ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

2012年のこと(その2)

2012.12.31 08:11|日常のこと
無駄に独白調の長文が続きます(笑

-----------------
7月に入り、さんちゃんの容態はいっそう深刻になりました。
排泄時、私が身体を支えていればなんとか自立できていたのが出来なくなり、力なく崩れるようになりました。
おそらく最後の筋肉もなくなってしまったのでしょう。
脱水状態も進んできました。
皮膚が薄くなって破れてしまうため、すでに点滴は出来ない状態です。
一日の間に何度か痙攣の発作も起こすようになりました。

それでも彼は、食欲だけはあったのです(笑
いや、そこは笑うところじゃないだろうと思いつつも、18年間さんちゃんのその食欲の凄さを見て来た私としてはやっぱり苦笑してしまうポイントです。
とにかく良く食べてくれました。
(昨年12月に亡くなったモンタ(17歳・慢性腎不全)の時は、どんどん食が細くなってあっという間に死んでしまったので、あの時のような「お願いだからなんでもいいから食べてよ(T_T)」という絶望的な気持ちになることなく、さんちゃんはそういう点ではとても楽な看病だったと思います)

あれほど毎夜大きな声で鳴いていたのに、7月に入ってからは口を開けるばかりで声も出なくなりました。
呼びかけに対する反応も日に日に鈍くなり、視線はどこを見ているのかわからず、私の声が聞こえているかいないのかさえ判断できなくなっていきました。

ところが亡くなる前夜、主人が声を掛けながら丁寧に頭を撫でていると、まるで長い夢から覚めたかのように反応が戻ってきました。
目で私達を追い、ニャアとかすかに声も出ました。
さすがにもうこの時には食欲もなかったのですが、試しに鳥のササミを鼻先に持って行き嗅がせてみると、ガバッ!と顔を持ち上げて私の指に噛み付かんばかりの勢いでガブガブと食べ始めました。。
しんみりしていた私達も思わず「ちょ。ちょっとアンタ・・( ̄▽ ̄;)」という感じです(笑
それが最後の食事になりました。

夜、いつものように私の枕元のすぐ側にさんちゃんの寝床を置き、その日も夜中に何度か彼の様子を確認しました。
私が「さんちゃん」と声をかけると、その夜は声が出ないまま口を開けて「にゃあ」と反応がありました。

次の朝、8月29日の10時過ぎ、旅立つ直前までそのハッキリとした反応は続きました。
何が言いたかったのかなあ、最後まで「腹へったにゃーなんかくれー」だったのかも知れませんが(笑)どんな言葉であれ、最後まで応えてくれたことが飼い主にとっては何より嬉しいことでした。

苦しむ様子もなく、穏やかな最期でした。

火葬は当日の夜に。
平日だったため昼間主人が立ち会えないので、夜になって火葬車に来てもらって執り行いました。

その後疲れがドッと出て、それ以降の2週間ほとんど食事が喉を通りませんでした。
あまりそういう経験がなかったので「喉を通らない」って本当にあるんだ。ドラマみたい・・と思いました(笑
本当ならしばらく休んでいたいところなのですが、引越しを控えているので手続きやら荷造りやら新居の掃除やらで忙しく動き、残暑の厳しさも相まって、よくぞ倒れなかったものだと今になって思います。

結婚して初めて住んだ家に、3ヶ月経った頃やって来たさんちゃん。
その家から出て行く3ヶ月前に彼は旅立って行きました。

「この家はなんつうか・・私らが住んだ家というより、まるでさんちゃんの家って感じやねえ」
そんなふうに思いました。

モンタとさんちゃんの思い出が多すぎて、玄関を開けると今も2匹が飛び出してくるような気がするのです。

ずいぶん悩んで、心底悩んで、私達はこの家も買い取ることにしました。
家の持ち主は私の母ですが、11月の時点ですでに不動産屋との間で売買の話はついており、ギリギリまで迷いに迷って「その話、待ったー!」と持ちかけました。
母親相手に値段交渉するなんて思いも寄りませんでした。
(残念ながら、アナタにあげるわよ〜というような甘い母娘関係ではありません・・)

さんちゃんの通院や介護にお金がかかり、さらに新居に引越し、そのうえもう一軒買い取り・・・。
超レトロな古家なので安い価格ですがこれはけっこうキツイ。
でもどうしても手放すことが出来ませんでした。

司法書士の先生を頼むと費用が高いので、登記の手続きは自分でやり(法務局に何度も行きました。窓口の方の説明がとても親切で泣けました)それらすべてが終わったのが12月の14日でした。
登記の日付はモンタの命日の12月5日付けで提出。

昨年の12月から今日この日まで、考えればすべて目まぐるしく、長い長い道のりでした。

先日、事情を知る友人が「見た目弱々しいのに、いっつも力技出すよねえ」と言ってくれたのですが、「弱々しくて悪かったな!」というのはさておき(笑)きっとそれはいろんな人やまわりのモノが、みんな少しずつ力を分けてくれるおかげだと思うのです。
そうでなければ説明がつきません。私はほんとうに弱っちい人間なので本当ならどこで倒れていてもおかしくないのです。

