ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

6月28日

2008.06.28 20:36|日常のこと
久しぶりに夢の話。

今週はいつにも増して寝る時間がめちゃくちゃだった。
夜中に起きている時はダンナが会社へ出かけてから布団に入って昼過ぎに起きるのだけど、ちょっと用事があってそのまま外出したり用事をしていたら、気がつけば32時間くらい起きていた日もあったり。
あれ?前はいつ寝たっけ・・って、日記を見ないと分からない時もある(笑)
そのせいなのか何なのか、金曜日の朝、私にとっては最大級の衝撃の夢を見てしまった。
もう、見たというより見てしまったという感じ。

私の父親は私が3歳の時にガンで死んだので、残っている写真やうっすらとした記憶しかなく、今まで一度も夢に出てきたことがなかった。
夢といえども甘くない。記憶にない父親は出てくることがないのだろう。
記憶にあるのは病院のベッドで横たわる父の姿くらいだ。
ところが見た。初めて見た。
目が覚めてから「ぎゃーーー」と思ってしまった。

これは前にやっていたブログで書いた気もするけど、死期が近づいてきた父が、おそらく母に頼んだのだろう、病室での家族写真が残っていて、私はその時ベソをかいて写っているいる。
なぜかというと、父が「握手しよう」と差し出した手に恐怖を感じて、とても握り返すことが出来なかったからだ。
父にとっては最後の握手のつもりだったかも知れないけれど、その痩せ細った青黒い手を私は握れなかった。
その時の恐怖心をまだ覚えているくらいだ。
これがドラマや映画なら「パパーー!」とかなんとか言って感動の見せ場なのだろうけど、案外これが現実なのだと思う。
今思うと申し訳ない気持ちで一杯になるけれど・・。

私と父を繋いだのは大量の手紙のやりとりだった。
文字が書けたので、毎日病院に出かける母に私は手紙を預けた。
これはなかなか信じてもらえないのだけど、母が出かけて姉が小学校から帰ってくるまでの時間、3歳を少し過ぎた子供がひとり留守番をしていたのだった。
私にもし子どもがいたら、絶対気になってそんな小さな子どもをひとり置いていけないと思うけど、私はちゃんとトイレでオシッコしたり、テレビを見たり絵を描いたりして平気で過ごしていた。
こういうこともやっぱり現実なんだなと思う。

父の病状が悪くなれば、9歳と3歳の私達姉妹は、深夜まで母不在で過ごした。
ともかくそんな特殊な幼児期を過ごしたので、まともな人格に育つわけない・・とついでにちょっと言い訳に書いてみる(笑)
たくさんの家族や親戚に囲まれて愛情一杯に育った人ほど「私って孤独が好きなの」とかカッコつけるような気が私はしているのだけど、それは保険をたくさん持っているから言えるんだろ?と思う。

その父が死んで40年、ついに私の夢に出てきて、「これはもしや何か悪いことでも起きるのを告げに出たんじゃないか」とか「大きな地震でも来るか」とかつい思ってしまうあたりが私のバチ当たりなところだ。
次に見るかどうかわからないので記念に書いておこう。
たぶん、宝くじに当たるくらいの低確率でしか見れない夢だと思う。

見覚えのない家だけど、どこかの家に私が帰ってくると母と姉がいて、「お父さんが死んだよ」と唐突に告げるところから夢は始まる。
部屋の奥で布団に横たわる死体があるのだけど、どうやらそれが父らしい。
(なにしろちゃんとした記憶がないから判別できない)
でもその死体、青黒くて腐乱しているようなのだけど、足や首がガクガクと動いているのだった。こうやって書くとホラーだ。
それで思い切って私は父に近づく。
近づくけど、なんて声をかけていいのか分からない。
パパか?お父さんか?お父ちゃんか?
どう呼んでいたか記憶にないし、慣れてない。
夢というのはホント不思議だなあと思う。記憶に直結にしてるんだな。
夢に出てくる父は元気ハツラツじゃなくてやはり死の匂いがするのだった。
死は悲しいけれどあまり不吉に感じないのは、それが私の最初の記憶だからだと思う。
大人になって獲得した観念とか宗教的感覚ではなく、一種の「すりこみ」みたいなものだと思う。
で、ためらいつつも「お父さん」と声を掛けると、父がガバッと上半身を起こした。
ああ、やっぱりホラー?
背中をさすると汗をたくさんかいているので、シーツを替えようかとか布団を替えようかとかそんな話をした。
そこまでしか覚えていない。
夢としてはとても短いけど、これ以上ないほど強烈なインパクトがあった。
父がいるってこんな感じなのかなと目が覚めてから思った。
38歳くらいで死んだ父は、それでも夢の中ではちゃんと歳をとっておじいちゃんっぽくなっていた。
いや、腐乱していだけかも知れないけど・・。
死んだ友人が夢に出てくる時は17歳当時そのままの姿で出てくるので、父が歳とった感じで出てきたのは不思議だなあと思うんだけど、それも私の父の記憶が曖昧だからかも知れない。
とにかく、初めて見た。

コメント

非公開コメント