ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

2月13日

2010.02.13 19:41|日常のこと
今日は、先日受けた組織診の結果を聞きに病院へ。

実は先週にすでに結果が出ていたのですが、この検査ではついに「単純型子宮内膜異型増殖症」の『異型(の細胞)』がなくなって、ただの単純型の増殖症となっておりました。
体ガンだーー!と大騒ぎしてこのブログでもいろいろご心配&ご迷惑をおかけしましたが、いったんは体ガンと診断されたものの結果的(?)には体ガンではなかった(ひょっとしたら本当にガンが消えたという可能性もありますけど)というなんとも不思議な結果になりました。

ありがとうございました!! <(_ _)>

で、ですね、ここらへんがいかにも私の人生らしいなあと思うのですが、この検査で新たにわかったことがありました。
私は筋層に8センチほどの筋腫と、粘膜下に2〜3センチの筋腫があるのですが、その内膜に出来ている筋腫が非常に珍しい筋腫なのだそうです・・。
稀すぎて、「日本語でなんて言うか知りません」と言って医者が英語で名前を書いてくれました(- -;)
で、やはりこれが異型細胞を伴っているらしいです。

つまり結果はやはりグレーというか、はっきりと悪性でもなし、かといって良性でもなしということで・・。

なんだってこう曖昧な結果しか出ないんでしょうか!!

特殊な染色検査をしてもらったのですが、今できる検査のこれが限界なのだそうです。


昨年の10月以来ずっとグレーの判定が続いていて、毎回これでは精神力も持ちそうにないし、出血量もこのところ重い生理が長引いたり、いつグレーから黒に転落するかわからない今の状態では予定も立たず気持ち的にもなんだか見通しの立たない中途半端さにイライラしているので、思い切って手術することにしました。

医者も丸ごと摘出して全部を検査にかけたほうが良いと強く勧めるし、ほんとは切りたくないのですが決着をつけるため思い切りました。

急ぐ手術ではないので4月12日と先の予定です。
卵巣は取っても取らなくてもどちらでも好きにしていいそうで、「卵巣取るのは手間も時間も変わらないから、手術前日までに決めておいてね。当日言ってくれてもオーケー」ということでした・・(- -;)
子宮はよいとしても卵巣は問題だ。どうしよう。
今取っておけば、のちのち卵巣ガンの心配がなくなるのでそれはそれでいいような気もするし。。
異型細胞がこれまで何度も出ているのだから、私の場合完全に健康な子宮ではないわけで、その付属器である卵巣もこの先わからないしな。。悩みどころ。

手術は開腹で2時間程度で終わるそうです。

良い意味でも悪い意味でも、なんでこんなことが?という偶然のようなことが私はよくあるのですけど、ホントに、この先は平凡で穏やかな人生を希望しますね。。。
稀だとか珍しいとか変わってるとかなくていいいです、普通でいいです普通で。

コメント

非公開コメント