FC2ブログ

パステル・ジョナサン

0

4月16日

4月病まだまだ続行中。
冬は元気で、春になると休眠状態に入る自分ってどうかと思う。
だらり〜んと過ごしている。

地味ながらも仕事はあるので今日も発送やら写真を撮っていた。 しっかし今回の商品撮影には困った・・・。

指輪の装着イメージ写真ってどうやって撮るのー!?
指輪をアップしたのはもうかなり前のことで、その時の商品ページはすでに削除している。
前回もめっちゃ困ったので、それ以来指輪は扱ってなかったのだ。

モデルさんのように手指が綺麗なら別だけど、指輪を着けてそのままババーンと手だけ写したら、いかにも「オバチャンの手です!」って感じでものすごくカッコ悪い。
だいたいこれじゃ全然イメージ写真ちゃうやんか。。イメージ悪すぎ。載せない方がよほどマシ。
でもなあ、ブレスレットやペンダントの装着写真は載せているのに、指輪だけ載せないってのも変だし。

グラフィックデザイナーの主人は(名前だけならスマートそうな職業だけど、単に納期に追われるMac使いのサラリーマン)カタログ製作の商品撮影に立ち会うことがあって、モデルさんに来てもらうこともある。
やっぱりモデルさんて何を着ても「何かが違う!!」んだそうだ。
何がどう違うのかそこらへんのところハッキリしてもらいたいもんだけど、人の視覚というのは「言葉では言えないけど何かが違う」というわずかなことでも大きな差としてキャッチするらしい。
同じ服を着ても、姿勢の良さひとつ、シワの入り方ひとつで、見栄えがぐんと違ったりするんだろう。
印刷物を作っていると「どの書体を使うか」みたいなことで全体のイメージがガラリと変わる瞬間があるけれど、物を売るにしても表現にしても、まずはイメージから・・みたいなことはやっぱりあると思う。

ああああ、何書いてんだ。 話が違う方向へ。

それで今日はいろいろポーズをして撮ってみた。
なんとか良いイメージに写らないかなあ、と。

でも、ひとりでカメラに向かってポーズしていたら心底アホらしくなってきた(笑
本気で「こんな仕事辞めたい」と思ってしまった。
と言うかテキトーに済ませばいいものを、気のすむやり方を変えられない自分がイヤ。
どれも一点物だから丁寧にやっていると時間が異常にかかってしまう。
こんなやり方をいつまでも続けていられない。
どこでこのやり方を変えるか、この自分をどう納得させるか、そんなことを今日も考えた。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する