ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

10月28日

2007.10.28 18:36|日常のこと
睡眠不足と疲労物質が満タンになった体で神戸の街を一日ウロウロしたら、ほんとうに倒れるかと思った…。
今日はダンナが休みなのを良いことに、昼まで一度も目が覚めないまま爆睡。
寝るだけで簡単に回復してくれるこの単純な体に、私はいままで何度助けてもらっただろう。感謝。

しかしさすがに歳を感じる今日この頃だ。
インカ・マヤ・アステカ展のようなちょっとマニアなものは、一人で行くほうが良いのだと痛感した…。
生け贄の儀式時に使われたナイフとか、脳外科手術の跡のある頭蓋骨だとか、おどろおどろしいドクロのついた土器やら、異様な印象の人形やマスク、それから何よりも人間の本物のミイラ! そういうのは人によっては気味が悪いと感じるのだと、今更ながら当たり前のことにハッとする。

NHKスペシャルで放送された時の音楽が印象的だったので、館内で売っていたサントラを思わず買ってしまった。
ケーナに憧れて、昔、アンデス音楽のサークルを訪ねたことがある。
良い人達の集まりで、ケーナは難しいけれどサンポーニャなら大丈夫ですよと勧めてくれたけど、その時は土日関係なく働いていて時間が合いそうになくて、また来ますと言ってそれっきりになっている。
あの人達まだやっているかな、と思う。
そんなだから中南米音楽のCDはたくさん集めてしまっていて、でもやっぱりいつも聞くのはケーナの名手と言われたアントニオ・パントーハのCDだ。
どこまでも素朴で、何も過剰なものがなく、切ないのに明るい。
NHKスペシャルのサントラを聞いたら久々にそっち系のCDに手を出して、またドミノ倒しのように次々聞いてしまった。
こういう雪崩的な性格だから、いろんなことが散らかっていつも時間がないんだろう。
スマートにソツなく集中して、ムダのない人生を送りたいものです(口パク)

そうそう、インカ・マヤ・アステカ展を見終えてインド料理のお店でランチをして、以前よく行っていた異人館街近くのパーツ屋さんを訪ねてみた。ダメ元の軽い気持ちで寄ったのにずっと探していたパーツを見つけることが出来て大収穫だ!
卸値で手に入れることをもう諦めかけていたので、その種類の豊富さと安さに涙がにじんだ。

コメント

非公開コメント