ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

最近のさんちゃん

2012.02.24 14:37|ニャンズ


肩の痛みは医師の言ったようにだんだんと治まって、ほぼ完治しました。
でも通院はしばらく続くかも。

写真は4日前のさんちゃん。

「ウチの老猫がいよいよ危なくてさーー」というフレーズを確かに去年の早いうちから言い続けているので、いまだに同じ事を言う私を友人が「危篤状態が長っ!」と笑っていました。
た、たしかにね。。

猫の生命力には驚かされると獣医師も言っていましたが、飼っている私も驚ことくばかり。
もんちゃんでさえひどい状態から一度は回復したのだから本当に不思議です。
回復したからと事態を甘く見積もってしまったために、もんちゃんにはまともに与えることが出来なかった栄養剤などを、さんちゃんにはすでに準備しています。
(もんちゃんには与えようとした時すでに食べられないほどひどくなっていた)
「いよいよひどくなった時に与えよう・・」では遅い。
先手を打たねばダメだったんだ、ということを痛いほど知りました。

フェロビタやリーナルケア、a/d缶、それらすべてがネット通販で飼えるような時代でよかったなと思います。

さんちゃんの体重は2.5キロを切り、我が家で一番軽い猫となってしまいました。
ここまで来たらもうお腹のサポーターを噛むこともないだろうと思って、エリザベスカラーを一年半ぶりに外しました。
さんちゃんの骨格で体重が2キロを切ってしまえば生命の維持は難しいような気がします。
2.5キロから2キロまでの間が勝負だろうなと以前から思っていたのですが、さて、さんちゃんをどこまでサポート出来るか、さんちゃんがどのように頑張ってくれるか(これ以上頑張らなくてもいいんだけどね)、飼い主としてしっかり見守らなければ・・と思っています。

コメント

非公開コメント