「何をしたのですか」と質問したそうです。
体重も約5キロ落ちました。
これなら薬は要らないでしょうということで、念のためまた三ヶ月後に検査を。

これまで何をやってもダメだったので嬉しかったのですが、逆を言えば、ここまでやらないとダメなのか・・という気持ちもします(笑)
動物性タンパク質をやめて菜食と野菜ジュースを中心に、徹底した栄養管理をこの一ヶ月半やったのですけど、本人もアメ玉ひとつ舐めない努力をしていましたね。。ちょっと可哀想です。
今とっているタンパク質は、麩や大豆などの植物性です。
健康を考えた時、最後に行き着くのはやっぱり和食だということが今更ながら驚きです。
昆布やひじき、麩、納豆、豆腐などなど・・。

ところで私の病気の検査結果。
珍しすぎて、テキストで置くのははばかられるので、先日貰った結果を写真に撮ってみました。

この「------の疑い」というのが珍しい筋腫のことらしいです。
1266912267.jpeg

診断内容は
1266912279.jpeg

何を書いているのかさっぱりわかりません(- -;)

とにかく「全摘して、丸ごと検査しないとどうにも言えない」の一点張りです。
一方で、卵巣を残そうかなどと呑気な発言もありますし、なんだかなーという感じ。
これなら大学病院で診てもらったほうが良いような気もしますが、今更だし。。
珍しい難病などに罹った人が、どこの医者に診てもらっても自分が何の病気なのかわからなくて困惑する。。みたいな話がありますけど、それに近い気分のような気もします。
来年の誕生日には生きているのかなあと漠然と考えていたら、かなりイヤーな気分になりましたね。

話が暗くなったのでお誕生日にもらったお花。
特に欲しいものがなかったので、ダンナには外出先で目に付いたジジのぬいぐるみを買ってもらいました(笑

1266912289.jpeg

2月13日

2010.02.13 19:41|日常のこと
今日は、先日受けた組織診の結果を聞きに病院へ。

実は先週にすでに結果が出ていたのですが、この検査ではついに「単純型子宮内膜異型増殖症」の『異型(の細胞)』がなくなって、ただの単純型の増殖症となっておりました。
体ガンだーー!と大騒ぎしてこのブログでもいろいろご心配&ご迷惑をおかけしましたが、いったんは体ガンと診断されたものの結果的(?)には体ガンではなかった(ひょっとしたら本当にガンが消えたという可能性もありますけど)というなんとも不思議な結果になりました。

ありがとうございました!! <(_ _)>

で、ですね、ここらへんがいかにも私の人生らしいなあと思うのですが、この検査で新たにわかったことがありました。
私は筋層に8センチほどの筋腫と、粘膜下に2〜3センチの筋腫があるのですが、その内膜に出来ている筋腫が非常に珍しい筋腫なのだそうです・・。
稀すぎて、「日本語でなんて言うか知りません」と言って医者が英語で名前を書いてくれました(- -;)
で、やはりこれが異型細胞を伴っているらしいです。

つまり結果はやはりグレーというか、はっきりと悪性でもなし、かといって良性でもなしということで・・。

なんだってこう曖昧な結果しか出ないんでしょうか!!

特殊な染色検査をしてもらったのですが、今できる検査のこれが限界なのだそうです。


昨年の10月以来ずっとグレーの判定が続いていて、毎回これでは精神力も持ちそうにないし、出血量もこのところ重い生理が長引いたり、いつグレーから黒に転落するかわからない今の状態では予定も立たず気持ち的にもなんだか見通しの立たない中途半端さにイライラしているので、思い切って手術することにしました。

医者も丸ごと摘出して全部を検査にかけたほうが良いと強く勧めるし、ほんとは切りたくないのですが決着をつけるため思い切りました。

急ぐ手術ではないので4月12日と先の予定です。
卵巣は取っても取らなくてもどちらでも好きにしていいそうで、「卵巣取るのは手間も時間も変わらないから、手術前日までに決めておいてね。当日言ってくれてもオーケー」ということでした・・(- -;)
子宮はよいとしても卵巣は問題だ。どうしよう。
今取っておけば、のちのち卵巣ガンの心配がなくなるのでそれはそれでいいような気もするし。。
異型細胞がこれまで何度も出ているのだから、私の場合完全に健康な子宮ではないわけで、その付属器である卵巣もこの先わからないしな。。悩みどころ。

手術は開腹で2時間程度で終わるそうです。

良い意味でも悪い意味でも、なんでこんなことが?という偶然のようなことが私はよくあるのですけど、ホントに、この先は平凡で穏やかな人生を希望しますね。。。
稀だとか珍しいとか変わってるとかなくていいいです、普通でいいです普通で。