ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

今年もありがとうございました

2007.12.28 15:28|日常のこと
本日は葉加瀬さんのコンサートへ。
今回は前から3列目の席で、いろんな意味で迫力が…(笑)
(クラシックの曲の演奏もあって、とてもとても素晴らしかった!)

ステレオなどでバイオリンを聞くと、なぜか首を絞められるような気がして苦手なのに、実際に目の前で演奏されるバイオリンは、生き物のようでちっとも違和感なく楽しく聴けてしまう。不思議。
葉加瀬さんのバイオリンをうっとり聞きながら、毎年恒例の(ということに勝手にしている)「今年の漢字ひと文字」をどうしようかなと考えたりしていた。なんという贅沢。

大掃除はこれからだし、年賀状も印刷したままでまだ出していないけれど、この12月は持ってる魔法を総動員したような慌ただしく楽しい毎日だった。
嬉しいことや思い通りに行くことや得になることだけをそう呼ぶのではなく、悔しく腹が立って笑って泣いて疲れて、それらは全部魔法だと思う。
「柔よく剛を制す、剛よく柔を断つ」という言葉があるけれど、私はどちらかと言えばずっと「剛で断つ」ということを得意としていて、「柔で制す」という感覚を養ってこなかった気がする。
不運の時の方が強いし、困難があるほうが「よっしゃああーーー」という感じになるので、本当はそんな余計なイベントは歓迎したくないし穏やかにオホホと暮らしたいけれど、とにかく人生の都合上そんな技が出来上がっていて、なので逆風には強いけれどちょっとした横からのそよ風に対応できないみたいな、うーん、ここらへんは過
去のあれこれを例に書くわけにもいかないので、なにしろそういう大きな弱点を持っているという事実がある、という話。

だから、受け身で衝撃を吸収してさらっと「柔で制す」ことの出来る人を見るとつい憧れてしまうのだけど、同時に、私個人的な誤解とか性格上のあれこれでそういうことを自分がするのは苦手意識がわき上がることも多々あって、でもいつまでも「剛で強行突破!」みたいなのもアレかなあとこのところ思うようになってきた。ああなんか上手く書けない。

仕事絡みで一番強く思うところなのだけど、来年はもっと柔軟になりたい。
ある意味、自分の持っていた数少ないポリシーみたいなものを曲げることになるのかも知れないけど、もうここらでいったん降参して、柔軟に対応してもいいのかな、と。
そう密かに思うわけです。

なので来年は「柔」で。

----------------------

今年も綱渡りの一年でした。
来年もまだ綱は続くけれど、好きなものをたくさん抱えたまま渡っていく。
空間のどこかで交差している綱の上の誰かと、こっそり笑いあえたらいいな。
今年も無事終わる。
ざまあ見ろ2007、ありがとう2007。

来年もよろしく遊んでください。
皆様良いお年を。

コメント

非公開コメント