FC2ブログ

パステル・ジョナサン

0

7月23日

先日、友人から「母性的な印象のするブレスレットを」という面白いリクエストをもらった。
日頃CDとか本とかいろいろ貰っているのでお礼に何か…、と思ってたずねたところのリクエストだ。
お店ではオーダーブレスを受け付けていないのだけど(たとえば「好きな彼を振り向かせたい」「金運をアップさせたい」というような願い事を叶えるためのオーダーが中心になるだろうし、同時に「私がいかに彼を愛しているか」について、これまでの経緯を綴った長文メールが寄せられることも想像できるので、とても体力的に持たないからという理由でやっていない)実はその人その人に似合いそうなブレスレットを組むのが昔からけっこう好きだ。

話している間にふと浮かんだりして、家に戻ってからそれらの石をああでもないこうでもないとセットして、ひとつずつ繋いでいくのはけっこう楽しい。
これぞ趣味の押しつけ!
そして無理矢理プレゼントする。
原石ならギョッとするだろうけど、アクセサリーだとたいていの女子は「ふーん」と使ってもらえるし。
気に入らないなら他の人へのプレゼントにも使ってもらえるし。

金曜日に仕入先に寄ったら、上手い具合に大粒の淡水パールが入っていたので1本ゲット。
友人にブレスレットを作り、残ったビーズと家にある商品の残り物のビーズを合わせて自分用のブレスを2本とネックレスを1本作った。
パールってええなあ。パール大好き。
淡水パールならとても安いしカラーもいろいろあって楽しい。
ちゃちゃっと写真におさめてみた。

パールは東洋の女性にかなり向いている石だと思う。(「石」じゃないけど)
世の中のパワーストーン辞典なるものは、たいていが西洋の文献がベースになっていて、翡翠や真珠についてあまり重要視されていないことが多いような気がする。
実際翡翠については「ほとんど効果なし」かのように書かれている洋書もある。真珠はまだマシかなー。
海外のクリスタルリーディング本を読んでいて、あれ?と違和感を持つことが私はけっこうあるのだ。
日本人は、翡翠やメノウ、真珠、サンゴなどの繊細なバイブレーションをうまく受け取れるのではないだろうか、などと勝手に思っている。雨の多さとか湿度の関係かも知れないけど。
体質とか感性とか文化の違いとか、そういうものなのかな。
日本女性なら、ムーンストーンやローズクォーツ、真珠、ブルーレースアゲートなど、優しい水の波動を持つ石がベースに合っていると思う。

有名なラピスラズリという濃紺の「幸運の石」があるけれど、申し訳ないけどあれは日本人女性が身につけるには強すぎて合わないと思うのだけど、どうなんだろう。
ミネラルショーなんかで海外の業者さんのブースに行くと、手のひらほどの大きさのバカでかいペンダントとか売っていたりする。
ラピスに限らずとにかくどのアクセサリーも大きいのだ。
まあ日本女性と違って体が大きいのだから仕方ないのかな。
あちらの女性はこんなデカイものを着けるのかとたずねてみたら、より大きい方が好まれるのだと教えてもらったことがある。
石の種類や大きさといい、ダイナミックで強いバイブレーションを持つものがあちらでは好まれるのかも知れない。
私は、日本女性ならラピスは高品質の小さな丸玉やルース、カービング(彫刻)なんかを置いてそっと眺める方が良いような気がするなあ。
ラピスをアクセサリーとして扱うなら馴染むまでじっくり時間をかけるか、一粒程度にとどめて大きすぎるものは避けるか、大阪のオバチャン並のパワーがある人ならいいかも知れない。
話は違うけど「大阪のオバチャン」はパワーがあるので、好む宝石も大きいのだ(笑)
大きな琥珀のネックレスをジャラジャラと何本も垂らしたり、「凶器やろ、ソレ」みたいな大きいリングを着けることが出来るのはやっぱり同調出来るパワーがあるからで。

ああ、パールの話から逸れてしまったですよ。

本真珠には叶わないけど、淡水ものでも(淡水ならデザイン重視の可愛いものを複数つけるとグー)身につけておくと、あら不思議、赤ちゃんと接する時のような優しい気持ちになったりするのでございますよ。

0723.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する