ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

おかげさまで回復しつつあります(^^)

2011.11.16 21:36|ニャンズ
写真は今日のもんちゃんとさんちゃん。

おかげさまでもんちゃんは随分回復しました。
あれからさんちゃんも体調を崩してしまい、2匹の介護をする日々が続いています。

1321443844.jpeg
1321443949.jpeg


もんたは一時足腰が立たなくなりぐったりとしてしまったので、念のためペットの葬儀屋さんにプランの問い合わせなどをしていたのでした。

2匹同時に体調が悪くなる事をこれまで想定していなかったので、2頭分の隔離場所の確保や保温用品の調達、通院、給餌、シモの世話、その他もろもろ、さすがに疲労困憊しました。。
この2匹はどうしても一緒に寝たいらしく、もんちゃんは弱った足腰でサークルを飛び越えてしまいます。あの状態でどうやって飛び越えられるのか謎です。。
ゆるいウンチがだらだらと出ている状態のもんちゃんと、寝ながらオシッコをしているさんちゃんを一緒にするのをためらったのですが、回復するまでの数日は寝ないで世話をしながら凌ぎました。
この歳でまさかの三徹(笑
でも三徹で済んだのは幸運でした。
2匹とも歩けるようになり、シリンジで強制給餌していたのが今日はお皿から食べるようになりました。

どうやら2匹とも風邪(?)のようす。
基礎疾患を持つ老猫にとっては風邪といっても侮れないようで、一気に腎不全が悪化して尿毒症に至り、そのまま死んでしまうこともあるのだそうです。

インターフェロン入りの点鼻薬を使うようになってからは、食べ物の匂いもわかってきたようです。
(動物は匂いで食べ物を判断するので、鼻がやられてしまうと食べ物を認識できず「食べたくても食べられない→いっそう弱る」という状態になるのだそうです)
2匹ともまだ元気がないのでしばらくは目が離せませんが、なんとか持ちこたえることが出来てほんとうに良かったです。

我が家にはたくさん猫がいますが、さんちゃんともんちゃんは私にとっては特別な猫達で、その死を間近に感じると時折心が塞ぐことがあったのですが(当たり前かも知れませんけど…)、なんでもない瞬間にふっと気持ちが軽くなることがあり、そういう時「あっ、これはriccaさんが遠隔で送ってくれる温かさかな」と感じました。自分が病気したときも思いましたが、友達の有り難さをまたしみじみ感じます。(ありがとねriccaさん〜)

ネットで「疲れた疲れた」と書く人ってあまりいない気もしますが、ええ、正直、めっちゃ疲れました(笑

2匹とも落ち着いて来たので、世話をしながら来月のニーチェの講座「善悪の彼岸」を読み返したり、パソコンの中身の整理でもしつつ、自分の体力も回復させようかなと思っています。
とにかくゆっくりします。。

そう言えば、こんな立て込んでいる時にまさかの「来年度の裁判員(候補者名簿)への登録のお知らせ」が来ました。。
この制度が始まったときにはやってみたいと思ったけれど。。。

コメント

非公開コメント