ごあいさつ

ジャスパー

ジャスパー

日本パステルホープアート協会公認 正インストラクター。
協会認定指定校「ジョナサン」を運営しています。
(活動はゆる〜くやっています)
ほとんどが独り言のブログです。

別館で猫ブログやってます!

カテゴリ

最新コメント

応援しています







月別アーカイブ

検索フォーム

10月9日

2007.10.09 19:02|日常のこと
『ブラックブック』
ツタヤでレンタル。
あらすじをAmazonから引用:
『1944年、第二次世界大戦時ナチス・ドイツ占領下のオランダ。若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、ドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族とともに逃げようとするが、何者かの裏切りによって家族をナチスに殺されてしまう。復讐のために名前をエリスと変え、ブルネットの髪をブロンドに染め、レジスタンスに身を投じる。そしてナチス内部の情報を探るためナチス将校ムンツェに近づき、彼の愛人となることに成功するが…。
果たして真の裏切り者は誰なのか?すべての鍵を握る“ブラックブック”とは? 』

映画の感想を書くの久しぶりの気がする。
なかなかマメに書く時間がない。まだ他にも観た気がするのにすでに忘却の彼方へ…。
忘れっぽすぎる。
普段は旧作扱いになるまで待つんだけど、『ブラックブック』はロードショーしている時から観たかったので、我慢できずにすぐにレンタルした。
やっぱり新作借りると高いなあ…。貯まっているポイントを使って借りた。
分かりやすい映画も多い中で、こういう手の込んだストーリーってのは久々に嬉しかった。だからってけして複雑だったり分かりにくいわけではないが。
ちょっとしたシーンや小道具、セリフが後から効いてくるので、ぼーっと観てるとどんどん置いて行かれるハメに…。ラストまで続くその緊張感が良い。
戦時中の話なので人間の弱さや脆さ醜さなどがグロに描かれているけれど、あまり気にならなかったのは、ヒロインのクールな美貌と二転三転(いや四転くらい)する内容に引き込まれたせいだと思う。
また観たい。

コメント

非公開コメント