誰にありがとうを言っていいのかわからないくらいなのですが、とにかくありがとうを。
誰かに、どこかに、いつかに、その全部にありがとうを。
それから、ありがとう2012年。

-------------------
長くなりますが(てか、こんな長文誰か読んでるのだろうか!?)最後に「老猫の介護」で検索してここのページに縁された方がもしいるのなら、ぜひ個人的な意見のひとつして置いておきたいことがあります。

私自身、右往左往する中で、ネット上に書かれていることをたくさん参考にしました。

ネット上には病猫や老猫、障害猫に献身的な看病・介護をしている方がたくさんいらっしゃいます。
何年間も毎日の点滴を欠かさない方とか、世話のために仕事を辞めた方とか、通院のために病院近くに家を買った方とか。
そういう方の奮闘ぶりを読んでいると、頑張ろうと思う反面、自分はダメなんじゃないだろうか、もっと出来ることがあるんじゃないだろうかと凹むことも正直多かったです。

一回の点滴通院は(さんちゃんの場合)3千円ほどでした。それを毎日すれば月に約10万円ほどになります。
確かに毎日するのが望ましいのですが、私にはそれだけの余裕はなく、週に1〜2回でした。
そうなると、ネットにあがっている方達と比べてなんだか自分は猫飼いとして失格のような気持ちに陥り、老猫の介護に関する記事をあげにくくなったのです。
獣医師から「ネットはあまり見ないほうが良い。神経質になりすぎることがあります」と言われたのも、こういう意味もあったのかも知れません。

今は、満足な介護が出来なければ出来ないでもいいのではないかと思うようになりました。
時間的・体力的な問題、それから費用の問題もあります。
私が通っている病院の獣医師は、(慢性腎不全のための)点滴を続けることもあまり勧めませんでした。
「飼い主さんの気持ちはわかりますが、動物として自然に逝かせてあげるのもひとつの手段です」と。
それから安楽死について「ひとつの選択として考えておいてください」とも。
そしてこう付け加えました。
飼い主さんがこれでいいと思ったやり方が、さんちゃんにとって一番いいんです、と。

時間も体力もお金も投げ打ってやれることを全てやることのみが愛情とは言えない気がします。
今もし、消えそうな命を前に自分の不甲斐なさを感じてる方がいらっしゃったなら、どうか心を痛められませんように。
いっぱい名前を呼んで、いっぱい撫でてあげてください。
それに勝る治療はきっと他のどこにも見つけられません。

苦しい時もあるでしょうが、同じ時間を分かち合ってください。
そして見届けてあげてください。

2匹の老猫を見送って、今はそう感じています。
-------------------
来年もまったり更新ですが、どうぞよろしくお願いします。
良いお年を。
そして私達みんなの2013年が、温かで笑顔あふれる一年となりますように。

20121231

コメント

オレが読んでるし(笑

さんちゃん、こんにちは。
相変わらず可愛いねぇ(^^)
そちらは寒くないですか?
もんちゃんとぴったりくっついてぬくぬくしてね☆

少数意見だろうし、私の個人的意見なんですが。

過度な延命はエゴそのものに感じる時があります。
それは、人であれ、動物であれ、何でも。
どこからが過度?と問われれば「自分のペースを全て覆す程」かな。
ダンナの介護をしている中でそう思いました。

人それぞれなんで良い悪いではないんです。
でも、生きて行く事のトータルバランスは大切なんじゃないかなと思います。

大好きな飼い主さんがどんどん疲弊して行く姿は、猫ちゃん達の心を傷めると思います。
猫ちゃんの立場で考えたら、ムリし過ぎる介護は少し減らせるような気がします。

心痛めて早く旅立とうとする仔もいるんじゃないかなとか、物凄く痛く辛いけど望まれる限り生きないと!って頑張り過ぎる仔もいたりとか。
一途な動物を見ているとそう感じる時があります。

なんかね、それって双方ともに悲しいなって思います。

何だか、ツラツラ書きましたが。
ジャスパーさん、今年1年本当にお疲れ様でした!
来年は少しのんびり出来ますように☆

良いお年を☆

ここにいたー(笑

おおー。読んでくれている人がここにいた!(笑

さんちゃんともんちゃんはきっと今頃、
初夏のように爽やかで明るくて暖かいところにいるんだろうなあ。

家の中という、動物にとっては不自然な環境の中で飼うことそれ自体がそもそも人間のエゴなんですよねえ。
その状況でその子にどんな最期を選ばせてあげられるのかが、自分のエゴに対するオトシマエという気もします。
riccaさんが書いてくれたように、力量以上の過剰な治療になってしまうと悲劇的かも知れません。。
安楽死などで安らかに逝かせてあげるのも飼い主の仕事かな、と最近は思うようになりました。

まあ、年の瀬にこんな濃いコメントを展開しているのはオレらだけ、ってことで(笑

riccaさんこそ、今年はお疲れさまでした!
おかげさまで私もなんとか乗り切りました。来年は少しのんびりします!
お互い、良い一年にしましょう(^^)

あけましておめでとうございます(小声)

