ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

怒濤のワークショップ!

2013.09.22 23:49|パステル和アート作品
怒濤の初ワークショップでした。

最終的に私を含めて8人となり、テーブルも道具も足りなくなってしまうという事態に・・。
主催の方と私は立ちっぱなし、赤ちゃん連れの若い方は別室でお願いしてなんとか開催できました(笑
今日のイベントはご近所の交流会のようなものなので、基本ボランティア。
前回はちぎり絵の先生をしている方を中心にみんなでちぎり絵をしたのだそうです。
それぞれの特技を持ち寄ってのご近所のイベントって、すごく素敵だなーと思います。
マンションに越して来てからすっかりご近所付き合いがなくなって淋しく思っていたので、こういうの新鮮。
(私は無愛想であまり喋らないのでそうは見えないらしいのですが、地域やご近所付き合いが好きなのです)

今日のイベントに来る方達は「今日は何をするか」を知らされていない方達ばかりなので、パステルの道具を見た瞬間に「えー!絵を描くの?そんなんいややわ〜!」「絵なんか描かれへん!絶対ムリ!」「センスないからアカンわ〜」と、かなりあからさまな拒絶反応をされ、予想はしていたものの最初は圧倒されてひるんでしまった私。
私が普段参加しているワークショップでは、皆さん「さあ今日は描くよー♪」という心持ちで参加しますから、こういう場面に始めて遭遇しました(笑
初ワークショップなのにハードル高すぎる気が・・(笑
結果的に、私より年上の、しかも中には私の母と同じくらいと思われる世代の方の計4名のテーブルで奮闘いたしました。

最初は練習で丸を描いて(というか塗って)もらったのですが、それを描き終えると「今日はこれだけでいいわ」とおっしゃる始末(笑
いやいやいやせっかくですから!マルを塗ることができたら富士山の絵も描けますから大丈夫!20分で描けますからっっ!と説得しつつ(笑)次の富士山を描いて頂きました。
富士山の型紙をそれぞれ作ってもらい、色を塗って、型紙をはずしてみたら・・・。真っ白だった画用紙に浮かび上がる富士山の姿。「いやあホンマ!富士山やわ〜」「簡単に描けるやん〜」とだんだんと盛り上がって行き、どんどん自分で好きな色を選んで(最初は「どの色をどこに塗ればいいの?」というところから質問されたのです)こちらが何も言わなくても自由に塗ってくださって、次第に「先生、次どうすんの?」「雲はこの消しゴムでいいの?それともこっちの消しゴムがいいの?」「雪がもうちょっと欲しいんやけどどうやったらいい?」と、一転して質問攻めになりました(笑

完成したそれぞれの富士山は、セミの声が聞こえて来そうな明るい夏の富士山や、晩秋の夕暮れ、春の朝焼け、それぞれの季節や空の色もさまざまなものになりました。
「みんなで描いてもそれぞれこんなに違うんやね〜」「どれも素敵やね〜」「額買わなアカンわ〜」「サイン考えとこ!」「こんなんが自分で描けると思えへんかったわ〜」とか、たった30分前とはまったく違う雰囲気。
何度も何度もご自分で描いた絵を眺めては小さい子のようにニコニコ笑ってくださる顔を見ていたら、じんと感激しました。
ああよかった、笑ってもらえてよかった。その笑顔が見たかったんです。

最初はアウェーに乗り込んだような気持ちでしたが(笑)とっても楽しいワークショップになりました♪

(後日聞いたのですが、おひとりの方はわざわざ額縁を購入し、お部屋に飾ってくれたのだそうです。)



45.jpg

コメント

非公開コメント