ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

4月26日

2010.04.26 16:16|日常のこと
退院してまだ一週間も経ってないんですね。
なんだか入院していたことが夢のようです。

ところで一昨日あたりから傷が痛むようになりました(--;)

傷の上にはテープが貼られています。
幅1センチのテープを4センチくらいの長さに切ったものを、傷に対して直角に10枚ずらーっと並べて貼られているのですが、これがかなり強力なテープらしく、お腹の皮を寄せてぴっちり貼られています。
(皮を寄せるように留めておくと傷が綺麗に治るんだそうです)
ですが、術後2週間も経てばシャワーなどでだんだんと剥がれてきて、寄せられていたお腹の皮がピンと張った状態になってるんでしょうかね・・これまではまったく痛くなかったのに、着ている服があたるとアイタタタになります。
持っているだけのジーンズやパンツをはいてみたのですが、ちょうどファスナーがついている固い部分が傷にあたってどれもこれも痛くてたまりません(TT)

で、スカートをはこうとしたら、もう何年も前のスカートなのでどれもウエストが閉まらないという惨事が・・爆。
スカートなんて何年も買ってないし〜。
痩せたせいで以前の体重に戻りましたけど、昔のように体が締まってないんですね・・腹だけはしっかり太っているということが判明しました(笑

なので今朝は近所のお店に行って、スカートやワンピースその他もろもろ買い込みました。

開腹術教訓その1 傷が腫れるので、入院中はLLサイズのような大きいショーツが必要。
開腹術教訓その2 退院の日はゆったりしたパンツでないとお腹の腫れのためにウエストが入らない。

・・に、加えて

退院後の生活にももっと気を付けているべきでした。

腫れがおさまったらすぐにジーンズはけるかなと簡単に思っていたのであります。
家の中ではスウェットをはいているで大丈夫なんですけど。
しばらくの間、外出時はスカートの生活になりそうです。


そうそう、手術の日に起きた面白いことを書き忘れていました!

手術当日の朝、ダンナが病院に来る前にゴミ出しをしたのです。
うちの周辺では自分の家の真ん前にゴミを出すことになっているので、いつものように玄関前にゴミを置こうとしたら・・・。

そこにネズミの死骸があったんだそうです。

ここに住んで17年になりますけど、ただの一度も家の前でネズミが死んでたなんてことはありません。

玄関の前のその場所は、毎日やって来るノラの黒猫にエサをやっているところなので、ダンナが「お見舞いを持ってきたんやろなー」と。

ネズミが自然死するような場所ではないし、猫がたまたま捕まえた獲物を持ってきたにしても(猫にはそういう習性があります)、でもそれが手術当日だなんて偶然の出来事としては出来すぎた話なので、私もなんとなくそれは「クロたん」からのお見舞いなんだろうなと思いました。
ちょっとジーンとしました。

不思議なことがありますね 1230361030.gif

コメント

非公開コメント