ジャスパーさん、昨年はおつかれさまでした。
今まで誰にも話していなかったことを書きます。

実家で家族で何事もなく暮らしていたとある日に、ある猫が志願してきました。

その時複数の猫が家にもいたので、母は「ご飯はあげるけど、まだ一緒にくらすことは
できないの、ごめんね」こう言いながら、一か月たったころ、若い猫が交通事故で
突然亡くなった日の翌日、その猫がやってきて大きな声で母に「にゃあ!」と力強く言ったのです。突然の悲しみを察するような、なんともいえない声だったそうです。

そして亡くなった猫と入れ替わるように、家の猫になったのでした。

その猫は我が家の周辺の猫たちをまとめる存在でしたので「ボス」とだれもが呼ぶようになりました。喧嘩がどこかであれば、仲裁に行き、決して他の猫に喧嘩をうることもなく、力のない弱い野良猫に慕われていました。ご飯の時間になるとその野良猫たちがやってきます。
すると親猫のようにもらったご飯を猫たちのところに運んで行ってご飯をわけてやるのです。
猫がもともと嫌いだった父も、帰宅すると必ずボスが家族より真っ先におかえりなさい、と挨拶するので、ボスは父からも可愛がられていました。

父が突然亡くなった時も、ボスが家族によりそってくれてその後は、一家の支えだったと思います。でもボスも老いには勝てませんでした。いつしか血便をするようになりました。そして
どんどん痩せて行きました。母は「うちにくるまで人間たちから大変な思いを受けてきただろうから今回は何があっても病院には連れて行かない。寿命がつきるまでそばにいてあげることが一番だと思う」そういって私たち家族は断腸の思いで見守り続けました。

そして大みそかの前の朝、一年前から家族で近場の旅館に旅行に行くことを決めていました。
ボスの容体は小康状態でした。家族でキャンセルしたほうがいいのではないか、そう話し合って
見送ることを決めた直後、ボスがどうしても外に行きたい、というのでだしてやりなかなか帰ってこないので、見回りに行く元気があるのなら大丈夫だろうと、二泊のところを日帰りにして目的地に行くことにしました。
家の周囲にはボスのお気に入りの場所(休憩所)が沢山あり、その年はとても温かかったこともありました。
思えば家族は疲れ切っており、近場で少し休養したいという母の思いでそうなったと思います。
でも、やっぱり気になるのですぐとんぼがえりをすることになったのですが、
数時間離れて帰ってきたものの、ボスは帰ってこないまま、何度も探してもどこにも姿がありませんでした。

結局、ボスの最期を看取ることはできませんでした。

あの時離れていなければ、と何度悔やんだかしれません。
数年後母も病で入院し、猫を家に入れることはもうボスで最後になる・・はずでした。

ある日子猫が家の庭で鳴いていて、気になって家の庭にでてみると、やせほそった小さな子猫が
私を見るなり駆け寄ってきて離れようとしませんでした。
母に相談すると、反対すると思いきや、「案外、ボスが連れてきたのかもしれないよ、責任持てるなら飼ってもいいよ」
と言うのです。ずっと実家で一人でしたし、母もまだ当時は元気で、子猫を育てる余裕はあったので子猫は「みい(みーたん)」と名付けられ、現在に至ります。
そしてみーたんだけだったはずが、トンデモナイ出会いをして「りん」も家族になりました。

私は小さなころから沢山の猫たちを育て見送ってくってもきましたが、今までを振り返って思うのは、猫たちは猫たちで、「テレパシー」を飼い主に送っているのではないか、と。
それを無意識に飼い主は受け取って、「猫が望む最期も、案外猫たちの望んでいるように選択して」いくのではないか、と。

どの選択が最善か、はそれぞれだと思うので、なんともいえないですが、またあの世で猫たちに再会できる喜びがあることがあると思うので、それを楽しみに猫たちが心配しないように一生懸命生きることを誓っています。

ながながとすみませんでした。

今年は沢山の喜びがある年になるといいですね☆彡

良い年になりますように!




おめでとうございます

お返事がすっかり遅くなってしまいました!すみません〜。

新年おめでとうございます。
昨年はいろいろとお世話になりました!
今年もどうぞよろしくお願いいたしますー。
あすかさんや昨年ご結婚された弟さんご夫婦にとっても実り多い一年でありますように。
ダンナ様ともいっそう仲良くね♡

「ボス」のお話、まるでその光景が見えるようにしみじみと読ませてもらいました。聞かせてくれてありがとね。
あすかさんは小さい頃から猫と一緒だもんね、きっといろんなエピソードがあるんだろうなあ。
最期を見届けられないのは悲しいけれどそれがその子の望んだことなら、やっぱりそれが一番なのだろうと感じますね…。
今更ですが、猫はほんとうに不思議な動物だなあと最近よく思います。
私も再会まで頑張らねば!(笑

こうやって聞かせてもらうと、みーたんはあすかさんの歴史をずっと見てきた貴重な子なんだなとあらためて思います。
もうかなり高齢なのかな?いっそう可愛がってあげてくださいネ。

今年も楽しく過ごしましょうね〜(^^)v
非公開コメント