ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

11月9日

2009.11.09 03:36|日常のこと
おかげさまで退院後も良好です♡

当日は朝イチの手続きで入院して、担当医から説明を受けました。

今は個人情報保護が厳しいせいか、部屋の扉やベッドの頭につける名札について、看護師さんからいちいち「表示してもいいですか」と聞かれて驚きました。
患者取り違え防止のために手首につけるブレスレットのようなタグがあるのですが、名前を書く欄があって、それについても「書いていいですか」とか。
昔はそんなこと当たり前だったのになあ。

そうこうしているうちにすぐ手術の仕度に。午後からだと思っていたのでちょっと慌てました。

手術自体は私はけっこう簡単に考えていたのですが、胸に何やら心電図みたいな電極を3箇所つけられたり、指の先につけるアレ何て言うのかな?クリップみたいなやつ、それからもちろん点滴(静脈麻酔)、腕には自動の血圧計などなど・・あれこれ装着。
麻酔が効いてからは意識はまったくなかったですが、ものすごく妙な夢というか、いや、夢というよりも脳の誤差動的な感覚かな、赤茶けた壁のようなところを上に下に左右にと乗り物に乗って駆け抜けているような奇妙な体験をしました。次々いろんな場所に行きましたが「風景」ではなくてとにかく変な所。麻酔が覚めかけた頃に見たのかな?
夢を「見た」というよりも、実際にその場所にいたようなリアルな感覚だったので、術後大きな声で名前を呼ばれた時は今自分がどこにいるかちょっと分かりませんでした。
夢とはまったく異質の不思議な経験でした・・。
私の父が一度危篤になった時に「暗いトンネルの先に明かりがあって、さっきまでそこを目指して歩いていた」と言ったのだそうですが、あの世があるないは別にして、きっとこういう感覚だったのだろうと初めて思いましたね。。
死ぬときってこんな感覚なるんだろうなーなどとボンヤリ思ったりしていました。

ストレッチャーに載せてもらったのもあまり覚えていません。
それから2時間ほどウトウトして、看護師さんからお水を一口飲ませてもらい、ちゃんと飲めることが確認出来たら点滴をつけたまま体を動かすように言われて、トイレへ。
そのあとで遅めの昼ご飯を出してもらって食べました。
部屋に戻ってから最初に「携帯使いますよね」と言って携帯を渡してくれたり、ご飯も温め直してくれたり、広い個室でなんだか至れり尽くせりしてもらって申し訳ないような感じでした。

そのあとガーゼ抜いてもらって退院。
結果は13日の診察で聞かせてもらう予定です。
内膜ごっそり採ったならもうこれ以上検査するところがないので、これで確定すると思うのですが・・。
思えば1ヶ月以上も検査ばっかりしてる気がする・・。

術後は痛みも出血もまったくと言っていいほどなくて、それは良かったのですが、手術のあとで食事をしたあたりからガンガンと響くようなひどい頭痛が起きて、それが辛かったかなあ。
これは麻酔のせいなんだそうです。自宅に戻ってからもおさまらず、鎮痛剤を飲みました。

術後はとにかく安静にするよう念を押されたので、土日は、自宅でファイナルファンタジーXIIをしつつおとな〜しくしていました(笑

1278267313.gif

プレステ3の発売を前にしてか、日本橋で「プレステ2」を投げ売りしているのを発見、ダンナがその「プレステ2」をいそいそと買ったのが数ヶ月前ですが、あれほどロープレはダメだって言ったのに、最近になってファイナルファンタジーのXIIの中古をオークションで落としたんですよ・・(--;)
めちゃくちゃ久しぶりですよ、FF。
ゲームの途中で入るイベント映像で、マシンデザインの荘厳さやグラフィックの美しさに圧倒されました。。声優陣も豪華です。昔と全然ちがうなあ。
いい歳して大規模なゲームショーなどがあるとたまに行ったりしますが、実際にやってみると驚くことがたくさんありますね。。
もともとCG映像とか機械的なものを操作することが好きなので、ゲームはやっぱり好きなんですね・・自分。と、あらためてオタクな我が身を痛感したりしています。

FFXIIの公式攻略本は辞書かと見間違えるほどの分厚さがあり、私はその本を見つつもっぱらダンナのナビ役です。ええ絶対やりません。やると全ての隠しイベントやらアイテムやら召喚獣をクリアしないと気が済まないタチなので絶対やりません。
・・と思っていたのに、いつの間にかやってます・・。

明日は姉の検査に付き添いです。

コメント

非公開コメント