ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

12月5日

2007.12.05 17:10|日常のこと
ツメの段階まで来て、ここで仕事のやる気をなくしたら負けてしまう…そう思いながらもう全部放棄した、本日12月5日。
それでもこうしてブログのネタに出来る時はまだ元気なのだろうとぼんやり思う。

この3日間、メモした分だけでも食べ物を吐いたのが9回もあるので、いったい「特に変わりはなかった」向こうではどんなフードを食べさせていたのか、種類だけでも分かればと質問をした。
相手は担当獣医師。
駆虫したかどうかは「調べて折り返し電話します」。
フードのことも「調べて折り返し電話します」。
しかも判明するのに1時間はかかります、と言われた・・。
自分では何も分からないご様子。
意地悪だとわかっていても「あなた毎日なんの仕事してるの?」とつい思ってしまう。
そして30分後折り返しの電話があった。
「分かりませんが、たぶんドライフードだと思います」

それだけなら待たされた事に怒って終わり、の話だったのに、だんだんと流れが変わってくる。
ウチのかかりつけの獣医も言ってたように、我が家に来て日が経って調子が悪くなったのであれば原因もこちらで推測がつくけれど、来た時すでに悪かったのだからそれ以前のことはその施設に聞くしかない。
なのにこういった簡単な質問すら、猫の下痢や嘔吐くらい電話してくるうるさい人、という扱いになってきた。
駆虫薬に関すること(種類がいくつかあるので、どの駆虫薬を使ったのか?)食事はドライだったのかウエットだったのか?もしフードの銘柄まで分かるなら同じものを与えたいので教えて欲しいなどなど、私がしている質問は贅沢で面倒なものなのとは到底思えないのだが・・。聞き方が気に入らなかったのだろうか。。

慣れない車に乗ったからとか、環境が変わって調子を崩すこともあるとか、なだめられるように言われているうちに、ものすごい惨めな気持ちになってしまった。
そんな単純なことだったら電話しないよ。

「こちらにはもっと状態の悪いたくさんの動物がいることをご理解ください、こっちはもっと大変なんですよ、一頭一頭まで見切れていませんと」担当者は私が何も言わないうちからかぶせるように言った。

私が聞きたいたのはただのエサの種類だよ?
同じもので試そうと思うので何を食べさせてたんですか教えてくださいって簡単な話。
誰があんたを責めてる? 私はこの猫の情報が欲しいと言ってるだけなんだけど。
そちらは我々に綿密な書類を提出させたでしょ?印鑑だって押させたでしょ?
だったらそちらも個体の情報をくださいよ、って話。

・・不毛なやり取りにひどく消耗した。
電話を切った後ボーッとしてしまい、数時間何して過ごしたか覚えてないくらいだ。
朝の9時過ぎに電話したのに気が付いた時にはもう午後の2時になっていたという。
向こうには私が「引き取ってやったのに」と傲慢な態度の人間に映ったことだろう。
駆虫薬やエサのことを聞いた程度で「こちらの事情もよく知らないくせに…」と小馬鹿にされにゃならんのだ。くーっ!

こんなところに立ち止まってる時間なんて余りないのにウダウダとまた書いてしまっただよ。。

コメント

非公開コメント