パステル・ジョナサン

0

アゲハ蝶

20110804


蝶や蛾が苦手な方にはアップの写真ですみません。
7月13日に産まれたアゲハの幼虫が一週間ほど前にサナギになり、今朝無事に羽化したところです。

この数年、毎夏アゲハの幼虫を育てています。(たまに蛾とかカブトムシなども育てます)
今年はこの個体が2頭目になります。

産まれた時には1ミリほどの小さな幼虫が、脱皮を繰り返しながら大きく育ち、たった3〜4週間程度で大きくて美しい蝶になるのを見ると毎回感動します。
そのスピードや劇的な変化はまるで魔法を見ているようです!

羽化後数時間はじっとして、何度も羽を広げたり閉じたりを繰り返しますが、やがて「えいっ!」と飛び立ちます。
蝶も最初は飛ぶのが下手なようで、失速してパタッと床に落ちて来たりします(笑)
けれどここでモタモタしていると鳥などに教われてしまうので本人はたぶん必死でしょう。
あっという間に美しく自由に飛べるようになります。

元気に飛び回れるようになったのを確認したあとで窓から外に出すのですが、光を目指し、青い空に向かって彼らがひらひらと舞い上がって行くのを見る時、いつもなぜか、蝶ではなく自然からちょっとだけお借りした光とか風を育てていたんじゃないだろうか、というような気持ちになります。

100年後もその先もずっと先も、蝶の舞う世界であって欲しいなと思います。
その時また、会おうね。

line1

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する