パステル・ジョナサン

2

今日の黒ちゃん

他の子達がいる部屋にちょこっとデビューした黒猫ちゃん。
まだ短時間ですが、これといったケンカもなくマイペースで過ごしています。
(子猫って好奇心旺盛で怖いもの知らずなので案外平気だったりするのですが、突然現れた新入りさんに先住猫達のほうが戸惑うことが多いです)

我が家は「猫は猫同士でなんとかなる〜」と多少のケンカは止めに入らない方針ですが、今は亡きボス猫「さんちゃん」不在の状態で子猫を迎えるのは初めてなので、正直ちょっと不安が・・・。
(猫達みんなに好かれて、いつも子猫の面倒を見てくれたさんちゃんはやっぱり偉大だったなあ・・)

そんな飼い主の不安をよそに、猫部屋でくつろぎまくる黒猫ちゃんの写真です。

201411081a.jpg

201411082.jpg

201411083.jpg

201411084b.jpg


あれ?先住の黒猫ソラよりも大きいような・・。
(写真の上に写っているのがソラです)
実物は1キロちょっとですが写真に撮るとなぜか大きく写ってしまう、謎の黒ちゃんです。

line22

猫を飼い始めて10年くらい経った頃、「自分の飼いたい猫を飼ってもバチが当らないかな・・」そう思って行政からもらってきた猫が黒猫のソラです。

それまでの我が家は自分で拾うか友人が保護した子ばかりだったので、里親募集などで「自分の好きな子を自由に選ぶ」というのが、なんだかもったいないような、私がそうするのは贅沢なような気がして敬遠していました。
それに我が家の住居・家計事情から見ても「5頭が限界」と感じていたせいもあり、あと一枠は緊急時のために空けておこうとずっと思っていました。
でもどうしても黒猫と暮らしたくて「最後の一枠」を使ったのがソラです。
(まあ、結局そのあと8頭まで増えるんですけどね・・笑)

子猫の黒ちゃんを見ていても感じますが、やっぱり黒猫はいいなーと思います。
うまく言えませんけど、黒猫って猫というよりちょっと人間に近い気がするのです。

line22

子猫の黒ちゃんは「アオ(青)」という名前にして、先住の黒猫ソラ(空)とセットで「青空コンビ」にしようかと企んでいたところ、アオという発音は連呼しずらいということに気づいてやめました。
連呼すること多いので・・・。

というわけで黒ちゃんはまだ名無しさんです。

0

パステル和アート(ボランティアセンターでのイベント)

日頃お世話になっている港区社会福祉協議会さま。
いつもボランティア先のコーディネートをして頂いています。

今までは「ボランティアビューロー」という名称だったのですが、このたび「港区ボランティア・市民活動センター」としてリニューアルされることになり、そのオープンに先駆けたプレオープンイベントに私も和アートで参加させてもらいました♪

プレオープンイベントは11月4日〜7日までの開催。
そのうち11月6日の午前中を担当させて頂きました。

今回カフェ風に改装されて、すっごく素敵なお部屋になっていました!


一回のイベントの時間は45分間。先着10名様まで。それを2回やりました。
誰も来てもらえなかったらどうしよう・・とドキドキでしたが13名様にご参加頂けて、嬉しかったです!

今回見本として用意したのは来年の干支、ひつじさん。
先日のデイサービスさんで使用したものよりひと手間増やしたアートです。
でも、「まる」が塗れたらあとは練り消しだけで描ける簡単アートになっています。

201411063.jpg


若い男性・女性の方からご年配の方まで、今回いろんな方に楽しんで頂くことができて良かったです。
めっちゃ簡単なのに可愛いのが出来た〜!という嬉しい感想も頂戴しました。

201411061a.jpg

この日はケーブルテレビさんが取材にいらしていて、私も和アートをやりながらインタビューを受けたのですが、正直パステルだけで精一杯だったのでしどろもどろ・・・なのでボツだと思います(笑

このカフェ風のボランティアセンターで、いつかまた地域の方を対象に和アートをやりたいなあと思っています。

2

最近の黒猫ちゃん

黒猫ちゃんを保護してそろそろ2週間。
今のところ問題もなく元気に過ごしています。

先週は埼玉の友人夫妻が箱根の旅行のついでに(!?)わざわざ大阪まで足を運んでくれました。
(ついでとは言えない距離・・遠い所ありがとう♪)

諸事情あって飼えませんが動物大好きな彼女。特にネコ原理主義者(笑
黒ちゃんもずっとお膝で寝ていました。

f1.jpg  f3.jpg

猫を飼っている友人数名に声をかけ、この黒ちゃんがいかに良い子かを力説して「猫活」に力を入れていますが、今のところ里親さんは見つかっていません。
たぶんウチの子になる予感(笑
私達夫婦の年齢だとギリギリなので迷うところではありますが・・・。

一時預かりや老猫受け入れなら可能でしょうけど、新入りさんの子猫と暮らすことはもうないなあ。。

f5.jpg

この黒猫ちゃん、温厚すぎるほど温厚な性格で人間が大好き。とんでもなく良い子です。
オモチャで遊んでいる時以外はすごくおっとりしています。
これくらいの子は遊びがヒートアップしてくると本気でガブガブ噛んだりもするのですが(成猫になるとだんだんと分別がつきます)甘噛みもすでに心得ています。
まだ保護して間もないので遠慮してるのかな??

