ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

7月28日

2009.07.28 21:14|日常のこと
riccaさんが紹介していたこちらの記事を読んで、そうだーーーと唸りました(笑

私はとりあえず気持ちは共感から入るタイプのようなので(口を開くと屁理屈言うが)、友人の愚痴を聞きながら「そりゃ大変だね」とか「そりゃ怒って当たり前だわ」とか感じたことを口にするんだけど、たいてい相手の話がずるずると長いので「結局この子は何が言いたいんだろう?」と途中で疑問に思うことが多かったのですが、ひょっとしたら友達は愚痴そのものを誰かに伝えたいのではなく、こんなに大変なのに頑張ってる私を褒めて!元気が出るような褒め言葉を言って!ってことだったのかなあと今更ながら思いました。

何か面白い作品を見たとか、相手のことを「わあ、すごい!」と感じたときは自然に褒め言葉になるけど、あらたまって褒めるってちょっと難しい。
しかもコメントにあるように「具体的にねっとり褒める」はさらに難しい・・。
でもたぶん女子の場合、この「具体的に」ってのが重要なのかも。
私などは「頑張ってるんだね」「大変だねー」みたいな大雑把なことしか言わないから、相手はさらに愚痴をかぶせて来るのかもな。
それでグズグズと電話が長引いてるのかも知れない、という可能性に気づきました。

具体的に伝えると相手は満足して案外アッサリ電話を切るのかも知れません。

って、なんでそこまでせにゃならんのだ!という気もしますが(笑

コメント

非公開コメント