FC2ブログ

パステル・ジョナサン

2

パステル曼荼羅 その17

20130418


神話学のジョゼフ・キャンベルが、どれかの本でこう言ってた気がする。

「われわれ人間は「生きることの意味を探している」と言うけどな、ホンマは違うと思うねん。
人間がほんとうに求めているのは「今この瞬間に生きているという経験」やと思うねん」
と。

綺麗に描こうといったものから遠く離れて、ただただ頭を空っぽにして思いつくままぐりぐり塗ったり消しゴムを使って抽象的な曼荼羅を描いていると、次第に心の奥から立ちのぼってくる何かがある。
とても些細な感情だけど、名前のついていない何か。
言葉で表すことの出来ない何か。

それが何かわからなくて(表現する言葉がなくて)もどかしく感じる時、なぜだかジョゼフ・キャンベルのあの言葉を思い出すのです。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

utaka says..."No title"
お久しぶりです。

この、描いてる時の感覚は恐らく水彩も一緒でしょう。
思いもよらないように行ってしまうので、それを受け入れつつというところはちょっと違うかもしれませんが。
きれいなものがどんどん描けてますね。
私のは全くのスローペース。
でも、あっという間に一月が過ぎてしまう。
「今」を感じないでいると余計にそう思いますね。
2013.04.25 07:31 | URL | #uHrFLjsA [edit]
ジャスパー says..."お久しぶりです〜"
絵を描いてると、ある瞬間、完全に無心になっている自分に気づいたりしますよね。
この曼荼羅は完成予想図をイメージしたり頭で考えてから描くというものではないので、さらにそういう感覚になりやすいのかも知れません。

私も最近一ヶ月がすごく早いです・・。
スローペースでも水彩、楽しめると良いですね〜(^^)
2013.04.25 15:37 | URL | #mLrVhXOU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する