ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

他の猫達とのお別れ

2011.12.09 13:23|ニャンズ
もんちゃんが亡くなった日の午後2時頃の様子です。
ネネがやってきてモンタの顔を舐めはじめました。

1323402714.jpeg
1323402731.jpeg
1323402759.jpeg
1323402773.jpeg


ネネがモンタを舐める光景はあまり目にしたことがなかったので珍しいなと思いましたが、もしかしたらモンタの体からアンモニア臭がしていて、猫の本能的にそれを綺麗に舐めて取ろうとしたのかも知れません。それとも具合の悪そうなモンタを見てお見舞いだったのかも。
猫は具合の悪いところを舐めて治そうとします。親愛の情を示すためにも相手を舐めることがあります。
この日は目が閉じなくなっていたモンタでしたが、ネネに舐められたこの時だけは気持ち良さそうに目を細めました。

亡くなる2時間前、さんちゃんもモンタの側にやってきました。
撮っている時はさほど感じなかったのですが、あとから写真を見た時「あれはお別れだったんだ」という感じがしました。

1323402790.jpeg


モンタの手の下に自分の手を入れて横になるさんちゃん。
冬場のさんちゃんは、温かいホットカーペットの上であっても床にじかには寝ない猫で(遠赤ヒーターをつけると一番温かい場所を陣取って床で寝てしまいますが)、まして、いつも遠慮なくベッタリとくっつくはずのモンタから少し離れて見守るような様子でした。

1323402804.jpeg
1323402826.jpeg
1323402842.jpeg


やがてそのまま眠ろうとしました。
(犬用の服を着せているので、首周りが大きくて輪ゴムでしばっているところは無視してください。笑)

モンタが最後に好んだのは涼しい場所でしたので、「ここは寒いからあっち行こうね」と、すぐにさんちゃんをモンタから離したのですが、さんちゃんの気の済むまでいさせてあげれば良かったなと思います。
これが二人の最後のツーショットになりました。

この2匹の生まれは4ヶ月ほどしか違わず、子猫の時からずっと一緒に寝ていました。
モンタがいなくなったことで、さんちゃんが淋しく思っていなければいいのですが。。

2009年秋の写真
1323402917.jpeg

コメント

非公開コメント