ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

7月22日

2009.07.22 21:43|日常のこと
ヒーラー同級生Jちゃんと会って、終電ギリギリまで酒盛りしてきました。笑

ヒーリングのほうは雑談しながらだったのでたっぷり3時間かかってしまいました。
もっとグログロなものが出るかと期待していたのですが、思ってたより詰まりがなくて残念。

しかし本当に不思議でした・・。
第一チャクラには彼女曰く「仕切りのたくさんついた箱のようなものがある。理路整然としたようなもの。これ、要らないと思うから抜いとく?」とか
「串のようなものに柔らかいお団子状のものが2つついてるけど、これ抜くね。」と言われたのは第二チャクラ。
本人にもそれが何か分からないようなので絵で描きながら説明されました。
人によっては茶色いイモ虫のような気味の悪いものがズルッと出てくるのだと言います。

この団子状のものを抜くときに、彼女が唐突に「お母さんとお姉さんは好き?」と聞きました。
他には髪の毛のようなものが絡まった茶色いヒモだとか、薄ピンク色のヒモだとかが何本か出てきたのですが(笑)、そのたびに私自身が抱えている問題点をズバズバ切り込んでくる彼女・・。
「ただ言い当てる」だけの人なら大勢見てきたのですが、それがどういう状態でエネルギーセンターに取り憑き、その人の詰まりとなっているかをこんなに明確に話して抜き取ってくれたヒーラーさんというのは私は知りません。
驚きの連続でした。

喉のチャクラはほとんどの人が詰まって問題を抱えているポイントだと思うのでスファ、これを石でやろうとすると(たとえばルース状のターコイズと小さいレーザー水晶とかをレイアウトする)時間もかかるうえに、感情的な処理までその後に響くことがあります。
クリスタルヒーリングというのはパワフルだけどやっぱり相手は石なので、欧米人なら知りませんが、日本人にはあまり向かないのでは?とひそかに思ったりしています。
レイキのほうがうんと穏やかで、日本人に合う気がします。
私自身もやはり喉には岩のような塊がいくつかあったので抜いてもらったのですが(病的なほどここが詰まっている人がいるのだそうで、それはなんだか日本人らしいなあと思いました)あっという間の短時間の出来事でした。
あとからそれにまつわる感情が浮いてきてしばらく落ち込む、といったようなこともありません。
(詰まりがひどい人は、セッション中からその後数日の間いろいろと大変なこともあるらしい)
何かがモゾモゾと抜けていくのはわかります。それは身体の中で大きな虫が動くようなちょっと気持ち悪い感覚で、途中でムセそうになりました。。
で、そういうのが消えたあとで「わー自分ってこんなに詰まってたんだ」というのが初めてわかるといった具合です。
呼吸をすると、スムーズで大きな流れがストンと下まで落ちるのがとてもよくわかります。

あとは、彼女自身や他のお客さんが子宮筋腫を小さくした、あるいはなくなったという例があると聞いたので、そのやり方を教えてもらって帰ってきました。

いや〜なんか不思議すぎて、うまく文章に出来ません、支離滅裂ですんません。
友人が言うには「ネガティブなものというのは、本人が許可しないと出てこない」のだそうで、他人が無断で勝手に引っぱり出すわけにはいかないらしく、私がいろいろと話している最中に「あ、腰のほうからヒモ出てきた。切っておくね」などという展開になることが多かったです。
黙って座っていれば終わり、というヒーリングではありませんでした。質問されるされる・・(笑
自分のどこを生きづらいと感じているか事前にまとめておくと良いかも。

たまにこういうところに来てまで、自分がいかにスピリチュアルな人間かということをヒーラーさんに向かって説明したり、いやなことは指摘されたくない!と、かたくなになる人がいますが(レイキ交流会などでたまに見かけた)、せっかく大切なお金を使うのだから、ダメ出しされまくったほうが絶対お得だと思います。
自分のことは自分でわからないのです。誰かの力を借りたほうが近道になることはたくさんあるなあと今回も実感しました。

思いがけない大きな心境の変化というのも感じているのですが、それが結果に繋がるかどうかは今後の自分次第なので、長い話になるのだと思います。
いずれにしても「一瞬で人生が変わる」なんつーことはないようです(笑

コメント

非公開コメント