ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

3月29日

2009.03.29 01:30|日常のこと
あらら。 前回日記を書いてからもう一週間経ったんですね。
相変わらずお尻が痛いです。
そんなこと言ってる間に3月も終わろうとしています。

スジが伸びてしまった足の小指は、治るまでに時間かかなるかな?と思っていたのですが、怪我してすぐに冷やしたり湿布を貼ったりしたのが良かったのでしょうか、思っていたよりも早く良くなりました。

ただ、腰と尾てい骨の痛みがひどくて(だんだん痛みが増してる気がする)ちょっと動くにも「イデデデ…」といった有様です。
そんなわけでフットワークの悪いこと悪いこと。
4ミリ玉ブレスも、自分の思うようなものはあらかた作って落ち着いてきたことだし、そろそろ写真撮りたいなあと思っているところです。

1234037393.gif

先日、お客さんからもらったオーダーは、アクアマリンを中心に3種類の石を使うことに決め、スイートピーのような可愛いブレスに仕上がりました。
こういう場合、出来上がりの感じを画像で一度見てもらい、それを叩き台にしてあとの細かいところをうち合わせする・・というのが普通だと思うのですが、「全部おまかせします!」ということでしたので『開けてビックリの一発完全オーダー品』でした。ドキドキ。
しかも具体的な悩みやお願い事がありません。
「この春から新しい人生を送ることになりました」という情報のみで、何の石を使うかが迷いどころでした。
私自身も「今の自分が持っている運というか偶然の力」にまかせて事を丸投げすることがたまにありますが、このお客さんもすごいな…と唸りました(笑
もちろん価格もおまかせです。
お店のHPを見てブレス作品を気に入ってくださったそうですが、それにしても私にとっては珍しい出来事のひとつでした。
「なんか新しいの作ってよ〜」というオーダーは友人知人の間でなら何度もありますが、友人知人というのは日頃からお互いに無意識に情報をやり取りしているわけで、その時パッと思い浮かぶ石というのは必ずあります。
けれど携帯からの短いメールのやり取りだけで見知らぬ誰かから「お任せオーダー」を受けるというのは、とても不思議でした。
私にとってはすごく良い経験になりました。

成り行き上、お届けが牡羊座の新月の前日に決まったのでそのことをお伝えすると、ジャン・スピラーの「新月のお願い事」のことも知らないご様子で、なんだか二重に感謝されました。
タイミングが良い人というのはこういう人なんだなと思います。
製作したブレスはご本人にとってイメージもサイズもぴったりで、「明日からの再出発に向けて明るく美しく歩いていこうと思います」とメールを頂いた時はちょっと涙が出そうでした。
このお客さんはきっと大丈夫だろうとそんな気がします。

「どういう自分であるか」というところに石を扱うことの面白さと難しさがあるような気がします。
委託していた店舗で実際にお客さんと話したり、この6年の間にかわしたお客さんとの数々のメールに、疑問を持ったりじれったく感じたり共感したり感激したりとさまざまなことがありましたが、最後は目の前のその人の幸せを祈れる自分かどうかということに絶えず行き着く気がします。というか、どのルートを通っても、そこにしか行き着かないのです。
これは何年経っても変わらない気持ちのような気もします。

コメント

非公開コメント