ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

もんちゃんのこと

2011.11.11 21:41|ニャンズ
1321013439.jpeg
1321013451.jpeg


今日のモンタ。

私の調子は良くなったけれど、先日からもんちゃんの体調が悪くなってしまいました。

ほとんど食べなくなったので「今のフードに飽きたかな?」と思って獣医師に相談したところ、腎臓用のフードのサンプルを全種類用意してくださいました。

これだけあればどれか食べるだろうとタカをくくっていたけれど、どれもまったくダメ・・。
そのうちだんだんと弱ってきてしまった。

点滴を一日おきに続けながら血液検査の結果が出るのを待っていたら、やはりクレアチニンの数値が高く、もうすでに末期のよう。
獣医師も「もう好きな物を、食べられるものを食べさせてあげてください」と言われました。
腎臓ケア用のフードはどれも低タンパクなので美味しくないようです。

しかしすでにドライフードはまったく口をつけないし、市販の美味しそうな「猫缶」でさえ嫌がって食べません。
いろんなメーカーの商品を買ってきたけれどどれもアウト。
病院で使われる高栄養のa/d缶というのがあるのだけど、シリンジで口へ流し込もうとするととても嫌がります。

ほんとうにいよいよ困ったのだけど、その中で、子猫の時に与えて大好きだった「魚肉亭」というオヤツと、チャオの「焼きカツオ」というオヤツだけがヒットしました。
食べてくれた時は嬉しかった。。(T_T)

でもなんだろこの食べっぷりは。。
「焼きカツオ」に食いつく様子を見ていると、とても具合が悪そうには見えません。
食いつきが良すぎて指を思い切り噛まれてしまいました(笑
だけどそれも身をほぐすと食べません。
一本まるまま差し出すと猛烈に食べる、といった具合。

魚肉亭というオヤツは、モンタがまだ子猫の頃、洗面所でモンタの手足を洗ったあとにご褒美で与えていたものでした。
子猫のうちのわずかな期間。
その後猫の健康に関する知識が増え、市販のオヤツ類を厳しく制限したので年に一度買うかかわないかといった程度になってしまったのに、何年経っても洗面所で手を洗う私のあとをつけてきて身体を伸ばし、洗面台に手をかけながら「あおーん」とおねだりを続けてきました。

お正月にちょっぴり食べさせる程度だったから、最後に欲しいだけ食べさせられて良かったなと思います。。といっても一個しか欲しがらなかったけれど。
今は魚肉亭よりもさらに美味しいであろう「焼きカツオ」に心が傾いた様子。

腰が立たなくなり這うことしか出来なくなったけど、写真のとおり、首が普通に上がっているので横になったままグッタリしていることもありません。
でも明らかに弱っているので、そろそろ覚悟しないとダメかな…とショゲています。

コメント

非公開コメント