ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

今日のパンチ君

2014.06.28 22:28|ニャンズ
人間の子供も動物の子供も「昨日まで出来なかったことが今日は出来るようになった」というような、とても早いスピードで成長する時期があると思うのですが、年老いてくるとやはり同じように「昨日まで出来ていた事が今日には出来なくなった」と同じようなスピードでガクンと衰えるんだな・・って、老猫を見ていて思います。

1_2014062820181434c.jpg

今日はまったく食べなかったパンチ君。水を少し口にする程度。
一昨日までは日に何度も爪研ぎをするほどだったのに、今日は歩くのがやっとです。
そしてお気に入りのベッドではなくて、風通しの良い和室の畳の上に寝転がるようになりました。
(さすがに畳の上で粗相をされては困るのでビニールシートを敷きました)

冷たいところを好む時、おそらく低体温になっているのでしょう。
こういう時は獣医師から「とにかく温めて!」と言われるのですが、毛布などかけて温めようとしてもたいてい嫌がられてしまいます。低体温になるほど冷たくて涼しい所を好むのです。(私の経験上ではそうでした、という話ですが…)

いつものようにレイキを流しましたが、どれだけ手を当てていても「溜まった感じ」がしなくて、パンチの体を素通り(私の感覚的な話で、これが正しいのかどうかわりませんが…)していくような気がして、先日までとは何かが違います。。
そんな時に思い出したのが「コウケントー」ですよ! 光線治療器ですよ! 痛い時しか思い出さない器械です!(笑) 引越してから一度も使ってませんでした!

2_201406282018386e3.jpg
見た目が怪しいですが、効きます。


もちろん寿命が延びるような魔法の道具ではありませんが、レイキ同様、人間も猫もお世話になってます。

1278267284.gif

まるで着陸態勢に入ったように、命がそのエンジンの回転数を落としながらゆっくりと高度を下げつつある今、無理に口をこじ開けて栄養剤を流し込んだり、入院させて静脈点滴とかはもうしたくないなあと思うのです。
(もちろん、何もしてなくていい放置すればいいという意味ではないですが・・)

とりあえず、やれることだけを頑張ります〜。

コメント

パンチちゃんにレイキ送るね。

ぬおおおおーーありがとです!
いや、というか、リッカさんめっちゃ忙しいんじゃ・・。
感謝です!

私がやっても情が先走ってしまうのか、なんというか、パンチの体がもう透き通ったガラスのような感じでなんかスースーと素通りする感じなのです。。
非公開コメント