ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

12月30日

2010.12.30 17:34|日常のこと

いろんな事があったので、今年は本当に一年が早かった。。
これまでの人生の中でも異色と言っていいくらい、変わったことが多かったな・・。

昨年から病名が二転三転し春には手術。
春から初夏の一番良い季節には家の中で傷が癒えるのをゴロゴロと待っていて、主人の母が変死という形で発見されたり、夏には目も開いていない赤ちゃん猫を拾い、秋にはようやく落ち着いて余裕が出たけれど、間もなくさんちゃんが体調を崩して通院。

先日永ちゃんのライブに行き、毎度の如く「これで一年が終わった…」としみじみしていたのだけれど、その後、思いがけず昔の仲間と交流を再開することになったり、さんちゃんが突然激しい嘔吐と下痢を繰り返して点滴の日々に突入したり。
(今度こそはダメかも・・と思ったけれど、なんとか持ち直した様子)

実家が火事になった年のようにすごく大変だったり、保証人トラブルが起きた年のようにすごく辛かったりしたわけじゃないけれど、とにかくとても不思議な一年だった。

東京で学問に励む青年と、毎年「年頭には今年の漢字ひと文字を決める」という恒例行事をしているのだけれど、今年私は「開」という文字にしたような・・。
確かに腹は開いた(笑)
何がどう開かれたかは今の段階の自分ではわからないけれど、2010年は確かに私の心の中に特に強く残る一年になったと思う。

2011年の「今年の一文字」はまだ考えていない。

1278267284.gif

ここでお礼を。

今年ほどたくさん「ありがとうございます」と言った一年もなかったように思います。
愚痴を聞いて頂いたり、コメントくださったり、本当にありがとうございました。

病気をして凹んだり、チビ達を育てるのに右往左往してヨレヨレになっている時や、さんちゃんことや、ほんとうにいろんな時、私はそのたび救われました。
半年近く、自分が何の病気なのか判明しなくてジリジリとしていた時期は、特にとても大きな励みでした。
(子宮肉腫であった場合には余命わずかとなる確率が高いので絶望した時期もありました)
心から感謝しています。
ほんとうにほんとうにありがとうございました。
私のこの一年は、ひとりではとても辛い一年だったと思います。

来る年も、皆様やご家族の方々が健康で、心穏やかな、明るい光に包まれる一年となりますように。
良いお年を。
来年もどうぞよろしくお願いいたします! 1230361146.gif


12月24日

2010.12.24 17:40|日常のこと

12月10日

2010.12.10 17:42|日常のこと
どんよりした一日。
天気がじゃなくて気持ちが。
何をしても乗らないというか。。
日が落ちてからなんか無性にアイリッシュバーに行きたくなってしまった。


12月9日

2010.12.09 17:46|日常のこと
1_201403221748448e9.jpeg 1291896193.jpeg

先月、奈良の春日大社周辺へ行ってきた。
で、「しかせんべい」を手に持って歩いていたら、鹿が私のコートの裾をくわえて離さなくなるという出来事が。
おかげでダウンコートが鹿のヨダレでベトベトに・・(笑)
ここの鹿はとても人慣れしていて、噛みついたりもせず、ほんとうに可愛い。
街の中も普通に横断歩道を歩いていて笑える。

興福寺の国宝館にてたくさん仏像を見た。
名前のとおりさすがに国宝、重要文化財のオンパレは圧巻。
阿修羅像がやはり人気だった。
大阪にいると京都・奈良が遠足の定番なので、子どもの時に散々見たのかも知れないけど、大人になってあらためてしみじみ見ると、良いものだなーと思ってしまう。



1278267313.gif


先週は兵庫県立美術館にてヴィンタートゥールコレクションを見た。
そんな中、さんちゃんの血尿の治療もほぼ終えて、あとはもう一回検査したら終わり・・という段階になって、またもや血尿が出てしまい、またまた抗生物質投与の日々になってしまった。
抵抗力が弱っていて、ちょっとしたことで膀胱炎になってしまうのだろう。
今回はさらに長期投与しましょうと獣医師から告げられた・・疲。
猫は猫砂の上でオシッコするので、毎回の検査のために採取するのがけっこう面倒なのだ。
さんちゃんがトイレに入ったのを見計らって、ササッと容器を出してオシッコを受け止めなければならない。
一週間に一度の検査だけれど、仕方ないか・・。

1291896208.jpeg

昨年から今年にかけて、姉が癌になったり、自分自身が癌だとか子宮肉腫の疑いだとかかなり凹んだことも多く、退院してすぐにダンナの母親が遺体で見つかったり、さんちゃんの病気についてあれこれ調べたり、そうかと思えば生後間もない小さな赤ちゃん猫を拾って育てたり、なんだか「生きること死ぬこと」について考えることが今年は多かったように思う。
そして12月もここへ来てまた訃報を聞いた。昔の仲間内の自殺だった。
私はこのところオフ会に参加していないので直接は知らないけれど、ネット上ではたまに見かけていて、大阪の若手のメンバーなんだなと思っていたところどうも鬱病を患っていたらしく、自宅で首を吊ってしまった。
先日仲間の中心的人物から久しぶりに連絡があり会った。彼もけっこうショックを受けていた様子だった。
亡くなった彼を可愛がっていたという京都の方が「自分が近くにいたら自殺なんてさせなかった」と自分を責める様子がちょっと辛い。
来週もまた集まることになっているのだが。。
会ったこともない私が凹んでも仕方ないことなのに、少し凹んでしまう。
もしオフ会に顔を出していたら何か出来たんじゃないだろうか、鬱のサインを自分なら見抜けたんじゃないかとか、お節介を考えたところで後の祭りなのに考えずにいられない。
だからって落ち込んでいる暇もなく、淡々と日々を過ごしているのだけれど・・。
この土曜日は毎年恒例の永ちゃんのライブだ。
これでまた一年が終わる。

1278267284.gif

オーラソーマはセラピスベイから最後のボトルのトルバドールへ。
トルバドールをシェイクした時の深いグリーンを見て、今回強烈にモルダバイトを身につけたくなった。
それで最近はモルダバイト祭り(笑)
でもこの石に惹かれる時、私の場合必ず難しい課題に直面するんだよな。。
今回のモルダバイト熱の高さに「何か来るぞこれは・・」と感じていたけれど。。