ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

さんちゃんのこと

2011.10.27 17:53|ニャンズ
血尿で病院に通っていたさんちゃんの薬が今日で一応終了しました・・。
今回も長かったなーー。
とりあえずは抗生物質が効いてくれるので投薬すれば落ち着くけれど、たびたび血尿になる原因がわからないので先生もいつも手探り。

ボケてしまって分からなくなったのか、最近は「さんちゃん!」と呼びかけてもまったく反応なく、しらーっと違う方を見ている事が多くなりました。
何度呼びかけても返事もしないし、目を合わせようとしません。

日頃感傷的にならないダンナが「さんぺいは、もう自分のことが「三平」ってわからんようになったんかな〜。さびしいなあ切ないなあ」としきりに言うので、楽しく一緒に遊んでいた頃の記憶を頭の隅にちょっぴり置きつつレイキを流してみたら、一昨日から昔のように「ニャー」と返事をしてこちらを見返すようになりました。
そうだよねえ・・。
「さんちゃんは病気だから」という気持ちを飼い主が全面に出していたら、逆に元気もなくなるだろし返事もしたくなくなるよな。。ごめんね、さんちゃん。

月灯り

2011.10.18 18:19|日常のこと
1

季節が行きつ戻りつしているような感じで、このところ寒かったり暑かったり・・・。
桜が間違って開花しているとか、セミが鳴いているとか、そんなニュースも見ました。

10月に風邪をひくことなんてあまり記憶にないのですが、うっかり半袖で過ごしたりして、私も主人もちょっと風邪気味です。

でも! 気温はちょっとヘンでも、見上げる空はまさに秋。
夕焼け写真をまた撮りに行きたいなと思います。
-----------

とあることがきっかけでずっと気仙沼の方のブログを読んでいます。
震災後はもちろん更新が途絶えてしまい、とても心配しました。
しばらく経ってブログが再開されているのを見つけた時は本当に嬉しかったです。
「僕は、生きています」
そこには短い言葉が綴られていました。

その方が、月の明かりだけで撮った写真をyoutubeにアップされていたのでご紹介を。
(youtubeで直接ご覧の場合はこちらから)


出来ればたくさんの方に気仙沼のこの夜空を見て頂きたいので、ご賛同いただける方がいらっしゃいましたらブログ等に貼って頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

line17

笑顔

2011.10.14 16:39|ニャンズ
カメラを向けるとそっぽを向いてしまう猫が多い我が家。
ドレミだけはたいていカメラ目線です。

子猫だからカメラに興味津々なのかな?
撮って撮って!と言わんばかりにレンズを見つめます。

ついにはニッコリ笑ってくれました(笑

1

line10

26歳!

2011.10.13 19:24|ニャンズ
1


今日は我が家のちびーず達のワクチン接種でした。
写真は三平に寄り添う小梅。
最長老の「さんちゃん」は、これまで我が家で受け入れたどの猫にも優しく、世話好きで、いつもみんなの人気者です。
(さすがに今では子猫達のお世話をしなくなりましたけど)

ドレミは今回が初めてのワクチンなので帰宅後の様子を観察していましたが、アレルギー反応もなく(猫ではほとんどないのだそうですが)安心しました。

----------------
先日行われた「動物愛護フェスティバル」のお話を先生から聞いて驚いたことがひとつ。
この催しでは、長寿動物たちを大阪市が表彰してくれるのですが、確か大型犬なら14歳以上、猫なら18歳以上とかそういう基準だったと思います。
で、今年はその中でなんと26歳の猫が表彰されたとか!!
26歳って凄すぎます。驚いてしまいました。

「来年、さんちゃんも是非エントリーしましょう、それまで頑張りましょう」と先生がおっしゃってくれて嬉しかったです。

line21

秋のアゲハ

2011.10.07 10:59|日常のこと
1


今朝羽化したアゲハです。

いまのところ、蛹が5頭、終齢幼虫が4頭、3・4齢が2頭います。
最後の子は越冬型(来春に羽化)になるかも知れません。

最近は気温の変化がひどく激しくて、ひょっとして全員越冬型になるかも!?とヒヤヒヤしていたのですが、昨日屋外でアゲハが飛んでいるのを見て「これだったら羽化してもいいはず」と念じていたら(笑)、今朝になって一頭が羽化、他の子達も羽化の兆しが見えてきました。
夏の子達とは違って羽化までにずいぶん時間がかかっています。

玄関に置いているビオラの鉢植えの中にもツマグロヒョウモンの終齢幼虫がいたのですが、昨日死んでしまいました。
ツマグロヒョウモンは南方の蝶なのでもともと越冬するシステムを持っていないんですよね。
幼虫のまま運良く越冬出来た子だけが春になって羽化します。

3


逆光のため、フラッシュを使用して撮ってみました。
クリスタルにとまらせているのが、いかにもヤラセ写真っぽいですけど(笑)

4

line19