元気盛りの子猫がいると普通はとにかく賑やです。

子猫って全力ダッシュで縦横無尽に走り回ったり、カーテンをよじ登ったり、歩いている人間の足をオモチャ(獲物)と間違えて飛びかかってケリケリしたり・・。
飼い主も時々怪我をします。
カーテンから引き剥がす時に引っかかれたり、家具の隅っこに入り込んだのを引っ張り出そうとしたら噛まれたり、高い所に登ってしまって降ろそうと抱きかかえると無情にも足蹴りをくらったり・・(笑

ずいぶん前の話ですが、ネットや写真集などで見る子猫の愛らしさに惹かれてとある主婦の方が子猫の里親さんになったのですが、いざ迎えてみるととにかくヤンチャで(当たり前なのですが)、小学生の息子さんが噛まれてしまったことに激怒、半年経った頃には我慢も限界に達し、元の保護主さんに「返品した」ということが身近でありました。

他にも「純血統の猫は品があって大人しい。雑種の猫は野生のままだから粗野でキツイ」という勘違いをしている人もいましたが、いやいやいや、こんなお悩み記事もあるように、たとえ長毛種だって子猫のうちは多少ヤンチャなものだと思います。

優れた身体能力と狩りの本能を備えている動物なので、その身体を鍛える子猫時代にゴロゴロ寝てばかり・・というわけにはいかないことを、子猫を迎える人は知っておいたほうがいいんじゃないのかなと思ったりするのです。
「ヤンチャで手がつけられない」「写真で見るような『こねこ』のイメージと違う」「すぐに噛むから撫でたい時に撫でられない」という理由で手放してしまう人も減ると思うんですけどね。。

現時点では大人しい黒猫ちゃんも、今後どうなることやら〜楽しみです!(笑

0

パステル和アート(ボランティア)

昨日は和アートのボランティアをさせてもらいました。
とっても雰囲気の良いデイサービスさんです。

予想していたより大人数でちょっとバタバタ(笑
見本も足りなかったのでカラーコピーしてもらうという・・。
スタッフの方が大勢手伝ってくださったのでとても助かりました!

来年の干支、ヒツジさんのアートです。
出来るだけステップを減らして簡単に描けるヒツジさんにしたのですが、昨日行かせてもらったデイサービスさんには元々手芸や工作、アートが好きな方達が集まっているそうなので、もうひと手間加えた図案にすれば良かったかも・・と思いました。

今やらせてもらっている閉じこもり予防の講座やボランティア先などでは、たいてい「絵を描くの苦手やねん〜〜いやや〜」といったお言葉を頂戴することが多いのですが(笑)昨日はおひとりもいらっしゃいませんでした。さすが!

2014111.jpg

0

パステル曼荼羅アート伝授

昨日はパステル曼荼羅アート伝授でした。
ブログをご覧いただいて、パステル初挑戦のMさんがお越し下さいました。1230361030.gif

これまで絵を描くことにはまったく無縁で・・とのことでしたが、今回なんとなく気になってチャレンジされたのだそうです。
どの曼荼羅もとても印象的。そして、とろけるようなカラーです。(上段がMさん)
3枚の素敵な曼荼羅が誕生しました!


(以前は単色の基本編を2枚描いてもらっていたのですが、今は2つのステップを1枚にまとめています)


ピンク色の宝石のようなMさんの一枚目。
「変化」というタイトルになりました。
中心からさまざまに光がのびてとっても美しいです!

b2_20141102145448b00.jpg


2枚目はお好きなカラーで塗ってもらいました。
濁りのない澄んだカラーの中に浮かぶ十字の光と、優しい印象の曼荼羅が誕生しました♪

b4.jpg

いよいよ最後の曼荼羅です。
アドバイスなしで、おひとりで描いて頂きます。
Mさんが持って来てくださった音楽はクリスタルボウルのCDで「ALPHA」。
いつも瞑想の時にお使いなのだそう。
これを聞きながら描いて頂きました。

私もこのCD、ずーっと前に買って当時愛用してたので(その当時はクリスタルボウルの演奏を直接聞ける機会なんてなかったですし…)とっても懐かしく聞かせてもらいました!!

誕生したMさんの曼荼羅がこちら。

b5.jpg

うおおーー!
さっきまでと雰囲気がガラリと変わりました!
しかも、パステルの粉って初めて使う時はなかなか画用紙に濃く入らなくて薄くなってしまうことが多いのですが、しっとりととろけるようなカラーなのにも驚きました。

黒が使ってみたいとおっしゃったので、どうぞどうぞ♪と喜ぶ私(笑
パステル曼荼羅はキレイな模様を描くためのアートではなくて、心を深呼吸させるためのワークでもありますので、その時ピンと来た色を使って自由に曼荼羅を開いていくほうがいいんです。

タイトルもまさに「自由」。
万歳している人達に囲まれたような曼荼羅になりました♪

お仕事のことでちょうど変化期にいらっしゃるMさん、どうぞこれからも自分の軸としっかり繋がって自由に楽しんでくださいネ。

曼荼羅アート伝授にお越しいただきありがとうございました!

1278267284.gif

b6.jpg
今回の私の曼荼羅はこんな感じでした。

該当の記事は見つかりませんでした。