FC2ブログ

パステル・ジョナサン

0

7月26日

藤原新也さんが好きなので、藤原さんのブログも読ませてもらっている。
最近では「箱根ホテル」のツバメへの残虐行為に関する記事が続いているのだけど (とても藤原さんらしい気がする)、7月17日の記事のこの文にちょっと驚いてしまった。抜粋。

------------------------------------
 フランスでは昆虫学者のファーブルはあまり知られていないというのだ。
えっ、と我を疑ったが本当のことらしい。フランスの子供は日本の子供のように昆虫採集などをして遊ぶという習慣がないという。というよりフランス人というのはほとんど昆虫に興味を示さない国民性を持ってるらしい。昆虫の存在が見えないということだろう。
したがってファーブルという人はフランス人でも相当変わった人の部類に入るらしい。
ファーブルが日本人によく知られているのは日本人は昆虫を愛する民族だからだ。
鈴虫の音を楽しむのは私たちの耳だが、西洋人にはただの雑音にしか聞こえないというよく知られた話にはうなずけるものがある。
------------------------------------

本場で、あのファーブルがあまり知られていないというのもビックリだけど、虫の音がただの雑音にしか聞こえないという話も私は知らなかったのでけっこうな驚きだ。
まあ、虫の音を楽しむという習慣がないだけで、まさか本当にノイズのように聞こえるわけではないと思うけど・・・いやいや、やはり耳障りな雑音に聞こえるのかも知れない。だったらなんだか悲しいなぁ。
それじゃ石に対する感性も違ってくるのではないだろうか・・。

そんなことを思ってしまった。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する