涼しくなってますます昼寝率アップの幸助氏。寝る間も惜しんで寝ています(笑
無駄にしっぽが長いのが特徴です♪



1278267284.gif

先日のワークショップ当日、早めに来てくれたつきみかちゃんと自宅でプチ同期会をしました。

つきみかちゃんの提案でハロウィンを描こう♪ということに・・・。
しかし。
描こうとしても、ハロウィンとまったく縁のない私。
「自分の中にないものは描けない」という言葉通り、ほんとーに何も浮かびません ´Д`)丿アワワ
ハロウィンに興味も持ったことがなかったのです。

子どもがいればまた違うと思うのですが、私の世代でハロウィンってピンと来ないですよね・・。
ところが14歳離れているつきみかちゃんにとっては「クリスマスと同じくらいメジャーで、楽しみな行事でした〜」なのだそうです!
おばちゃんビックリですよ!(笑
結局、カボチャなのかバスケのボールなのかよくわからないものが出来上がりました 

2014090931.jpg

気を取り直してハロウィンシリーズ2枚目。
ハロウィンと言えばこんな感じ?
大好きな映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」みたいな感じ? と思いつつ、描いたアートです。
私のハロウィンのイメージはこちら↓


これがハロウィンのイメージとして妥当かどうかは別にして(笑)私の映画の趣味の悪さは酷いらしく、同じくティムバートンの「スリーピー・ホロウ」も大好きなんですが、先日とある女性との会話中「映画館で見てる時吐きそうになって大変だった」というエピソードを聞いて「や、やっぱり私の趣味は隠しておこう!」と決意をあらたにした、ということがありました(笑

そんな私が描いた2枚目は、自分でもすごく好きなアートになりました。
タイトルを何にしようかなと考えていたら「マイホーム」という言葉がポンと浮かびました。

パステル和アートではたまに「赤い屋根のメルヘンチックなお家」のモチーフが登場するのですが、実は私は描くたびに違和感があって「ここに自分は住んでないなー」という気持ちで描いていたのです。
赤い屋根の家が描かれへんねん〜という悩みを日頃つきみかちゃんに打ち明けていたので、この2枚目のアートを見たとたん
「ゆかりさんっ!ゆかりさんは赤い屋根の家じゃなくてここに住んでたんですねー!」って大爆笑(笑
うん、うん、そうだと思うのです。
お菓子の家のようなところじゃなくて、たぶんここが「ホーム」なんだろうなと思うのです。
ダークファンタジーがすごく好きだし。

描いていくと自分の中のいろんなストーリーに出会えて面白いです♪
つきみかちゃん、今回もありがとうございました!