パステル・ジョナサン

2

8月度・チャリティのご報告

8月度・チャリティ商品の売上&送金のご報告とお礼です。

チャリティリングやチャームをお買い上げいただき、いつも本当にありがとうございます。

おかげさまで8月は、
riccaさんよりお預かりした売上金&寄付金4,800円と、私の売上&寄付金4,600円
合計9,400円となりました。

クリックで拡大します。
201308_20131227111438cd7.jpg


そのうちの6,400円を「希望の牧場」さんへ、
3,000円をおーあみ避難所のさんの「はんでっ子」ちゃんへ送金させていただきました。

ありがとうございました!! <(_ _)>

リングやチャームだけでなく、また新しいチャリティ商品も製作していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

--------------

チャリティ品ではないのですが、昨日アップし忘れていたフローライトブレスのご紹介をさせて頂きます〜。

f


カットを施した8ミリ玉フローライトと水晶を合わせたスッキリ系ブレスレットです。
この石を見ると「既成の枠を越えて行くのびのびとした自由な感性や表現力、小さな子どもが持っているみずみずしくピュアな感受性」そういった印象がしてなりません。
男性にも女性にも合う石ですし、10代の若者でも歳を重ねた方でもフローライトは心に軽やかな羽根をもたらしてくれます。とても魅力的な石です。

時に私達は、自分が何をしたいかさえわからなくなってしまうことがあります。
結果的に将来のイメージや目標を打ち立てることばかりに力を注いでしまったり、どこの誰が良いと判断したのかわからない既成の枠に自分をあてはめることにやっきになったりします。
確かにそれも人生にとっては重要な成長過程のひとつではありますが、時々思うのです、枠にあてはまらずにこぼれ落ちた部分にこそその人の「自分自身」があるのではないかと。
いえ何も、世間からはみ出してやさぐれても良い、みたいなことが言いたいわけでないのですが(笑)、はみ出してしまった部分の自分に向き合って生きる時、生かそうとする時、その人が持つ本当の光が輝き出すような気がしてなりません。
フローライトがアクセスするのはそういった領域だ、と私自身はこの石を解釈しています。

余談ですが、私は岡本太郎のめっちゃファンで、フローライトを見ると「ああこれがタローだ!」とか思ったりしてます(笑

ひとつ3,500円になります。サイズは若干小さめのMサイズ。今回は3本納品させてもらいました。
硬度が低く割れやすい石なのでご使用の際はお気をつけくださいね。
どうぞよろしくお願いします〜。

2

サンキャッチャー完成です

※ 下記の商品の販売は終了いたしました。ありがとうございました!! ※(2015.10)


『天使のサンキャッチャー』がこのたびやっと完成いたしました!!
1

先日riccaさんのサロンに納品させて頂いたのはこの3種類。
クリア/イエロー/ピンク です。(現在は5色展開です)

s1

s2

s4

s3


30mmの大粒のボールは、スワロフスキー社製クリスタルカットガラスを使用しています。(正規品を証明する刻印が入っています)
オクタゴンカットのスワロフスキーエレメントも8枚使用し、さらなる輝きを添えました。
その輝きの上に舞い降りる天使をイメージしたサンキャッチャーです。

可愛いカラーのついたスワロフスキービーズや、カットを施した天然水晶ビーズも使用しています。
(重量があるため、ワイヤーが抜けてしまわないよう丁寧に加工しております)

本体は40cm。それにプラスして20cmのアジャスターがついています。
最長で約60cmの長さになります。

サンキャッチャーって、「買ったのはいいけど吊り下げる場所や方法がよくわからない」「長さ調節が出来なくて困る」という人が意外に多いようで、製作にあたってかなり試行錯誤しました。

なので!取り外しのきく20cmのアジャスターとS字フックを付属品にすることにいたしました♪

以下は取り付け方法の例です。

s5
カーテンランナーにS字フックをひっかけて、サンキャッチャー先端のリングを通して吊り下げます。
(アジャスターを使うとさらに長くご使用頂けます)

s6
アジャスターのカニカン(留め金具)を使ってカーテンレールに直接取り付け、サンキャッチャーを吊り下げることも出来ます。

商品に添付の取扱説明書にも取り付け方の詳細を記載しております。

価格は1本6,000円です。
丁寧に仕上げた高品質サンキャッチャーです。どうぞよろしくお願いいたします。
部屋中が虹でいっぱいになりますよ〜♪

なお、いっそうの改良のために予告なく仕様を変更することもあります。ご了承くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。