ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

善意で望遠鏡は作れない、という話。たぶん

2014.04.02 17:38|日常のこと
イリゼさんが今日アメブロにアップされていたなるほどなー!なお話を勝手にご紹介 1230361030.gif

読んで感じたことをいくつか。
(私がネタにすると性格上斜めにそれて違う内容になるんですけど・・)

1278267284.gif

日本画家の東山魁夷のとあるエピソードです。
彼はひとつの絵を描く時に、きっちりとした緻密なデッサンを何枚も何枚も描くのだそうです。
細部にわたる正確なデッサンを。
それこそ何日もかけて同じものを何度も何度も。

ところが最後になってそれらすべて破り捨てるのだそう。

そして
「すべて忘れて、最後は自分の心の中に浮かんで来たものだけを描くのです」と。

忠実に描写し、頭の中に叩き込んだ。
体も手もそれらを覚えた。
そのうえで最後は心に描かせるのです、というようなお話でした。

正確なデッサンという技術があってこその作品なのだなあと、このエピソードを読んだ時に思いました。
(東山魁夷すごく好きなんです)

心とか感性というのはとっても大切だと思うけれど、基本や技術という裏地があってこそ活きてくる場面も多い気がします。
ジャズ演奏のアドリブがカッコいいからといって素人が感覚を頼りに即興でやってしまうと大事故になるのと同じで、高い技術と研鑽があってこその「崩し」であって、ハートの感覚に任せていればなんでも上手く行く!というものではないだろうと思います。

ユングが語った言葉に
「望遠鏡や顕微鏡を作るのに、光学の知識なしで、小手先の器用さや善意だけでつくることは誰にも出来ない」
といったような一文もありました。

技術と同じで知識もとっても大切。
きっと技術と知識は一対の翼なんだろうな、と思います。

1278267284.gif

矢を射ることに例えると
弓を引くときに力を与えてくれるのは、この知識とか基本とか練習なのだろうと感じます。
弦を力一杯引くことが出来れば矢は遠くに飛んで行きます。
力を溜めるのは地味だし我慢のいることですけど。

でも最後にどの瞬間で矢を放すかは、東山魁夷のエピソードのようにやはり心のような気がします。
機を読み、風を読み、的を捉えているのはやはり心なのではないかなと。

そういう意味で一番重要なのはやっぱり心なんだろうなーと思うのですが、どうも昨今は最後のところばかりが言われるようになった気がするんですよね。。
どんなに心を込めても、弦を引いてない矢は飛んで行かないだろうと思います。
それどころか足元に矢がボタボタ落ちるという・・(笑

毎日少しずつでも弦を引いておくこと。
いつしかそれが必ず自分の夢を遠くへ運んでくれるだろうと思うのです。


久しぶりに長文書くと相変わらずしょっぱいですね・・

こんなしょっぱいの要らんわ、という方はイリゼさんのセッションへ是非どうぞ!
今ならお得なんだそうです。
お申し込みの際に「ジャスパー経由」と言ってくれたら誰でもお得になるんだそうです。なんたる太っ腹。

最近FC2ブログを有料版にして広告が出なくなったので『勝手にオススメ♪ 自主製作PR欄』を作ろうかなと思ってたんですが、第一弾で広告作ってみました。
友人のriccaさんのセラピーとか、感動した本とか、自分が使って良かったものとか、実際に自分が経験していいなあと思ったものだけ広告表示して欲しいんですよね。。
(あくまで自主制作の勝手なバナーです。アフィリエイトや紹介料を頂くものではありません)

1234037410.gif


0402.jpg

コメント

非公開コメント