ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

5月31日

2008.05.31 21:13|日常のこと
開業記念日。
この日は年に一度、激安の記念商品を販売する。
ブレスレットだと30〜40本くらい用意するけれど、一日であっという間に売り切れて有り難いのは有り難い反面、このイベントには必ずいろいろな出来事があるんだよなあ。。
毎年この時期、自分の個人HPには書ける範囲で書き、周囲にも愚痴っているような・・。

今年もすでに、
「何の商品をいくらで出すのか先に教えてください」とか、
「○○の商品を○○円くらいで売って欲しい、安ければ安いほど嬉しいです」とか、
「どんなものを販売するのか分からないけど、売り切れになると困るから今の時点でとりあえずひとつ予約させて欲しい。当日に商品を見た後で好みのものでなかった時はキャンセル可能ですか?」とか・・・(-_-;)
まあまあそう愚痴らずに…それだけ関心度があるってことでしょ?という意見も分かるけれど、こういったメールに私は性格上激しく萎えまくる。
もとよりこのイベントに関してのご意見ご要望なんて募集していないし。。
この数日萎えまくっていた。
だいたいプレゼント企画とか激安企画の時だけ名前を見かける人は、日頃の「お客さん」になった試しがない。
それでつい上記の質問などに対しても適当なメール返信となってしまう。
そういういい加減さが自分を萎えさせる。
「テキトー」って、面白くないなあ。
だらしない姿勢でいると気持ちまでだらしなくなるみたいに。

ちょっと前にニュースで、「ゴキブリが出たからなんとかして欲しい」とか「彼女から別れ話を出された。彼女を説得して欲しい」とか「雨が降ってきたので傘を持ってきて欲しい」とか、そんな個人的なことを110番に電話して警官を呼びつける困ったちゃんが急増していると言っていたけど、私も今の仕事を始めてから、およそ普通では思いつかない困った要望を向けられることが何度もあった。
「あー・・わかるわかる、おまわりさんご苦労さま」ってテレビの前でニンマリしてしまった私だ。
ゴキブリの始末のために呼び出されたお巡りさんも、やっぱり「とほほ・・」と萎えただろうか。
それでもその要望に出来るだけ沿った対応をするのがやっぱり仕事だろうな。
誠心誠意真心を尽くします!・・とはいかないけれど、出来るだけという感じで。
「お客様は神様です!」でもなく「テキトーでいいか」でもなく。
そう思ったりこうして書くのは簡単でも、そのさじ加減はちょっと難しい。
キレないように、萎えないように、困ったちゃんに振り回され無駄足踏みまくって疲れないように、どこかで工夫しておかないとやっぱり持たないだろう。
どんな世界でも無茶なことを当然の権利のように平気で突きつける人はいる。
このイベントも売り切れた後で「数が少ない」といった苦情の電話や、「どうしても欲しいんです」と食い下がってくる人、いろいろいる。
売っても売ってもほとんど利益にならないサービス価格なので、大量に販売することが出来ない。
そういう理由で「あの価格での販売はもうできません」と説明しているのに、「あの値段だから欲しかったんです、ぜひもう一度再販して欲しい」と、ちっとも話の通らない方もいる。で、また最初から説明する・・の繰り返し。
今思い出しても、なんかもう凄かったなあ・・。
そんな苦情の電話が朝の7時に入るんだもの。
笑い話とかコントとか、そんなレベルだ。
お客さんのためというより自分に対するひと区切りとしてやっているイベントなので止めないでいるのだけど、今年はさてどうなるんだろうとちょっとビクビクだ。
と言いつつ、もはや怖い物見たさになって面白がっている自分もちょっとヘン。

今年はどんな意見が寄せられるだろう。
どんな方が買ってくださるだろう。

コメント

非公開コメント